ドコモ光

【ドコモ光とフレッツ光の違いを比較】通信速度や料金の比較でお得さの違いがわかる!

光回線を契約するときに、選択肢になりやすいドコモ光とフレッツ光。

ドコモ光とフレッツ光は利用する回線が共通していて、どちらも最大通信速度は1Gbps(地域によっては10Gbps)です。

しかし、月額料金や初期費用などのサービス内容が違い、全体的にドコモ光のほうがお得となっています。

【ドコモ光とフレッツ光の違いを比較】通信速度や料金の比較でお得さの違いがわかる!ここではドコモ光とフレッツ光のどちらが良いのかを知ってもらうために、以下5つの情報を比較していきます。

  • ドコモ光の特徴
  • フレッツ光の特徴
  • ドコモ光とフレッツ光の違い
  • どんな人にドコモ光がおすすめなのか
  • どんな人にフレッツ光がおすすめなのか

ドコモ光とフレッツ光で迷っている人はもちろん、これから光回線を契約しようとお考えの人は必見です。

» ドコモ光の評判や口コミはこちら

ドコモ光の特徴

ドコモ光には以下5つの特徴があります。

  • ドコモユーザーならスマホ代が安くなる
  • 毎月dポイントが貯まる
  • 回線とプロバイダ契約が一つにまとまる
  • キャンペーンプロバイダでの申込みで初期費用が安くなる
  • フレッツ光からなら工事不要で乗り換えられる

上記4つの特徴を詳しく解説します。

ドコモユーザーならスマホ代が安くなる

ドコモ光は『光セット割』を適用してドコモのスマホが安くなるので、ドコモユーザーならもっともお得な光回線といえます。

光セット割を適用すれば、ドコモのスマホに毎月最大1,000円の割引きが入ります。光セット割は家族にも適用可能です。

そのため、家族みんなでドコモスマホを使っていると、光回線の月額より高い割引を受けられる可能性があります。

ドコモとのセット割については『ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!
ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!ドコモ光のセット割について詳しく解説しています。ドコモユーザーとドコモ光ユーザーはネットとスマホをまとめるだけでセット割が受けられ、毎月の料金が安くなります。更に、dカードゴールドを決済で利用すれば毎月10%分のポイント還元まで。ぜひドコモ光のセット割を活用しましょう。...

毎月dポイントが貯まる

ドコモ光には毎月dポイントが貯まるメリットもあります。ドコモ光では毎月利用料金にあわせてdポイントが貯まります。

dポイントはドコモスマホの利用料からも還元されるうえに、あらゆるコンビニや飲食店での支払いに活用できます。

dポイントの還元率は1%(100円に付き1pt)ですが、dカードGOLDを使えばさらに多くのポイントがもらえるところも見逃せません。

回線とプロバイダの契約が一つにまとまる

回線とプロバイダの契約がセットになっているところもドコモ光の特徴です。

従来の光回線では回線とプロバイダの契約が別になっています。そのため、それぞれの利用料金は別々に支払う必要があります。

ドコモ光では回線とプロバイダがセット契約なので、両方の料金を毎月一度にまとめて支払えます。

ドコモ光はプロバイダ料金が一体型利用をやめる手続きも簡単で、ドコモ光の回線を解約すればプロバイダも解約扱いになります。

フレッツ光では利用をやめるときに回線とプロバイダ別々で解約手続きをしなければいけません。フレッツ光と比べるとドコモ光はさまざまな手続きが楽なサービスといえます。

ドコモ光でおすすめのプロバイダの比較を『ドコモ光の契約におすすめのプロバイダはどこ?数あるプロバイダを比較!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモ光の契約におすすめのプロバイダはどこ?数あるプロバイダを比較!
ドコモ光の契約におすすめのプロバイダはどこ?数あるプロバイダを比較!ドコモ光の契約におすすめのプロバイダはGMOとくとくBB一択と言っても良いでしょう。ドコモ光を契約するにはプロバイダも同時に選ぶ必要がありますが、数が多くてどこを選べばよいのか悩む人も多いです。当記事では、ドコモ光契約時に選びたいおすすめのプロバイダを比較した上で紹介しています。...

