ドコモ

ドコモの利用料金を滞納した場合に強制解約になるのはいつ?利用停止日と支払い後の再開までの流れ

ドコモの利用料金を滞納したらどうなるの?

もしかして強制解約もあり得る?

あなたもこのような不安を抱えているのではないでしょうか。

結論から述べると、ドコモの利用料金を滞納し続けてしまった場合は、強制解約にもなり得ます。

これはサービスを提供する側からすると当然のことですが、利用者の立場からすると気になるのは、利用停止日や支払い後の再開までの流れに関する情報です。

そこでここでは、ドコモの利用料金を滞納してしまった場合における解約日や利用停止日、支払い後の復活までの流れはもちろん、利用料金を滞納することで発生するリスクや滞納を防ぐための方法についても解説していきたいと思います。

ドコモの利用料金を滞納した場合に強制解約になるのはいつ?利用停止日と支払い後の再開までの流れあなたがもし、少しでも滞納の危機に陥っているのであれば、必ずこの記事が役に立つはずです。

ぜひ、これから紹介する内容を最後までご覧いただき、可及的速やかに現状を打破するために動き出しましょう。

» ドコモの料金プラン|ギガホとギガライト徹底比較

ドコモの利用料金を滞納した場合の強制解約日

ドコモの利用料金を滞納した場合の強制解約日利用料金の滞納は最悪裁判も・・・

ドコモの利用料金を滞納した場合の強制解約日は以下の通りです。

  • 支払い期限+2ヶ月後

たとえば、2020年3月利用分の支払い期限は2020年4月末です。

この支払い期限+2ヶ月が最大限の猶予ですから、2020年6月末までになんとかお金を工面しないと、強制解約になってしまいます。

もちろん、強制解約に至るかなり前の段階で電波は止まってしまいますから、支払い期限+2ヶ月後のギリギリまで携帯電話が利用できるわけではありません。

ドコモの強制解約までの大まかな流れ

2020年3月利用分を例に挙げて、ドコモの利用料金の滞納から強制解約までの大まかな流れを見てみましょう。

  1. 2020年5月10日前後に支払い通知書が届く
  2. 2020年5月15日に再引き落としがかかる(口座振替の場合)
  3. 2020年5月25日前後に電波が止まる
  4. 2020年6月10日前後に強制解約の通知が届く
  5. 2020年6月25日前後に最終通告書が届く
  6. 2020年7月1日に強制解約

ご覧の通り、2020年3月利用分の支払いが滞ってしまうと、2020年5月25日前後に電波が止まってしまい、携帯電話は使い物にならなくなります。

これだけコンスタントに通知が入る上、途中で携帯電話が使えなくなりますから、まず事の重大さに気付かないということはないでしょう。

ドコモの利用料金の締め日や引き落とし日については『ドコモの締め日や引き落とし日はいつ?再引き落としは可能?』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモの締め日や引き落とし日はいつ?再引き落としは可能?
ドコモの締め日や引き落とし日はいつ?再引き落としは可能?ドコモの利用料金の引き落とし日や締め日について解説しています。ドコモの利用料金の締め日は月末、引き落とし日は翌月末となっています。しかし、引き落とし日は土日祝の場合、翌営業日となっています。また万が一払えなくて残高不足に陥った場合の再引き落としや滞納時の対処法についても紹介しています。...

ドコモを強制解約された場合は残債を一括で請求される

ドコモを強制解約された場合は残債を一括で請求される強制解約の上に一括返済は厳しい…

仮にドコモを強制解約された場合は、残債を一括で請求されてしまいます。

強制解約後も支払いの義務が残るのは当然のこととして、分割での支払いができなくなる点もしっかりと理解しておきたいですね。

  • 強制解約後も支払いの義務は残る
  • 強制解約後は残債を一括で請求される

そもそも分割でも支払いが困難な状況なのに、一括なんて到底無理!

