dカード/dカードGOLD

【dカードの口コミ】年会費無料なのに充実の特典が満載!dカードのメリットを活用しまくれ!

dカードって、実際のところ口コミはどうなの?

dカードで得られる具体的な特典って?

あなたもこのような内容が気になっているのではないでしょうか。

ここでは、年会費無料にもかかわらず、充実の特典が満載のdカードについて、徹底解説をしていきたいと思います。

dカードの基本情報はもちろん、実際のユーザーから発信されている口コミ、具体的な特典の内容、審査難易度や審査にかかる時間など、ありとあらゆる情報が盛り込まれているため、当記事を読み終える頃には、dカードについて圧倒的に詳しくなっていることは間違いありません。

現段階で少しでもdカードに関心を寄せているのであればぜひ、以下の内容を参考にしてみてくださいね。

dポイントを貯めるなら!

dカードdポイントカードでdポイントを貯めるなら、dカードがお得!

年会費完全無料で使え、dポイントが貯まるペースも通常のdポイントカードの倍以上に!

日常で使いやすいようにどこでも1%以上の還元率など、dポイントカードよりも遥かに上回る特典が豊富なので使わないともったいない!

\年会費も完全無料で使える!/
» 公式サイトで詳しく見る

dカードは完全無料に!基本情報から学ぼう

dカード
基本還元率1%~
年会費無料
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード初年度:無料
2年目以降:500円
※年に一度の利用で無料
家族カード無料

dカードは本カードのみならず、ETCカードや家族カードを含め、無料で作成できる1枚です。

メモ

ETCカードに関しては年に一度の利用で無料になります。

保有に際して、一切のリスクがないため、クレジットカードを初めて作成する方でも、安心して持つことができるでしょう。

dカードの利用でdポイントが貯まる

dカードのポイント仕様は以下の通りです。

  • 100円の利用につき1ポイントのdポイントが貯まる
  • dポイントの有効期限は48ヶ月間

クレジットカードの利用で得られるポイントの一般的な有効期限は1〜2年です。

この点を踏まえると、dカードの利用で得られるdポイントは比較的、じっくり貯めていくことができるポイントと言えますね。

なお、dポイントは以下のような使い方をすることができます。

  • 加盟店で1ポイント1円として使う
  • ドコモのケータイ料金に充当する
  • 商品と交換する
  • 他社ポイントやマイルに交換する
  • d払いに使う
  • 寄付する
  • 優待チケットに使う
  • データ量の追加に使う

一例を挙げると、dポイントはJALマイルに交換することができるため、普段から空の旅を楽しんでいる方にはおすすめです。

あらかじめ様々な用途を把握しておくと、dポイントを貯めるモチベーションがアップしますね。

dポイントをザクザク貯める方法については『dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しよう』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しよう
dポイントの貯め方完全ガイド|dポイントがザクザク貯まる方法を解説しようdポイントを効率よく貯める貯め方について詳しく解説しています。dポイントは還元率も高く、使い道も多いので貯めるにはおすすめのポイント。しかし、コツコツ程度だとなかなか貯まらないのも事実。当記事ではそんなdポイントをザクザク貯める方法、貯め方を徹底して詳しく解説していきますよ。...

dカードの利用限度額

dカードの利用限度額に関しては、以下のようなことが言えます。

  • dカードの利用限度額は申込者の状況に応じて決定される
  • 継続的にdカードを愛用し、支払いの遅延がなければ増枠も可能

つまり、カード会社からの信頼を勝ち取ることによって、利用限度枠を広げていくことができるということですね。

dカードは一般的なクレジットカードとなるので、限度額は高くでも100万円、低い場合だと10万円からスタートとなります。

できる限り潤沢な利用枠を確保したい!

このように思われるのであれば、様々なシーンでdカードを活用するとともに、毎月の支払いに遅れることがないように心掛けましょう。

dカードで選べるデザインは2種類

ポインコデザインのdカードdカードでは、以下の2種類のデザインを選択することができます。

  • 通常のdカード
  • ポインコデザインのdカード

ポインコデザインのキャラクターカードが気に入っている方は、dカードの作成の際に、ポインコデザインを選択すると良いですね。

ちなみに、一度カードを作成した後でも、デザインの切り替えは可能ですが、1枚につき、1,000円(税抜)の手数料がかかる点には注意が必要です。

  • dカードでは通常デザインと、ポインコデザインのいずれかを選択できる
  • カードを選択した後の変更には、1枚あたり1,000円(税抜)の手数料がかかる

なお、家族カードのデザインは、本カードで選択したデザインに準じます。

家族カードについても別途、1,000円(税抜)の変更手数料がかかることも理解しておきましょう。

\年会費無料で使えるからお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

読者からのdカードの口コミ

レビュー・口コミを書いてみる
1
2
3
4
5

送信

     

キャンセル

レビューを書く

dカード

平均評価:  

 16 レビュー

by やたろう on dカード
ドコモユーザー関係ある?