キャンペーンプロバイダでの申込みで初期費用が安くなる

ドコモ光はキャンペーンが豊富で、新規や乗り換えを問わず初期費用の負担が少なく済みます。

特におすすめはGMOとくとくBBなどのキャンペーンプロバイダでの申込みです。

キャンペーンプロバイダでドコモ光を契約すると、公式の工事費無料に加えてキャッシュバックも受けられるので、他社からの乗り換えでも安心です。

ドコモ光のキャンペーンやキャッシュバックについては『一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法
一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法ドコモ光を契約するならどこがお得なのかを解説しています。ドコモ光のキャンペーンやキャッシュバックで一番お得なのはGMOとくとくBBです。キャッシュバックや提供されるキャンペーンにおいて他社よりも優れています。どれだけドコモ光のキャンペーンが違うのかの比較もしています。...

フレッツ光や光コラボからドコモ光へは工事不要で乗り換えられる

ドコモ光はフレッツ光や光コラボからの乗り換えなら、工事なしで契約できるメリットがあります。ドコモ光で利用する回線はフレッツ光や光コラボと同じだからです。

工事が不要になると初期費用が格安になるので、フレッツ光や光コラボからドコモ光への乗り換えを検討している人は安心です。

フレッツ光の特徴

一方で、フレッツ光ならではの特徴は以下の3つです。

  • 光コラボからなら工事不要で乗り換え可能
  • お得なポイント特典あり
  • 回線とプロバイダ契約は別

先ほどのドコモ光の特徴と見劣りする感はありますが、ポイント特典があるのは魅力の一つです。

光コラボからなら工事不要で乗り換え可能

フレッツ光は光コラボからの乗り換えなら工事不要で契約できます。

光コラボはフレッツ光と同じ回線を用いているからです。主要となる光コラボは以下の通りです。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • ビッグローブ光
  • OCN光
  • nifty光
  • So-net光
  • ぷらら光
  • Asahi-Net光

光コラボは他にもたくさんあるので、今契約している回線からフレッツ光への乗り換えは工事不要なのか確認してみるといいでしょう。

お得なポイント特典あり

フレッツ光には毎月利用料金にあわせてポイントが貯まるメリットもあります。

フレッツ光東日本には『フレッツ光メンバーズクラブ』のポイント制度があり、毎月100ptから500ptが貯まります。

貯まったポイントはカタログギフトなどに交換可能です。

ただし、身近にあるコンビニや飲食店での支払いには利用できません。

フレッツ光メンバーズクラブのポイント交換アイテムフレッツ光西日本には『CLUB NTT West』によるポイント制度があり、16ヶ月目から12ヶ月ごとに1,000~6,000ptが付与されます。

ポイントと交換できる商品は多彩で、ネットの周辺機器やゲーム機、商品券などがあります。

しかし、フレッツ光西日本で貯まったポイントも身近なお店での支払いには使えません。

回線とプロバイダ契約は別

フレッツ光は回線とプロバイダの契約が別なので、それぞれの料金を別々に支払わなければいけません。

プロバイダパックを契約すれば回線とプロバイダの利用料金をまとめて支払うことができますが、選択できるプロバイダが10社しかできない短所があります。

プロバイダパック対応事業者

WAKWAK、So-net、plala、OCN、hi-ho、DTI、BIGLOBE、BB.excite、Asahi Net、@nifty

ドコモ光ではプロバイダの選択肢が24社あるので、フレッツ光のプロバイダパックは自由度が低い感が否ません。

ドコモ光とフレッツ光の違いを比較|どちらの光回線を選ぶべき?

ドコモ光とフレッツ光は利用する回線つ最大通信速度が共通していますが、以下5つの違いを比較する必要があります。

  • 月額料金
  • セット割の有無
  • 初期費用
  • 契約期間の有無と違約金
  • ポイントサービスの内容

共通点を踏まえたうえでドコモ光とフレッツ光の異なるポイントを比較していきます。

ドコモ光とフレッツ光の共通点をまずは知ろう!