と言いたくなるかもしれませんが、あなた自身が契約を結んでいる以上、これは仕方がないことです。

どうしてもお金を工面できないなら強制解約前に自ら解約手続きをする方法も

どうしてもお金を工面できず、強制解約を避けられそうにないのであれば、強制解約日が訪れる前に、自ら解約を申し出るという方法もあります。

たとえドコモの支払いが滞っている状況においても、解約手続きを進めることは可能です。

どのみち解約を免れることができないのであれば、少しでも基本料金などの負担を減らし、可及的速やかに残債を支払う方が得策ですよね。

  • どうしてもお金を工面できないなら強制解約前に自ら解約手続きをする方法も
  • 早い段階で解約手続きを進めれば、基本料金などの負担額を軽減できる

強制解約になってしまうと、その後の再契約は絶望的ですが、強制解約される前に行動を起こせば、再契約できる可能性を残すことができますよ。

ドコモの利用料金を滞納した場合の利用停止日と支払い後の復活までの流れ

ドコモの利用料金を滞納した場合の利用停止日と支払い後の復活までの流れ停止日から復活までの流れ

滞納してしまった後、復活させるにはどうすれば良いの?

このようなことが気にかかっているかもしれませんが、ドコモの利用料金を滞納した場合に関する回答は至ってシンプル。

滞納している分の料金を綺麗に支払うことで、利用停止は解除されます。

それではここで改めて、ドコモの利用料金を滞納した場合の利用停止日についておさらいしておきましょう。

  • 支払い期日の翌月10日前後に支払い通知書が届く
  • 支払い期日の翌月15日に再引き落としがかかる(口座振替の場合)
  • 支払い期日の翌月25日前後に電波が止まる(利用停止)

仮に利用停止にまで至ってしまった場合、何が何でも強制解約までに完済しなければなりません。

支払い後は数分〜30分程度で利用停止が解除される

ありがたいことに、滞納していた料金さえきちんと支払うことができれば、数分〜30分程度で利用停止扱いは解除となります。

営業時間内であればドコモショップで支払うこともできますし、振込用紙であれば、コンビニで好きな時間に決済することができます。

24時間いつでも支払いに行くことができるのは助かりますね。

  • 支払い後は数分〜30分程度で利用停止が解除される
  • 滞納していた料金はドコモショップやコンビニなどで支払いが可能

 

利用停止になってしまった場合は電話を受けることもできない

ドコモの携帯電話が利用停止になってしまった場合に注意したいのが、こちらから発信することができないことに加え、電話を受けることすらできなくなるということ。

この点、ソフトバンクなら利用停止の状態でも電話を受けることならできるのですが、ドコモの場合はそうもいきません。

  • ドコモの携帯電話が利用停止になった場合、電話の発信はもちろん、電話を受けることもできなくなる

電話を受けることができなければ、友人や恋人、家族がいくら連絡しても、あなたに声が届くことはありません。冷静に考えて、かなりナーバスな状態ですよね。

利用停止や強制解約は待ったなし

利用停止や強制解約までの期日を伸ばしてもらうことはできないの?

切羽詰まった状況においては、このような考えも頭を過ぎるかもしれませんが、残念ながら利用停止や強制解約は待ったなしです。

利用停止や強制解約までの期日を伸ばしてもらうことはできません。

  • 利用停止や強制解約は待ったなし

ここまでの内容を踏まえるとやはり、お金の工面は常に前倒しすることを考え、毎月の引き落とし日を当たり前のように守っていくことが肝要と言えるでしょう。

ドコモ以外の携帯料金が払えない場合の利用停止日については下記の記事が詳しく書かれていました。

»» 携帯代が払えない時の対処法|各キャリアの利用停止日や滞納で起こるリスクを解説

ドコモの利用料金を滞納した場合に起こるリスク

ドコモの利用料金を滞納した場合の利用停止日と支払い後の復活までの流れドコモの利用料金を滞納した場合、利用停止や強制解約になってしまう他にも、以下のようなリスクがあることを忘れてはいけません。

  • 最終的には残債を一括で支払わなければならない
  • 信用情報に大きな傷が残る
  • 最悪の場合は裁判にまで至る

え!裁判沙汰って、それはさすがに大げさじゃない?