ドコモユーザーでもなくてもあんまり関係ないカードだと思うんですが、年会費無料で使えて今d払いのキャンペーンが豊富で、ローソンでいつでも安くなるのはめちゃくちゃありがたいカードかなと。ただ、ドコモユーザーだからといって大きな特典があるわけではないと思います。

by dざぶろう on dカード
メインカード!

普通にメインでdカード使ってるけど文句なし!貯めるのはキャンペーンチャンスのd払いでdカード設定だからどんどん貯まる。dポイント一本狙いなら毎月貯まりまくるよ!

by ローソン信者 on dカード
使い心地はよし

至って普通の高還元カード。dカードのローソンでのPontaポイントが改悪されたのは痛い。今後auと組むローソンでお得じゃなくなるとdカードの価値はなくなるのかも。でもd払いがあるからdポイントは今の所めちゃくちゃ貯まってる。感謝。

by umi on dカード
d払いだから助かる

d払いのキャンペーン条件がだいたいdカード持ち限定なので、持ってて良かったと思ってる。数十%の超えのキャンペーンもそろそろPayPayも少なくなってきてるし、これからもd払いには頑張ってもらいたい。

by ドドド on dカード
改悪

dカードで貯めたPontaポイントに交換できるのが魅力だったのに終了するとは・・・まぁローソンでお得に使えるからいいんだけど、auにこのまま乗っ取られてローソンのお得さも減ったら不要なカードになるのかも。

by ggg on dカード
ポンタが~

Pontaユーザーとして助かってたんだけど、もうすぐdポイントと交換できなくなるらしい。ローソンではそのまま使えるとしてdポイントの他の使い道がなぁ。。

by dやろう on dカード
使い道が多くなった

dポイントの使い道が多くなったこと、d払いの専用カードとしてキャンペーンが活用できることは助かっています。dカードはいぜん年会費有料だった気がするので、改悪しないことを祈るばかりです。

by たつろう on dカード
dカードで充分

年会費無料のカードを探していた所ドコモユーザーじゃないですがdカードをゲット。決めてはよく利用するローソンとd払いのキャンペーン目的。d払いはdカードじゃないと対象じゃないことも多いので、助かってます。

by クレカマニア on dカード
ローソンのみ

ドコモユーザーじゃないが年会費無料でローソン用に発行。それだけで充分ですが、それ以外に特に用途はなし。d払いのキャンペーンでたまに使うくらい。

by 落ちたやん on dカード
通らず

ドコモ使ってるからこの記事見て申し込んでみたけど、落ちた。過去滞納もなし。イミフ。

Page 1 of 2:
«

 

 

1
2

 

»

 

 

dカードの口コミ|実際の利用者どう思っている?

実際の利用者どう思っている?dカードの口コミdカードユーザーの本音の口コミ

dカードの利用者は実際、どう思ってるの?

と気になるところもありますよね。

そこでここでは、dカードの良くない口コミと、良い口コミに分けて考察をしていきたいと思います。

いくら個人的に「dカードは良いカードだよ!」「良くないカードだよ!」と言った所で、それは私の主観にしかならないため、実際にdカードを利用している方からの口コミを紹介していきたいと思います。

良くない口コミ
  • dカードの審査時間遅いかも?!
良い口コミ
  • 年会費無料は嬉しい←以前は500円だった為
  • dポイントスーパーグラムなどポイントが貯まりやすい!

これから紹介していく中にはこのように良い口コミ、良くない口コミがありました。

それでは詳しく紹介していきましょう!