ドコモ光とフレッツ光は以下の4つが共通しています。

  • 利用する回線
  • 最大通信速度が1Gbps(一部地域では10Gbpsプランの提供も開始)
  • プロバイダが選べる
  • 選ぶプロバイダで利用料金と実効速度が変わる

ドコモ光はフレッツ光の回線を用いている光コラボなので、利用する回線はフレッツ光と同じです。最大通信速度はどちらも最大1Gbpsです。

選択肢の数に違いはありますが、利用するプロバイダが選べるところも共通しています。

ただし、ドコモ光とフレッツ光のどちらも、どのプロバイダを選ぶかで利用料金と実効速度が決まるので注意が必要です。

月額料金を比較

月額料金はドコモ光とフレッツ光とはかなり異なります。ドコモ光とフレッツ光の月額料金を比較表にまとめました。

事業者プラン戸建ての利用料金集合住宅の利用料金
ドコモ光タイプA5,200円/月4,000円/月
タイプB5,400円/月4,200円/月
フレッツ光(東日本)6,700円/月4,650円/月
フレッツ光(西日本)6,400円/月4,600円/月

※フレッツ光の月額はプロバイダ料金を相場の1,000円として算出しています。

公式サイトに記載されている月額だけ比較すると、フレッツ光のほうが料金が安く見えます。

しかし、フレッツ光では別途プロバイダ利用料金が発生します。プロバイダ利用料の相場を加算すると、フレッツ光の月額料金が割高な感は否めません。

ドコモ光の月額はプロバイダ利用料も含まれているうえに、フレッツ光より安いです。

セット割が受けられるのかの比較

ドコモ光にはドコモスマホが安くなる『光セット割』があります。フレッツ光にはスマホとのセット割がないので、ドコモ光と比較するとお得度が劣ります。

ドコモ光の光セット割は、適用できればフレッツ光よりもお得度が高くなります。現状のドコモスマホプランに適用される光セット割の割引額をまとめました。

プラン割引額
ギガホ1,000円/月
ギガライト
(7GBまでの使用)
1,000円/月
ギガライト
(5GBまでの使用)
1,000円/月
ギガライト
(3GBまでの使用)
500円/月
ギガライト
(1GBまでの使用)
0円/月

上記の割引はスマホ1台だけに限らず、三親等以内の家族が使っているドコモスマホにも適用できます。

割引きが受けられるドコモのスマホは20台までで、家族みんながドコモユーザーならドコモ光の月額に迫るほどの割引き額にもなり得ます。

ファミリー割引グループ最大20回線現在は受付を終了している旧プランも光セット割の対象です。

ただし、割引を適用できるスマホは1台までなので注意してください。旧プランへの割引額は以下の通りです。

プラン割引額
シェア型ウルトラシェアパック1003,500円/月
ウルトラシェアパック502,900円/月
ウルトラシェアパック302,500円/月
ベーシックシェアパック
(30GBまでの使用)
1,800円/月
ベーシックシェアパック
(15GBまでの使用)
1,800円/月
ベーシックシェアパック
(10GBまでの使用)
1,200円/月
ベーシックシェアパック
(5GBまでの使用)
800円/月
非シェア型ウルトラデータLLパック1,600円/月
ウルトラデータLパック1,400円/月
ベーシックパック
(20GBまでの使用)
800円/月
ベーシックパック
(5GBまでの使用)
800円/月
ベーシックパック
(3GBまでの使用)
200円/月
ベーシックパック
(1GBまでの使用)
100円/月

ドコモでスマホを使っていない人はセット割が受けられないので、他社を検討してください。

ドコモ光のセット割については『ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!
ドコモ光のセット割とは?ドコモユーザーはセット割で月額料金が安くなる!ドコモ光のセット割について詳しく解説しています。ドコモユーザーとドコモ光ユーザーはネットとスマホをまとめるだけでセット割が受けられ、毎月の料金が安くなります。更に、dカードゴールドを決済で利用すれば毎月10%分のポイント還元まで。ぜひドコモ光のセット割を活用しましょう。...

