d払い

d払いの登録方法と使い方|d払いを使いこなしてお得に買物をしよう!

d払いが便利でお得って聞くけど、どうやって登録するの?

登録が終わった後の具体的な使い方は?

このような疑問をお持ちの方もいることでしょう。d払いはドコモユーザー以外でも、簡単に登録ができる便宜性の高い支払い方法です。

以下、当記事ではこのd払いの登録方法と使い方に関して徹底的に解説を進めていきたいと思います。

d払いの登録方法と使い方|d払いを使いこなしてお得に買物をしよう!どのようにd払いを活用すればよりお得になるか、そしてお金の管理をしていく上で重要となる利用履歴の確認方法なども合わせてシェアしていますので、現段階でd払いに少しでも関心のある方はぜひ、こちらの内容を参考にしてみてください。

d払いとセットでお得!

dカードd払いの支払い方法で選択するべきなのはdカード一択!

数多くのd払いのキャンペーンはdカードの支払い設定が基本。そのため、完全無料で使えるdカードを持っておかないと結果として損することに・・・。

dカード単体でも日常で使いやすいようにいつでも1%の高還元など、dポイントカードよりも遥かに上回る特典が豊富なので使わないともったいないですよ!

\年会費も完全無料で使える!/
» 公式サイトで詳しく見る

d払いの登録方法

d払いの登録方法まずはd払いの登録を進めよう!

d払いの登録手続きって、なんだか複雑そう!

と眉間にシワを寄せている方もいるかもしれませんが、d払いの登録方法は以下の通り、特に難しい手続きはありません。

ドコモユーザーの方
  1. d払いアプリを起動し、ご利用規約に同意をしてログインする
  2. 4桁のパスワードを入力する(ドコモネットワーク(spモード)からの接続が必要)
  3. 利用設定の情報を入力する
ドコモユーザー以外の方
  1. dアカウントを取得する→『公式ホームページ』より簡単に手続きが可能
  2. d払いアプリを起動し、ご利用規約に同意をしてログインする
  3. クレジットカード登録推奨画面で『OK』をタップする
  4. クレジットカードの情報を登録する
  5. 3Dセキュアの認証を行う
d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い

株式会社NTTドコモ無料posted withアプリーチ

なお、d払いの支払い方法としては、以下の4通りがあります。

  • 電話料金合算
  • クレジットカード
  • dポイント
  • ドコモ口座から支払う

ちなみに電話料金合算は、ドコモユーザーのみが利用できる支払い方法であることをおさえておきましょう。

d払いはドコモユーザー以外の方でも利用できる

冒頭でもお伝えした通り、d払いはドコモユーザーの方でなくても問題なく利用することができます。

ただし、ドコモユーザー以外の方がd払いを利用する場合、支払い方法として選択できるのはクレジットカード払いのみとなります。

  • d払いはドコモユーザー以外の方でも利用できる
  • ドコモユーザー以外の方がd払いを利用する場合、選択できる支払い方法はクレジットカード払いのみ

以上の内容を踏まえた上で、それぞれの登録方法について見ていきましょう。

電話料金合算でd払いを利用する場合

電話料金合算でd払いを利用する場合の登録方法は以下の通りです。

  1. d払いアプリを起動し、ご利用規約に同意をしてログインする
  2. 4桁のパスワードを入力する(ドコモネットワーク(spモード)からの接続が必要)
  3. 利用設定の情報を入力する

こちらはドコモユーザーの方が利用できる支払い方法ですね。

上記の流れを踏んだ後は、対象の店舗を利用する際に、d払いでの支払いを伝え、バーコードを提示すればOKです。

利用方法の詳細については、当記事の後半部分に記載していますので、ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

クレジットカードでd払いを利用する場合

クレジットカードでd払いを利用する場合の登録方法は以下の通りです。

  1. dアカウントを取得する→『公式ホームページ』より簡単に手続きが可能
  2. d払いアプリを起動し、ご利用規約に同意をしてログインする
  3. クレジットカード登録推奨画面で『OK』をタップする
  4. クレジットカードの情報を登録する
  5. 3Dセキュアの認証を行う

前述した通り、ドコモユーザー以外の方は支払い方法として、クレジットカードを選択する必要があります。

ちなみに登録可能なクレジットカードですが、dカードを含むVISA、MasterCard、American Express、JCBカードのいずれかです。

本人認証サービス(3Dセキュア)が設定されたカードが必要となりますので、この点も理解しておきましょう。

dポイントを利用する場合

支払いの際にdポイントを利用する場合の流れは以下の通りです。

  1. d払いのアプリを起動する
  2. バーコードをスキャンしてもらう場合は『見せる』をタップし、こちらがスキャンする場合は『読み取る』をタップする
  3. dポイントを利用する』をタップする
  4. バーコードをスキャンしてもらう(あるいはこちらが読み取る)
  5. 支払い金額を確認後、『お支払い内容の確認』をタップする
  6. 遷移した先の画面で支払い内容を確認し、『支払う』をタップする
  7. お支払い完了画面を店員さんに確認してもらう