良くない口コミ①|dカードは審査に時間がかかる

まずはdカードの審査に関する口コミです。

以下の通り、審査結果を得るまでに結構時間がかかる場合もあるようですね。

dカードの審査にかかる時間は、申し込みのタイミングや申込者の情報にもよりますが、上記の口コミをご覧いただければお分かりの通り、予想以上に時間がかかる可能性もあります。

したがって、できる限り時間には余裕を持った上で、申し込み手続きを進めた方が良いでしょう。

良い口コミ1|やっぱり年会費無料は嬉しい

dカードは以前まで、条件付きで年会費無料になるクレジットカードでしたが、今では無条件で完全無料となっています。

以下、dカードの年会費無料に関する口コミをご覧ください。

やっぱり本カードやETCカード、家族カードなどを年会費無料で作成できるのはストレスフリーで良いですよね。

一度作成してみて、仮にあまり使わなかったとしても、ノーリスクで解約できます。

当記事で後ほど解説しますが、dカードの特典をご理解いただければ、「本当にこれが年会費無料なの?」と驚かれることでしょう。

良い口コミ2|dカードはdポイントスーパー還元プログラムがアツイ

せっかくクレジットカードを作成するなら、ポイントをじゃんじゃん稼ぎたい!

このように思われているあなたにぜひご覧いただきたいのが、以下のようなdポイントスーパープログラムに関する口コミです。

年会費無料にもかかわらず、神と呼ばれているクレジットカードはなかなか存在しないのではないでしょうか。

dカードの本来の基本還元率は1%ですが、dポイントスーパー還元プログラムでスイスイと還元率を高めていくことができます。

本特典については、次項で詳しく記載していますので、ぜひそちらをチェックしてみてください。

dカードに付帯しているお得な特典

dカードに付帯しているお得な特典年会費完全無料なのにお得な特典が充実!

dカードのお得な特典を早く知りたい!

というあなたの心の声が聞こえてくるようです。

そこでここでは以下の通り、dカードで得られる特典について解説していきたいと思います。

  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元
  • 最大1万円のケータイ補償が付帯
  • 最大100万円のショッピング保険が付帯
  • dカード特約店で還元率アップ
  • dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • dポイントカードの機能が付帯
  • 電子マネーのiD機能が付帯

世の中には様々な年会費無料のクレジットカードが存在しますが、dカードのようにここまでスペックの高いカードはなかなかありません。

これらの特典を理解した上で、上手にdカードを活用すれば、面白いほどに節約効果をガンガン高めていくことができるのは間違いないでしょう。

それでは早速、それぞれの項目について詳しく見ていきますよ。

dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元

dポイントを貯めるならスーパーポイント還元プログラムに参加を!基本還元率に最大+7%が付帯する!

先ほど、口コミの項でも登場したdポイントスーパー還元プログラムですが、こちらは以下の条件を満たすことで、最大+7%の上乗せ還元を得ることができる特典です。

  • dポイントクラブのプラチナステージ達成で+1%
  • dカード GOLDでのドコモ料金支払いで+1%
  • dポイントを貯めた回数で+0.5~1%
  • ネットのお店の買い物で+最大2%
  • 前月のdカードの請求額で+1~2%
    合計:最大+7%

え!めっちゃお得じゃないですか!

と思われたのではないでしょうか。

注意点としては、『公式ホームページ』でエントリー手続きを済ませる必要があることと、支払い方法がd払いか電子マネーのiDに限定されていること。

そして本特典で獲得できるポイントは、3ヶ月限定の期間限定ポイントであることの3点です。

  • エントリー手続きが必要
  • 支払い方法はd払いか電子マネーのiD
  • 獲得できるポイントは3ヶ月限定の期間限定ポイント

dカードの基本還元率は1%ですが、dポイントスーパー還元プログラムを最大限に活用することができれば、還元率は8%に跳ね上がります。

仮に100,000円の買い物をした場合、1%と8%ではどれくらいの差がつくでしょうか。

  • 100,000円×1%=1,000ポイント
  • 100,000円×8%=8,000ポイント

ご覧の通り、同じ買い物をしているにもかかわらず、1,000ポイントと8,000ポイントでは、もはや目も当てることができないほどの差ですよね。

ポイントはお金と同価値ですから、dポイントスーパー還元プログラムを活用しない手はありません。

ぜひ、dポイントスーパー還元プログラムの条件をしっかりと確認した上で、ガンガンポイントを稼いでいきましょう。

最大1万円のケータイ補償が付帯

あなたの携帯電話をdカードに登録しておくことで、偶然の事故による紛失や盗難、修理不能(水漏れ・全損)などのトラブルがあった場合に、以下の内容で補償を受けることができます。