初期費用の値段を比較

ドコモ光とフレッツ光のどちらも、契約するときは以下の初期費用が発生します。

  • 工事費
  • 契約事務手数料

初期費用の安さを左右するのは工事費です。ドコモ光とフレッツ光の工事費を比較してみます。

事業者契約時の状況戸建てマンション
ドコモ光新規・フレッツや光コラボ以外からの乗り換え18,000円7,500円
フレッツ光からの乗り換え0円0円
光コラボからの乗り換え0円0円
フレッツ光※1新規・光コラボ以外からの乗り換え18,000円7,500円
光コラボからの乗り換え0円0円

※1:フレッツ光の工事費は東日本と西日本共通です。

新規契約やフレッツ回線を用いていない他社から乗り換える場合、どちらを選んでも発生する工事費は同額です。

しかし、ドコモ光では公式キャンペーンとして工事費無料が受けられます。

さらにGMOとくとくBBでの申込みでキャッシュバックが受けられるので、他社から乗り換えるときに心配な違約金による負担もなくせます。

GMOとくとくBBのキャンペーン概要契約事務手数料はフレッツ光のほうが安いですが、工事費やキャッシュバックキャンペーンを考えるとお得なのはドコモ光といえます。

事業者契約事務手数料
ドコモ光3,000円
フレッツ光※1800円

※1:フレッツ光の工事費は東日本と西日本共通です。

契約期間の縛りと違約金の比較

ドコモ光とフレッツ光の契約期間は共通して2年縛りですが、違約金の値段は異なるので比較が必須です。

ドコモ光とフレッツ光の違約金を表に比較表にまとめました。

事業者契約期間戸建てマンション
ドコモ光2年13,000円8,000円
フレッツ光(東日本)2年9,500円1,500円
フレッツ光(西日本)2年11,000円7,700円

上記の表で比較すると、全体的にフレッツ光の違約金が安い印象を受けます。

しかし、フレッツ光では別途プロバイダの解約が必要なので、上記の値段に加えてプロバイダ違約金が発生する場合があります。

ドコモ光は回線とプロバイダの契約がセットなので、解約しても上記の違約金しか発生しません。

参考としてフレッツ光の主要プロバイダの契約期間と違約金を表にまとめました。

プロバイダ契約期間違約金更新月
WAKWAK最低利用期間24ヶ月間4,500円最低利用期間24ヶ月が経過すればいつ解約しても違約金はなし
So-net2年3,000円25、26、49、50、73、74…ヶ月目
plalaなし0円
OCN※1【2年割】2年【接続プラン】最低利用期間ヶ月24ヶ月間【2年割】戸建て:2,400円マンション:1,200円【接続プラン】5,000円【2年割】25、26、49、50、73、74…ヶ月目【接続プラン】最低利用期間24ヶ月が経過すればいつ解約しても違約金はなし
hi-ho最低利用期間24ヶ月間5,000円or10,000円※2最低利用期間24ヶ月が経過すればいつ解約しても違約金はなし
DTIなし0円
BIGLOBE最低利用期間ヶ月24ヶ月間5,000円最低利用期間24ヶ月が経過すればいつ解約しても違約金はなし
BB.exciteなし0円
AsahiNet最低利用期間ヶ月12ヶ月間2,000円最低利用期間12ヶ月が経過すればいつ解約しても違約金はなし
@nifty2年3,000円23、24、47、48、71、72…ヶ月目

※1:2年割を適用する場合、2年割と接続プランの違約金が発生します。
※2:プランによって違約金の値段は異なります。

ドコモ光とフレッツ光では下記のタイミングで解約すると違約金が発生しません。

ただし、フレッツ光を解約する場合、プロバイダの違約金が発生するかはプロバイダ側が定めた契約期間に準じます。

事業者更新月
ドコモ光24、25、26、48、49、50、72、73、74…ヶ月目
フレッツ光(東日本)25、26、49、50、73、74…ヶ月目
フレッツ光(西日本)24、25、48、49、72、73…ヶ月目

更新月以外での解約を想定すると、違約金が安いサービスはドコモ光だといえます。

ポイントサービスを比較

ドコモ光とフレッツ光とでは、ポイントサービスの仕組みに大きな違いがあるので比較しておきましょう。

最初にドコモ光とフレッツ光でのポイントの貯まり方を比較します。

事業者利用料金から貯まるポイントその他の付与されるポイント
ドコモ光40~378pt/月契約時の公式キャンペーン:5,000pt
フレッツ光(東日本)100~500pt/月にねん割更新ポイント:2年に一度1,000pt
フレッツ光(西日本)1,000~4,500pt/年契約時のウェルカムポイント:3,000pt