ポイントとしては、バーコードの読み取りの前に、『dポイントを利用する』を選択しておくことですね。

更にお得なdポイントの使いみちについては『貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?
貯めたdポイントの使い道と使い方を解説|dポイントが使えるお店はどこ?貯めたdポイントの使い道は決めていますか?当記事では、dポイントのおすすめの使い道について詳しく紹介しています。dポイントを直接使うことも良いですが、実は他社ポイントやマイルへの交換も可能ですし、MasterCard加盟店で利用することも可能になります。ぜひdポイントの使い道の裏技を学びましょう。...

ドコモ口座の残高を利用する場合

支払いの際にドコモ口座の残高を利用する場合の流れは以下の通りです。

  1. d払いのアプリを起動する
  2. バーコードをスキャンしてもらう場合は『見せる』をタップし、こちらがスキャンする場合は『読み取る』をタップする
  3. 支払い方法の選択で口座払いをタップする
  4. バーコードをスキャンしてもらう(あるいはこちらが読み取る)
  5. 支払い金額を確認後、『お支払い内容の確認』をタップする
  6. 遷移した先の画面で支払い内容を確認し、『支払う』をタップする
  7. お支払い完了画面を店員さんに確認してもらう

こちらも同様に、バーコードの読み取りの前に、支払い方法の選択画面で口座払いを選んでおく必要があります。

d払いの還元率は0.5%〜1%

ありがたいことに、d払いの利用においては以下の通り、dポイントの還元を享受することができます。

  • リアル店舗:0.5%
  • ネット通販:1%

ご覧の通り、対象となっているネットショップにおいては、常に1%の還元を得られるのは大きいですね。

以上を踏まえて考えると、d払いは便宜性のみならず、節約効果も期待できる決済サービスと言えるでしょう。

d払いのチャージ方法は『d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はどれ?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はどれ?
d払いのチャージ方法や使えるクレジットカード|一番お得なチャージ方法はどれ?d払いのチャージの方法やチャージする際にお得になるクレジットカードを紹介しています。d払いはドコモユーザー以外も利用でき、様々なキャンペーンを実施しています。また、dカードユーザーであればd払いの相性は抜群で常にお得。ぜひ当記事でd払いのチャージや支払い方法を理解しておきましょう。...

d払いはdカードの登録がダントツでお得!

dカード
基本還元率1%~
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度:無料
2年目以降:500円
※年に一度の利用で無料
家族カード無料

d払いを利用するのであれば、dカードを登録するのが断然お得と言えます。

ちなみにdカードは以前まで、条件付きで年会費無料になる仕様でしたが、現在は完全無料で作成できるようになっていますよ。

» dカードの口コミや特典

d払い×dカードのメリットは大きく2つ

d払い×dカードのメリットは以下の通り、大きく2つ挙げることができます。

  • ポイント2重取りで還元率が飛躍
  • 毎月のように実施されるキャンペーンで節約効果を大幅にアップできる

え!毎月キャンペーンがあるんですか?

と前のめりになっている方もいるかもしれませんね。

以下、それぞれの項目についてもう少し突っ込んで紹介していきますよ。

ポイント2重取りで還元率が飛躍

前述した通り、d払いで得られる還元率は0.5%〜1%ですが、ここにdカードの基本還元率を上乗せすると、ポイント2重取りで1.5%〜2%の還元を受けることができます。

  • リアル店舗:1.5%(d払いの0.5%+dカードの1%)
  • ネット通販:2%(d払いの1%+dカードの1%)

世の中には様々なクレジットカードがありますが、標準的な還元率は0.5%です。

この点を踏まえると、常に1%の還元を享受できるdカードは、節約効果を高める上で非常におすすめの1枚と言えるでしょう。

毎月のように実施されるキャンペーンで節約効果を大幅にアップできる

ちょっとでもお得にd払いを利用したい!