  • 補償金額は最大1万円
  • 補償の対象となる携帯電話端末の購入時期が1年以内であること
  • 新たに同一機種、同一色の携帯電話をドコモショップでdカードで購入すること

紛失や盗難、修理不能などの事故は、そうそう起こることではありませんが、だからこそ万が一のことがあると、かなりメンタルがやられてしまいます。

そんな時に、1万円分でもケータイ補償を受けることができるとなれば、年会費無料のdカードに感謝せずにはいられないことでしょう。

dカードを作成したら、携帯電話の登録作業を済ませるのをお忘れなく。

最大100万円のショッピング保険が付帯

dカードには、以下の内容のショッピング保険が付帯しています。

補償額年間最大100万円
補償期間購入日から90日以内
対象となる支払い方法海外:全ての決済
国内:リボ払いか3回以上の分割払い
自己負担3,000円/件

国内の利用については、分割払いか3回以上のリボ払いのみが対象という縛りはあるものの、年間100万円の補償枠があれば、おおよその品は守ることができるでしょう。

ただし、dカードのショッピング保険は利用付帯ですから、大切な商品を購入する際には、必ずdカードでの決済を忘れないようにしてくださいね。

dカード特約店で還元率アップ

dカードを利用していて何が嬉しいかと言えば、以下のようなdカード特約店においては、還元率の優遇を受けることができることです。

合計還元率dカード特約店名
2%・ENEOS
・dショッピング
・伊勢丹
・三越
・高島屋
・洋服の青山
・THE SUIT COMPANY
・紀伊国屋書店
・JAL
特に優遇・マツモトキヨシ(3%)
・AOKI(3%)
・タワーレコード(3%)
・JTB(3%)
・ビッグエコー(3%)
・スターバックスカード(4%)
・ドトールバリューカード(4%)
・クラブメッド(4%)
・サカイ引越センター(4%)
・オリックスレンタカー(6%)

え!スタバがめっちゃお得!

鋭いあなたならきっと、このように思われたことでしょう。

お察しの通り、dカードからスターバックスカードへのチャージを活用すれば、大幅還元を受けることができ、スタバを利用すればするほど、どんどんお得度合いが増していきます。

実際にシミュレーションしてみましょう。

現金でスタバを利用する場合と、dカードでスターバックスカードにチャージして利用する場合では、10,000円でどれくらいの差が開くでしょうか。

  • 現金の場合→還元は一切なし
  • dカード×スターバックスカード→10,000円×4%=400ポイント

dポイントは1ポイント1円として利用できますから、400ポイントあれば、ショートサイズのドリップコーヒーを頼んでお釣りが返ってきます。

年会費無料のクレジットカードにもかかわらず、このスピード感でポイントが貯まるのは嬉しいですね。

一度利用してしまうと、もはや現金でスタバを利用する価値を見出せなくなってしまいます。

今後はぜひ、スタバを始めとする特約店は、dカードで利用するように心掛けましょう。

dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得

dカードポイントUPモール買い物前に経由するだけで還元率がアップ!

dカードのユーザーは、会員限定の『dカードポイントUPモール』を経由することで、ネット通販をお得に楽しむこともできます。

つまり、dカードを発行すれば、リアル店舗のみならず、ネット通販においても、ザクザクポイントを稼ぐことができるというわけ。

以下、対象となっている店舗と得られる還元率を見てみましょう。

合計還元率店舗名
1.5%・Amazon
・楽天市場
・Yahoo!ショッピング
・ベルメゾンネット
・DHCオンラインショップ
・Apple Store
・TSUTAYAオンライン
・H.I.S.
・Francfranc ONLINE SHOP
・ユニクロオンラインストア
・ジーユーオンラインストア
2%・LOHACO
・セブンネットショッピング
・ニッセン
・イトーヨーカドーネットスーパー
・FANCL
・ビックカメラ.com
・ひかりTVショッピング
・じゃらん
・JTB
・マルイウェブチャネル
・i LUMINE
・セシールオンラインショップ
・ABC-MART.net
特に優遇・大丸松坂屋(2.5%)
・成城石井.com(2.5%)
・honto(2.5%)
・ロフトネットストア(2.5%)
・GAPオンラインストア(2.5%)
・爽快ドラッグ(3%)
・エクスペディア(3.5%)
・サントリーウエルネスオンライン(3.5%)
・京都 宇治伊藤久右衛門(4%)
・ひかりTVブック(6%)
・シマンテックストア(9.5%)