還元率だけを比較する、ポイント制度がお得なのはフレッツ光のように見えます。ただし、より詳細にポイント制度を比較すると話は変わってきます。

フレッツ光西日本の還元率は魅力ですが、毎年もらえるポイントは1,000ptから2,000ptが相場です。

毎年3,000ptもらえるのはフレッツ光を契約してから3年目に入ってからです。

dポイントの還元率は以下の7項目の条件をクリアするほど高くなるので、状況によってはフレッツ光を利用するよりもポイントが貯まりやすくなります。

dポイントの還元率が高くなる条件をまとめました。

項目還元率がアップする条件プラスされる還元率
dポイントプログラムプラチナステージ当月のdポイントクラブステージがプラチナステージとなっている1%
1ヶ月でのdポイントの獲得回数50~99回0.5%
100回以上1%
dカードGOLDでドコモの利用料金を支払うdカードGOLD限定1%
1ヶ月間でのオンラインショッピングの買い物以下どれかの店舗での買い物の金額が対象となる。
・d払いネット
・ドコモ払い
・SPモードコンテンツ決済
・dマーケットなど
20,000~49,999円1%
50,000円以上2%
dカードの請求額前月のdカードの請求額に応じて還元額アップ100,000~199,999円1%
200,000円以上2%

すべての条件を満たすと、ドコモ光の利用料金から付与されるポイントが100円に付き7ptになります、すべての条件をクリアできなくても、毎月100pt以上もらうのは夢ではありません。

さらにdカードGOLDでドコモ光の利用料金を支払えば、10%のポイントバックまで受けられます。

» dカード GOLDのポイント還元率は最大10%にも!還元率を最大限高めてお得にdポイントを貯めよう!

dポイントの取扱店舗では支払いの金額に応じてポイントをもらうこともできます。

さらにドコモ光で貯まるdポイントは、全国のあらゆる商業施設や飲食店での支払いに利用できます。

dポイントは使い勝手が良いので、ドコモ光のポイント制度は優秀といえます。

dポイントの主な取扱店舗を表にまとめましたが、利用可能なお店はとても身近な場所にあるのでポイントの付与と利用のどちらもしやすいです。

カテゴリー店舗・施設名
コンビニセブンイレブン、ファミリーマート、ミニストップ、ローソン、etc…
百貨店伊勢丹、高島屋、パルコ、etc…
ショッピング店舗AOKI、アニメイト、アルペン、IKEA、エディオン、キリン堂、クスリのアオキ、ケーズデンキ、ゲオ、コクミン、コジマ、サンドラッグ、ジャパン、ジョーシン、GU、スギ薬局、セカンドストリート、ソフマップ、タワーレコード、ツルハドラッグ、トイザらス、東急ハンズ、ノジマ、etc…
飲食店コメダ珈琲、サンマルクカフェ、スターバックスカード、ドトールコーヒーショップ、いきなり!ステーキ、かっぱ寿司、鎌倉パスタ、カルビ大将、ガスト、牛角、ココス、ジョリーパスタ、ステーキ宮、にぎりの徳兵衛、はま寿司、バーミヤン、赤から、和民、etc…

上記の店舗はほんの一部で、他にもさまざまなお店や施設での支払いにdポイントを利用できます。より詳細な利用可能店舗は公式サイトで確認できます。

dポイント 利用可能店舗・施設一覧ページ

対するフレッツ光で貯まるポイントは、東日本と西日本のどちらもショッピング店舗や飲食店での支払いには利用できません。

貯まったポイントが使えるのは、フレッツ光が用意した商品、もしくは商品券との交換に限られます。

ポイント制度の魅力で比較すると、おすすめはドコモ光になります。

dポイントをザクザク貯める方法は『dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しよう』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しよう
dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しようdポイントを効率よく貯める貯め方について詳しく解説しています。dポイントは還元率も高く、使い道も多いので貯めるにはおすすめのポイント。しかし、コツコツ程度だとなかなか貯まらないのも事実。当記事ではそんなdポイントをザクザク貯める方法、貯め方を徹底して詳しく解説していきますよ。...