と思われる方にとって嬉しいのが、dカード設定のd払いでは、毎月のようにキャンペーンが実施されていることです。

ちなみに本記事執筆時点(2020年3月末)においては、以下のようなキャンペーンがありました。

  • dポイントスーパー還元プログラムで最大7%還元(常時開催)
  • d払い生活応援キャンペーン 最大+10%dポイント還元(2019年12月2日〜2020年3月31日)
  • d払いをお友達に紹介すると300ポイント(2019年12月2日〜2020年3月31日)
  • 期間中の金土曜日限定!ネットショッピングなら最大+20%dポイント還元(2019年12月1日〜2020年1月5日)
  • Amazonはじめてd払いご利用の方dポイント最大40倍還元(2019年12月1日〜2020年1月5日)

あ!このキャンペーンもう期間が終了してる!

と思われるものもあるかもしれませんが、d払いのキャンペーンは毎月のように目まぐるしく入れ替わっていきます。

ぜひ『公式ホームページ』をチェックしていただき、現時点で展開されているお得なキャンペーンを上手に活用してみてくださいね。

\dカードは完全無料で使える!/
» 公式サイトを詳しく見る

d払いに対応している主な店舗

d払いに対応している主な店舗毎月どこかでキャンペーンもしているよ!

d払いはどういうお店で使えるの?

と疑問に思われている方もいることでしょう。

d払いに対応している主な店舗には、以下のようなところがあります。

  • ローソン/ローソンストア100
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • マツモトキヨシ
  • ウェルシア
  • キリン堂
  • ツルハドラッグ
  • 高島屋
  • タワーレコード
  • エディオン
  • オートバックス
  • ジョーシン
  • 東急ハンズ
  • 東急プラザ
  • パルコ
  • コジマ
  • ビックカメラ
  • かっぱ寿司
  • 牛角
  • ガスト
  • ロイヤルホスト
  • ラウンドワン
  • ジャパンタクシー

ご覧の通り、誰もが知っている有名店ばかりですね。

d払いは各種コンビニ、ドラッグストア、百貨店、飲食店など幅広いカテゴリーに対応しているため、ちょっと意識を向けるだけで、どんどん節約効果を高めていくことができるでしょう。

登録したら早速街で使おう!d払いの使い方

登録したら早速街で使おう!d払いの使い方d払いはQRコードをかざすだけ!

登録できました!実際にd払いを街で使う方法は?

この段階まで来ている方にチェックしていただきたいのは、d払いの使い方としては以下の通り、2つのパターンに分かれるということです。

  • ユーザーがバーコードをスキャンする
  • 店舗スタッフがバーコードをスキャンする

実際にリアル店舗でd払いを利用する際に慌ててしまわぬよう、それぞれのパターンの詳細をしっかりと理解しておいてくださいね。

ユーザーがバーコードをスキャンする場合

あなた自身がバーコードをスキャンする場合の流れは以下の通りです。

  1. 店舗スタッフに「d払いで!」と支払い方法を伝える
  2. d払いアプリを起動し、『読み取る』タブをタップして画面を切り替え、カメラのアクセスを許可する
  3. カメラが起動したら、店舗側から提示されたバーコードを読み取る
  4. 支払い金額を確認後、『お支払い内容の確認』をタップする
  5. 遷移した先の画面で支払い内容を確認し、『支払う』をタップする
  6. お支払い完了画面を店員さんに確認してもらう

支払いの際にdポイントを使うのであれば、バーコードを読み取る前に、『dポイントを利用する』ボタンをタップしておきましょう。

店舗スタッフがバーコードをスキャンする場合

店舗スタッフがバーコードをスキャンする場合の流れは以下の通りです。

  1. 店舗スタッフに「d払いで!」と支払い方法を伝える
  2. d払いアプリを起動し、バーコードを表示した上で、店員さんにバーコードを読み取ってもらう
  3. お支払い完了画面を店員さんに確認してもらう

支払いにdポイントを利用したい場合は、『dポイントを利用する』ボタンをタップしてから店員さんにバーコードを提示すればOKです。

支払いが無事に完了すると、スマホに決済情報が表示され、レシートメールが送付されます。金額や購入内容など、しっかりと確認しておきましょう。

d払いと似たサービスとしてキャリア決済(ドコモ払い)がありますが、違いについては『ドコモのキャリア決済とは?キャリア決済の使い方・使える場所を紹介』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモのキャリア決済とは?キャリア決済の使い方・使える場所を紹介
ドコモのキャリア決済とは?キャリア決済の使い方・使える場所を紹介ドコモのキャリア決済、ドコモ払いの使い方を解説しています。そもそもドコモのキャリア決済って何?というところから、ドコモ払いの使い方、今流行のd払いとの違いについて詳しく紹介しています。...

ネットでもd払いが可能!ネットで使う方法

ネットでもd払いが可能!ネットで使う方法d払いはネットでのキャンペーンも多い!

ネット通販でd払いを使う方法は?