このように思われるかもしれませんが、携帯電話料金の支払いは立派な契約です。

契約を遵守することができなければ、裁判に発展しても文句は言えません。

以下、それぞれの項目について、もう少し詳しく見ていきましょう。

最終的には残債を一括で支払わなければならない

こちらは先ほどもチラリと記載しましたが、最終的に強制解約になってしまった場合、残債を一括で支払う義務が生じます。

分割でも間に合わないような状況の方にとって、急に残債が一気にのしかかってくるともはやどうにもこうにも首が回りません。

したがって、強制解約を回避できないとわかった時点で、すぐにドコモショップで相談し、解約手続きを進めた方が良いでしょう。

  • 強制解約になってしまった場合、残債を一括で支払う義務が生じる
  • 残債を一括で背負うよりも、自ら解約手続きを進めて少しでも基本料金などの負担を軽減した方が有利

日頃当たり前のように使っていた携帯電話を解約するのは惜しいかもしれませんが、まずは経済状況の安定が先決です。

落ち着いたらまた、あなたの好きな携帯電話を改めて契約すると良いでしょう。

ドコモの利用料金滞納で信用情報に大きな傷が残る

携帯料金の滞納が招く大きなリスクとして、信用情報に傷が残ることを語らないわけにはいきません。

信用は積み上げるのは大変なのに、失うのは一瞬です。

その上、時にお金以上に大切な意味合いを持つのが信用情報ですから、携帯料金を滞納してしまうのはかなりの痛手に繋がります。

一度信用情報に傷がついてしまうと5年はその履歴が消えないですし、ありとあらゆる審査で不利になってしまいます。

  • 信用情報に傷が残ると最低5年は消えない
  • 信用情報に傷が残るとありとあらゆる審査で不利になる

つまり、今後あなたがクレジットカードやカードローン、マイホームの契約を進めようとしても、クレジットカードの傷が5年もつきまとうというわけです。

引き落とし日を忘れてた!

では済まされないので、今まで以上に気を引き締めて、毎月の支払い日に意識を向けましょう。

最悪の場合は裁判にまで至る

仮にあなたがどうしてもお金の工面ができず、強制解約に至ってしまったとしましょう。

そしてさらに、一括請求がかかっている残債もどうにもならない状況だったとしたら。

その次に待っているのは裁判です。

携帯料金を延滞した結末が裁判?

と驚きを隠せないかもしれませんが、契約を履行できなければ、最終的には裁判沙汰を避けることはできません。

以下、強制解約後の大まかな流れを見てみましょう。

  1. 裁判所から支払い督促の書面が届く
  2. 同封されている異議申立書を返送する
  3. 裁判所から訴状が届く
  4. 同封の答弁書に対処法(分割払いの内容など)を記入して返送
  5. 指定された期日に裁判所に足を運び、今後の支払いについて話し合う
  6. 双方に合意すれば和解

裁判と聞けばもはやこの世の終わりのようなイメージを持たれるかもしれませんが、送付されてくる支払い督促に対して誠実に対応し、支払いに応じることできちんと和解に至ることができます。

もはや言うまでもありませんが、くれぐれも裁判所からの支払い督促や訴状を無視するなんてことのないように気をつけてくださいね。

ドコモの利用料金を滞納しない為にできる対処法

ドコモの利用料金を滞納しない為にできる対処法滞納する前に行動することが大事!

ここまでの内容をご覧いただいたのであれば、いかにドコモの利用料金を滞納しないことが重要であるかは重々ご承知のことでしょう。

そこでここでは以下の通り、ドコモの利用料金を滞納しない為にできる対処法を紹介していきたいと思います。

  • 手元にあるものを売る
  • 短期バイトをする
  • カードローンを利用する

どれもシンプルな対処法ですが、シンプルイズベストです。まずは今の状況においてできることからやっていくしかありません。

それでは以下、それぞれの項目について具体的に解説していきますよ。

手元にあるものを売る

あなたの部屋を見わたしてみましょう。長年眠っているものや、使わなくなったものはないでしょうか。

モノの価値というのは面白いもので、たとえあなたにとってはゴミだとしても、どこかの誰かにとっては、お金を出してでも手に入れたいものかもしれません。

つまり、少々大げさな表現かもしれませんが、あなたの家の中に財宝が眠っている可能性があるということです。

たとえばどんなものが売れるの?