ドコモユーザーじゃない人におすすめの光回線

ドコモ以外のキャリアでスマホを利用している人には、下記の表にまとめた他社回線がおすすめです。

利用している携帯キャリアおすすめの光回線
ソフトバンク・ワイモバイルユーザーソフトバンク光・NURO光
au・ビッグローブモバイルユーザービッグローブ光
auユーザーauひかり

上記の通りにおすすめの光回線を挙げたのは以下の2つが理由です。

  • スマホにセット割が入る
  • 初期費用の心配無用

ソフトバンクやワイモバイルでスマホを使っているのであれば、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光を契約すると、『おうち割光セット』によってソフトバンクやワイモバイルのスマホ代が安くなります。

参考»» ソフトバンク光の評判は?キャッシュバックが高い代理店比較と気になる速度・料金を解説!

割引きの内容はドコモ光の光セット割と似ており、三親等以内の家族もおうち割が受けられます。

代理店のエヌズカンパニーで申込めば、キャッシュバックによって初期費用の負担もなくせます。

ソフトバンクユーザーの人は、NURO光も検討してみましょう。NURO光は最大通信速度が2Gbpsなので、速度にこわりたい人におすすめです。

auやビッグローブモバイルユーザーなら、ビッグローブ光を検討してください。

ビッグローブ光は『auスマートバリュー』対応で、三親等以内の家族が利用しているauスマホにセット割を入れられます。

格安SIMのビッグローブモバイルとのセット割『光SIMセット割』も用意されています。代理店のLBフォースから申込めば、キャンペーンによって初期費用の負担がなくなります。

auユーザーにはauひかりという選択肢もあります。

auひかりもauスマートバリュー対応回線で、GMOとくとくBBからの申込めばキャンペーンで初期費用の負担がなくなります。

ドコモ光がおすすめな人

ドコモ光は以下の状況にいる人に打って付けです。

  • ドコモ光でスマホを使っている
  • 回線とプロバイダ料金を毎月一度にまとめて支払いたい
  • 初期費用が安い光回線を探している

なぜ上記の状況でおすすめなのか解説します。

ドコモでスマホを使っているならドコモ光で決まり

ドコモでスマホを利用しているのであれば、選択肢はドコモ光だけといっていいほどです。ドコモ光なら光セット割でドコモのスマホが安くなるからです。

ドコモのスマホが安くなる光回線はドコモ光しかないので、ドコモユーザーがドコモ光を選ぶのは鉄則といっても過言ではありません。

さらにdポイントの還元も毎月受けられるところも、ドコモユーザーへのおすすめポイントです。

ドコモ光のキャンペーンやキャッシュバックについては『一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法
一番お得なドコモ光のキャンペーン・キャッシュバック完全ガイド!損しないための新規契約方法ドコモ光を契約するならどこがお得なのかを解説しています。ドコモ光のキャンペーンやキャッシュバックで一番お得なのはGMOとくとくBBです。キャッシュバックや提供されるキャンペーンにおいて他社よりも優れています。どれだけドコモ光のキャンペーンが違うのかの比較もしています。...

回線とプロバイダ料金をまとめて払いたい人にもおすすめ

回線とプロバイダ料金を毎月一つにまとめて支払いたい人にもドコモ光は打って付けです。

ドコモ光は回線とプロバイダがセット契約の光コラボなので、両方の利用料金が一つにまとまっています。解約するときに別途プロバイダでの手続きが必要ないところも魅力です。

とはいえ、回線とプロバイダ料金がまとまった光コラボは他にもあります。ドコモでスマホを使っていないのであれば、他社の光コラボを検討してみましょう。

ソフトバンクユーザーにはソフトバンク光、auユーザーにはビッグローブ光がおすすめです。

ドコモ光は初期費用を安くしたい人向け

工事費などの費用を安くすませたい人はドコモ光を検討する価値があります。

フレッツ光にはキャンペーンがありませんが、ドコモ光ではGMOとくとくBBからの申込みで以下5つの特典が受けられます。

  • 新規工事料無料
  • dポイント5,000ptプレゼント
  • 最大2万円キャッシュバック
  • 無線LANルーター無料レンタル
  • インターネット安心セキュリティ1年間無料