と気になっている方もいることと思います。

ネットでd払いをする方法は以下の通り非常にシンプルです。

  1. d払いに対応しているサイトで買い物をする
  2. 支払い方法で『d払い』を選択する
  3. 4桁のパスワードを入力する
  4. サイトの案内にしたがって、購入手続きを完了する

ご覧の通り、ポイントとなるのは4桁のパスワードを入力することだけですね。一度上記の流れを実践していただければ、すぐにでもマスターできるでしょう。

d払いに対応している主なネットショップ

どんなネットショップがd払いに対応してるの?

という声が飛んできそうですね。

d払いに対応している主なネットショップは以下の通りです。

  • Amazon
  • 伊勢丹オンラインストア
  • 高島屋オンラインストア
  • 大丸松坂屋オンラインショッピング
  • ディズニーストア
  • DHC
  • PLAZA
  • マツモトキヨシ
  • 無印良品ネットストア
  • メルカリ

残念ながら楽天市場は対応していませんが、Amazonを始めとする様々なジャンルのネットショップが利用できる点は嬉しいですね。

特に、元々ネット通販の利用頻度が高い方は、d払いで得られる節約効果も高いため、dカードと併用しつつ、積極的にd払いを活用していきましょう。

d払いの利用履歴をチェックする方法

d払いの利用履歴をチェックする方法お金の管理をする上では、利用履歴を把握するのは欠かせないタスクと言えます。

そこでここでは、d払いの利用履歴をチェックする方法を紹介していきましょう。

d払いの利用履歴は、以下のいずれかの方法で確認することができます。

  • パソコンから確認する
  • spモードで確認する
  • iモードで確認する

以下、それぞれの方法に分けて、解説を進めていきますよ。

パソコンから確認する方法

パソコンから利用履歴を確認する方法は以下の通りです。

  1. 決済サービスご利用明細のリンク』にジャンプする
  2. dアカウントでログインする

ご覧の通り、非常にシンプルですね。dアカウントは失念してしまわないように、しっかりと管理をしておきたいですね。

spモードで確認する

spモードで利用履歴を確認する場合、以下のいずれかの流れで確認することができます。

  • dメニュー→【マイメニュー】→継続課金一覧/ご利用履歴【継続課金一覧】
  • dメニュー→【My docomo(お客様サポート)】→【料金】→商品など購入履歴の確認【決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い):確認する】

spモードで利用履歴を確認する際の注意点は以下の通りです。こちらも合わせておさえておきましょう。

  • ネットワーク暗証番号認証の入力が必要
  • WiFi接続または、ドコモの回線契約を持っていない方はdアカウント認証が必要

 

iモードで確認する

iモードで利用履歴を確認する場合、以下のいずれかの流れで確認することができます。

  • iメニュー【お客様サポート】→料金確認・診断→料金の確認・お支払い→商品等購入履歴→ドコモ払い
  • dメニュー→【My docomo(お客様サポート)】→【料金】→商品など購入履歴の確認【決済サービスご利用明細(spモード決済・ドコモ払い/d払い): 確認する】

iモードで確認する場合も、ネットワーク暗証番号認証が必要です。なお、iMenuトップページの『料金の確認』からも、直接『料金の確認・お支払い』にアクセスすることができますよ。

d払いの登録・使い方まとめ|dカードと併用でお得に活用しよう!

d払いの登録・使い方まとめd払いは一度設定してしまえば、便宜性と節約効果を一気に高めることができる決済方法です。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分をまとめておきたいと思います。

  • d払いの支払い方法は、電話料金合算またはクレジットカードから選ぶことができる
  • d払いはドコモユーザー以外の方でも利用できる
  • d払いの還元率は0.5%〜1%
  • 効率よく節約効果を高めるならdカードの登録が断トツお得
  • d払い×dカードならポイント2重取りで1.5%〜2%還元
  • d払い×dカードなら毎月お得なキャンペーンが利用可能
  • d払いはリアル店舗のみならず、ネットショップにも対応
  • d払いの利用履歴はパソコン、spモード、iモードのいずれかで確認できる

dカード登録で常日頃から1.5%〜2%還元を享受しつつ、お得なキャンペーンに参加していけば、トータルで得られる節約効果がうなぎのぼりになることは間違いないでしょう。

ぜひあなたもこちらに記載した内容を踏まえた上で、じゃんじゃんポイントを稼いでいってくださいね。

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを書く

d払い
平均評価:  
 1 レビュー
by dやろう on d払い
お得がいい

今はd払いのキャンペーンが多いけど、競争が収まれば存在価値がどうなるのかが気になる。dカードで充分なのかもと思ったり。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。