ご覧の通り、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなどのネットショップが網羅されている時点で、dカードポイントUPモールの使い勝手は申し分ありません。

ちなみに、上記で示している還元率はあくまでも平常時の値です。

というのも、dカードポイントUPモールでは常にどこかしらの店舗がポイントアップのキャンペーンを展開しています。

したがって、サイトを定点観測していれば、あなたのお気に入りの店舗の還元率が跳ね上がっているタイミングをキャッチできるかもしれませんよ。

dポイントカードの機能が付帯

dカードには、dポイントカードの機能が付帯しています。

つまり、dポイントの加盟店においては、dカードの決済分と合わせ、ポイントの2重取りが成立するというわけです。

  • dカード提示で1%のポイント還元
  • dカード決済で1%のポイント還元
    ⇒>合計:2%

dポイントカードの加盟店って、どんなところがあるの?

という声が聞こえてきそうなので、対象となっている主な店舗を記載しておきます。

  • ローソン
  • マツモトキヨシ
  • マクドナルド
  • やまや
  • ジョーシン
  • ノジマ
  • 高島屋
  • かっぱ寿司
  • AOKI
  • ライフ
  • サツドラ
  • いきなりステーキ
  • PLAZA
  • GLOBAL WORK
  • ローソンストア100
  • ビッグエコー
  • はなの舞
  • FUJI
  • 薬王堂
  • イオンシネマ
  • Amazon
  • メルカリ
  • タワーレコード
  • DHC
  • ABC MART
  • 無印良品ネットストア
  • animate online shop
  • WILLER

ご覧の通り、誰もが一度はお世話になったことのある身近な店舗ばかりですね。

ぜひ、これらの店舗を利用する際には、dカードの提示を忘れないようにしましょう。

電子マネーのiD機能が付帯

dカードにはdポイントカードの機能に加え、電子マネーiDの機能も搭載されています。

クレジット決済機能と合わせると、1枚3役の優れモノというわけですね。

  • クレジット決済機能
  • dポイントカード機能
  • iD機能

iDによる決済スピードは、クレジット決済のそれを凌駕します。

もちろん、iDはありとあらゆる店舗で利用可能な上、ポイント還元も得られるため、クレジット決済と比較しても引けを取ることはありません。

以下、iDに対応している主な店舗を見てみましょう。

  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • ローソン
  • マックスバリュ
  • まいばすけっと
  • イトーヨーカドー
  • イオンモール
  • 牛角
  • はま寿司
  • ガスト
  • フォルクス
  • バーミヤン
  • マクドナルド
  • 白木屋
  • 和民
  • 魚民
  • 安安
  • はなの舞
  • ツルハドラッグ
  • スギ薬局
  • ジャパン
  • コジマ
  • ジョーシン
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
  • タワーレコード
  • AOKI
  • 洋服の青山
  • 東京ドームシティ
  • ENEOS
  • エッソ/モービル/ゼネラル
  • ANA FESTA
  • 関西国際空港
  • 快活CLUB
  • ビッグエコー
  • シダックス
  • ルートインホテルズ
  • Amazon
  • オリックスレンタカー

これだけ幅広い店舗で利用できれば、iDだけでほぼ全ての決済を完了することができそうです。キャッシュレスがますますはかどりますね。

あなたがもし、まだ電子マネーiDを活用していなければ、この機会にぜひデビューしてみてください。

d払いとdカードの組み合わせで1.5%の還元率

節約意識の高いあなたならすでにご存知かもしれませんが、d払いとdカードの組み合わせで以下の通り、1.5%〜2%の還元を享受できます。

  • 実店舗:d払い(0.5%)とdカード決済(1%)で1.5%還元
  • ネットショップ:d払い(1%)とdカード決済(1%)で2%還元

え、気になる!」と思われた方は、dカードの『公式ホームページ』を覗いてみてください。

d払いの設定方法から、実店舗やネットショップでの支払い方法まで、d払いに関して詳しく知ることができます。

また、d払いではひっきりなしにお得なキャンペーンが展開されていることも忘れてはいけません。

たとえば、当記事執筆時点(2020年8月中旬)においては、以下のようなキャンペーンが目立ちます。

  • d払いを選んで20,000円分チャージまたは買い物すると最大7,500円分の還元
  • 毎月金・土曜日に対象の店舗でd払いをすると、必ず+2%還元
  • Amazonでのd払い利用でいつでもdポイント3%還元

へぇ〜、Amazonでもお得になるんだ!」と思われた方もいるのではないでしょうか。

あなたも今のうちにdカードを発行し、支払い方法をd払いに設定しておけば、ありとあらゆるチャンスをモノにできますよ。

d払いが使えるお店は激増中でキャンペーンも豊富!

d払いはQRコード決済の後発組ながら、キャンペーンの豊富さでグングンとシェアを拡大しています!