最大2万円キャッシュバックがあるので、他社からドコモ光へ乗り換えるときの違約金による負担も少なくなります。

フレッツ光がおすすめな人

フレッツ光はドコモ光と比較するとメリットはありません。セット割がないので、ソフトバンク光やビッグローブ光と比べても劣ります。

強いて挙げるとすれば、以下のような考え方の人に向いています。

  • 有名な光回線を契約したい人
  • 将来的に光コラボへの乗り換えも視野に入っている人

なぜ上記の考え方の人におすすめなのか解説します。

有名な光回線を契約したい人

初めて光回線を契約する、または有名で信頼度のある光回線を契約したい人はフレッツ光を検討する価値はあります。フレッツ光はNTTが展開する光回線だからです。

NTTは1990年代からダイヤルアップやISDN、ADSLなどさまざまな回線を全国に展開してきた企業なので、信頼度は申し分ありません。

有名で信頼できる会社が運営する光回線を利用したいとお考えなのであれば、フレッツ光は候補に入ります。

ただし、いくらNTTの光回線だからといっても、実際に出る通信速度はどのプロバイダを契約するかで変わります。

確実に通信速度が速いネット環境を手に入れたいとお考えであれば、ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光も要検討です。

将来的に光コラボへの乗り換えも視野に入っている人

フレッツ光と光コラボのどちらかで迷っている、将来的に光コラボへ乗り換える可能性がある人のなら、先にフレッツ光を利用してみる方法があります。

光コラボはフレッツ光の回線を用いていて、フレッツからなら工事不要で乗り換えられるからです。光コラボへ乗り換えるときにフレッツ光から違約金が請求される心配はありません。

光コラボからフレッツ光へ乗り換える逆のパターンでも工事は必要ありませんが、更新月ではない限り利用をやめる光コラボから違約金が請求されます。

そのため、フレッツ光と光コラボのどちらかで迷っている場合、先にフレッツ光を利用してみるのが得策です。

ドコモ光は光コラボなので、フレッツ光とドコモ光のどちらを契約するか迷っている場合に先にフレッツ光を利用するのも悪くありません。

ただし、フレッツ光では工事費が契約者の負担になる点には注意が必要です。

ドコモ光とフレッツ光の比較まとめ

ここではドコモ光とフレッツ光の違いを比較して解説しました。

ドコモ光とフレッツ光は利用する回線が同じなので、比較するべき項目は以下の6つになります。

項目ドコモ光フレッツ光
月額料金フレッツ光より安いドコモ光より高い
セット割ドコモスマホとのセット割有り無し
契約期間2年2年
違約金フレッツよりは安め別でプロバイダの違約金が発生すると、ドコモ光より高くなりがち
初期費用キャンペーンによって負担が軽いキャンペーンがなく負担が大きい
ポイント制度dポイントがベースだから付与されるptが使いやすく、還元率も◎ポイントは指定の商品との交換でしか使えず、還元率は微妙

ドコモ光は月額料金がフレッツ光より安くなっています。ドコモのスマホユーザーであれば、光セット割によってフレッツ光との差がより大きくなります。

初期費用も大きく異なっていて、ドコモ光はキャンペーンで工事費が無料になるのに対して、フレッツ光では全額を負担が強いられます。

ドコモ光ではGMOとくとくBBでの申込みでキャッシュバックが受けられるので、他社回線からの乗り換えで違約金を気にする必要もありません。

解約するときに違約金は、ドコモ光のほうが安い傾向があります。フレッツ光では別途プロバイダの違約金が発生すると、解約するときの費用がドコモ光より高くなりがちです。

ポイント制度の使いやすさも比較しておきましょう。ドコモ光では毎月dポイントがもらえるので、日頃の買い物をお得にできます。

フレッツ光から付与されるポイントは決められた商品との交換にしか使えず、還元率もドコモ光より劣ります。

あらゆるところを比較しても、フレッツ光よりもドコモ光がおすすめです。

ただし、ドコモ以外でスマホを使っているのであれば、ソフトバンク光やビッグローブ光も検討してくださいね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です