という声が聞こえてきそうですから、比較的人気が高く、値段がつきやすいアイテムを記載しておきましょう。

  • 人気の高いシリーズ漫画(全巻揃っているとなお良し)
  • 家具
  • ゲーム機やゲームソフト
  • iphoneなどのapple製品
  • 時計
  • バッグ
  • アニメグッズ

本や漫画、ゲーム機などの類であれば、ブックオフやGEOなどで気軽に売ることができますし、使っていないiphoneなどのapple製品があればラッキーですね。

モノを売ることの価値としては、要らなくなったものの対価としてお金が得られるだけでなく、断捨離が捗って家の中がスッキリすること。

お金が工面できなくて落ち込んでいた気分も、部屋がスッキリすることで少しは晴れやかになるかもしれませんよ。

日払いの短期バイトをする

特に売るものが見つからない!

このような場合は、働いてお金を生み出しましょう。

一口に働くといっても、色々な働き方がありますが、中でも特におすすめなのが日払いの短期バイトです。

とにかくすぐにお金が欲しい状況において、日払いの短期バイト以上に素晴らしい仕事はありません。

数日間も働けば、あっという間に数万円のお金を生み出すこともできます。

ちなみに日払いの短期バイトで注意しておきたいのが、日雇いの短期バイトと間違えないことです。

  • 日払い:最短即日で給料を受け取ることができるバイト
  • 日雇い:最短一日〜勤務可能なバイト。必ずしも当日に給料がもらえるわけではない

バイトルやタウンワークなどのサイトで『日払い』を条件に指定して検索すれば、スムーズに仕事を見つけることができるのでおすすめですよ。

カードローンを利用する

仕事を探している猶予すらない!

このような切羽詰まった状況においては、一時的な対処法として、カードローンを利用するという方法があります。

もちろんカードローンは借金ですから、最終的にはきちんと他の方法でお金を作らなければなりません。

しかし、カードローンには、即日にまとまったお金を工面できるという大きなメリットがあります。

借りすぎや手数料にさえ気をつければ、カードローンは非常に便宜性の高いサービスと言えるでしょう。

  • カードローンなら即日にまとまったお金を工面できる
  • 借りすぎや手数料にさえ気をつければ、カードローンは非常に便宜性の高いサービス

 

1~3万円程度ならカードローンで対処するのがおすすめ

1~3万円程度ならカードローンで対処するのがおすすめ一時しのぎとしてのみ活用しよう!

もしもあなたに必要な金額が1〜3万円程度であれば、カードローンで対処するのがおすすめです。

なぜなら、1〜3万円なら短期間で返済できますし、手数料もほとんどかかりません。

カードローンで一旦ピンチを凌ぎ、日払いの短期バイトを一週間程度頑張れば、1〜3万円なら余裕で返済することができるでしょう。

カードローンって、どこの会社を使えば良いの?

そんな疑問が浮かんだあなたにおすすめしたいのがプロミスです。

プロミスなら最短1時間で融資可能

2020年のオリコン顧客満足度調査で1位に輝いている『プロミス』の魅力は以下の通りです。

  • 最短30分で審査
  • 最短1時間で融資可能
  • webで全ての手続きが可能
  • 24時間振込可能
  • はじめてなら30日間利息0
  • 郵送物なし
  • カードレス

え!たった1時間で融資できるの?