それがドコモユーザーのみではなく、このdカードを持った方を条件にしたキャンペーンを行っていることで、dカードを持っていないと損!と思わせるほど。

ちなみに、d払いが利用できるお店は主に下記の店舗があります。

実店舗
  • 各コンビニ
  • オークワ
  • 東武ストア
  • ハッピータウン
  • マツモトキヨシ
  • キリン堂
  • ウェルシア
  • コクミン
  • スギ薬局
  • 高島屋
  • タワーレコード
  • エディオン
  • ビックカメラ
  • IKEA
  • オートバックス
  • その他多数
ネット利用
  • メルカリ
  • Amazon
  • ABCマート
  • Jetstar
  • JINS
  • nissen
  • その他多数

上記で紹介したd払いが使えるお店についてはあくまでも一部なので、詳しく知りたい方はこちらの『公式サイト』をご覧ください。

貯めたdポイントをiDキャッシュバックに変更可能!

iDdカードで貯まりに貯まったdポイントは、iDキャッシュバックに変更可能です。

iDキャッシュバックとは?」と疑問に思われている方もいるかもしれませんので、簡単に解説しておきます。

iDキャッシュバックは、dポイントを電子マネーiDの利用代金に充当するサービスです。

電子マネーiDを普段使いしている方や、これから電子マネーiDの導入を検討している方にとって、iDキャッシュバックは便宜性の高いサービスと言えますね。

興味あります!」という方は、dポイントをiDキャッシュバックに交換する際の以下の注意事項を理解しておきましょう。

  • 100ptから交換可能
  • 期間・⽤途限定のdポイントも交換可能

え、期間・用途限定のdポイントも交換できるんだ!めっちゃ良い!」とあなたが前のめりになっている姿が思い浮かぶようです。

ぜひ、dカードやd払いをガンガン活用し、ザクザク貯まったdポイントをiDキャッシュバックに交換することで、便宜性と節約効果をどこまでも高めてくださいね。

\年会費無料で使えるからお得!/
» 公式サイトで詳しく見る

dカードの審査難易度や審査にかかる時間

dカードの審査難易度や審査にかかる時間審査難易度は思う以上に厳しくない!

dカードの審査難易度が気になる!

やっぱり、dカードの審査は結構時間がかかるの?

このようなことが気にかかっているかもしれませんね。

結論から述べると、dカードの審査はそこまで厳しいわけではありません。

また、審査についてはケースバイケースですが、審査に必要な情報を漏れなく申請すれば、スムーズに審査を通過できるでしょう。

場合によっては、最短5分程度でdカードの審査をクリアできる可能性もあります。

以下、審査難易度や審査にかかる時間について、もう少し詳しく解説していきますよ。

dカードの審査難易度はそこまで厳しくない

先ほどもお伝えした通り、dカードの審査難易度はそこまで厳しいことはありません。

その理由としては、以下のような項目を挙げることができます。

  • dカードは一般カード
  • dカードは年会費無料
  • dカードは18歳以上の方なら入会できる

クレジットカードには一般カードの他、ゴールドカードやプラチナカード、ブラックカードといったステータスカードもありますが、一般カードは最も審査のハードルが低いカテゴリーです。

これに加え、18歳以上なら入会可能でかつ、年会費無料のdカードは、大学生や社会人一年目の方でもエントリーできるため、そこまで年収を求められるカードではないことがわかります。

したがって、過去にクレジットカードの強制解約や支払い遅延といった事故がない限りは、dカードの審査に対してナーバスになる必要もありません。

ぜひ堂々と、dカードの審査に臨んでみてください。

dカードの審査は最短5分で完了する

dカードの審査にかかる日数・期間dカードの審査結果は最短その日にわかる!