と驚かれたのではないでしょうか。

さらに注目すべきは、はじめてなら30日間利息がかからないということ。

つまり、30日以内にプロミスから借りたお金を綺麗に返済すれば、あなたが受ける痛手は全くないのです。

ぜひあなたもプロミスでピンチを回避し、利息0で返済を完了してみてくださいね。

ドコモの機種代金を分割払いにして強制解約になった場合は本体のネットワーク制限が☓(バツ)になる

ドコモの機種代金を分割払いにして強制解約になった場合は本体のネットワーク制限が☓(バツ)になる強制解約されると分割払いしていた本体自体も使えなくなる

スマホを分割払いで購入した場合に注意したいのが、ドコモの機種代金を分割払いにして強制解約になった場合は本体のネットワーク制限が☓(バツ)になることです。

ドコモでは支払い期限+2ヶ月延滞すると強制解約になってしまいますから、毎月ギリギリのタイミングで支払いを続けるのはご法度。

常に余裕を持って、支払いを励行できるように対策を講じましょう。

  • ドコモの機種代金を分割払いにして強制解約になった場合は本体のネットワーク制限が☓(バツ)になる
  • ドコモでは支払い期限+2ヶ月延滞すると強制解約になる→余裕を持って毎月の支払いを励行するのが重要

仮に強制解約になったらどうすれば良いの?

というあなたの心の声が聞こえてきそうなので、こちらに関する解決策も以下に示しておきます。

残債を完済すれば元通りに携帯を使うことができる

至極シンプルな話ですが、延滞が原因で強制解約になった場合、単純に残債を完済することで、元通りに携帯電話を利用することができます。

メモ

逆に滞納したままだと、そのスマートフォンは一切使い物にならなくなります。

当然、未払いのまま他のキャリアを契約しようとしても、審査はほぼ絶望的です。

なぜならあなたの信用情報は各キャリアで共有されるため、仮に延滞で強制解約になった場合、その情報はauやソフトバンクの審査材料になるのです。

  • 残債を完済すれば元通りに携帯を使うことができる
  • 未払いのまま他のキャリアを契約しようとしても、審査はほぼ絶望的

つまり、一度契約したからには、どんな事情があっても完済する他ないということ。

スマホ以外に様々な支払いをしなければならないのはわかりますが、無駄な出費を減らすか収入を上げることを意識し、毎月の携帯代を無理なく支払うことができる状況を作りましょう。

ドコモのネットワーク利用制限については『ドコモのネットワーク利用制限完全ガイド|三角を丸にする方法』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモのネットワーク利用制限完全ガイド|三角を丸にする方法
ドコモのネットワーク利用制限完全ガイド|三角を丸にする方法ドコモのネットワーク利用制限とは?ネットワーク利用制限は携帯電話本体(スマートフォンやガラケー)の不正取得、不正利用を防止するために分割金の支払いが完了していない場合にネットワークの利用制限を行うことを言います。当記事では、ドコモのネットワーク利用制限の丸や三角、バツについての意味や解除の方法などを詳しく解説しています。...

ドコモの利用料金の滞納や強制解約まとめ

ドコモの利用料金の滞納や強制解約まとめドコモの利用料金を滞納してしまうと、信用情報に傷が残るのはもちろん、利用停止や強制解約、最悪の場合は裁判にまで至ります。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいをしておきましょう。

  • ドコモの利用料金を滞納した場合の強制解約日は支払い期限+2ヶ月後
  • ドコモを強制解約された場合は残債を一括で請求される
  • 利用停止になっても、支払い後は数分〜30分程度で利用停止が解除される
  • 利用停止になった場合は、電話を受けることもできない
  • 利用停止や強制解約までの期日を伸ばしてもらうことはできない
  • ドコモの利用料金の滞納は最悪の場合、裁判沙汰にまで発展する
  • 必要な金額が1~3万円程度ならカードローンのプロミスで対処するのがおすすめ

利用料金を滞納しない為にできる対処法としては、手元にあるものを売る、日払いの短期バイトをする、カードローンを利用するといった方法があります。

必要な金額が1〜3万円程度であれば、カードローンのプロミスを活用することで即、ピンチを切り抜けられる上、30日以内に返済すれば利息も0です。

ぜひ、こちらの内容を十分参考にしていただき、一日でも早く経済状況の安定を実現させてくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。