当記事の口コミの項目においては、dカードの審査にはある程度の時間がかかる可能性がある旨を記載しましたが、申し込みのタイミングを考慮した上で、必要事項を漏れなく申請すれば、最短5分程度で審査をクリアすることも可能です。

実際に、『dカードの公式ホームページ』では、以下のような文言を確認することができます。

カードお申込み完了から最短5分で入会審査完了」のお手続きについて

※9:00~19:50にカードお申込み手続きが完了している必要がございます。
※お申込み時に引き落とし口座の設定が完了している必要がございます。

ご覧の通り、クレジットカード会社が稼働している平日でかつ、9:00~19:50の間に申し込み手続きを行い、引き落とし口座の設定までを完了すれば、最短5分で審査を完了することができるというわけです。

ただし、上記の条件を満たした場合でも、申し込み状況によっては、審査に数日の時間を要する可能性もあることを理解しておきましょう。

dカードの審査難易度や時間については『dカードの審査難易度は厳しい?気になる年収や職業、かかる日数を解説』の記事で更に詳しく解説していますので、ぜひ合わせて参考にしてみてください。

dカードの審査難易度は厳しい?気になる年収や職業、かかる日数を解説
dカードの審査難易度は厳しい?気になる年収や職業、かかる日数を解説dカードの審査難易度は厳しいのでしょうか?一般カードであるdカードの審査はそこまで厳しいわけではありません。というより、ほとんどの方なら問題なく審査に通過できるでしょう。当記事では、そんなdカードの審査難易度や落ちる人の特徴、通過するためのチェックポイントを解説しています。...

ドコモユーザーならdカード GOLDも選択肢に!

dカードゴールド
基本還元率通常加盟店:1%
ドコモ料金:10%
年会費10,000円(税抜)
国際ブランドVISA/MasterCard
ETCカード無料
家族カード1,000円(税抜)
※1枚目は無料
dカード GOLDならではの特典
dカードと共通の特典
  • dポイントスーパー還元プログラムで最大+7%還元
  • dカード特約店で還元率アップ
  • dカードポイントUPモールの経由でネット通販がお得
  • dポイントカードの機能が付帯
  • 電子マネーのiD機能が付帯

ドコモユーザーはドコモ料金に対して10%還元

dカードゴールドなら年会費以上にポイントが貯まるドコモの利用料金とドコモ光が10%ポイント還元!

dカード GOLDの目玉とも言える特典として、ドコモ料金に対する10%還元を語らないわけにはいきません。

  • dカード GOLDの基本還元率:1%
  • ドコモ料金に対する還元率:10%

世の中には実に様々なクレジットカードが存在しますが、毎月10%還元が得られるクレジットカードなど存在しません。

たとえばあなたが、毎月10,000円のドコモ料金を支払っている場合、dカード GOLDを持つことで得られるポイント還元は以下の通りとなります。

  • 10,000円×10%=1,000ポイント(1ヶ月あたり)
  • 1,000ポイント×12ヶ月=12,000ポイント(年間)

ご覧の通り、10%還元分のポイントだけで、dカード GOLDの年会費分を相殺できる上、お釣りが返ってくるという破格の仕様です。

鋭いあなたならお気付きの通り、一定のドコモ料金を支払っているのであれば、年会費無料のdカードを選ぶよりも、年会費10,000円(税抜)のdカード GOLDを選択した方がむしろ得をすることになります。

具体的な損益分岐点としては、毎月9,200円のドコモ料金です。

ドコモのケータイ料金とドコモ光の通信料を合わせ、9,200円以上を支払っている場合は、ノータイムでdカード GOLDを選ばなければ損をするというわけですね。

前述した通り、dカード GOLDには年会費無料のdカードでは得ることのできない空港ラウンジ特典や年間利用額特典の他、充実した国内外の旅行傷害保険が付帯するため、ドコモユーザーならdカード GOLDを持たない理由がありませんよ。

\ドコモユーザーはゴールドに!/
» 公式サイトで詳しく見る

dカードのキャンペーンを活用して入会から入会後も使い倒そう!

dカードのキャンペーンを活用して入会から入会後も使い倒そう!ここまでをご覧いただいたあなたならお分かりの通り、年会費無料で様々な特典が付帯しているdカードは作成しない理由がありません。

ここで改めて、当記事のポイントとなる部分についておさらいをしておきましょう。

  • dカードは本カード、ETCカード、家族カードの全てを完全無料で作成できる
  • dカードの評判は上々
  • dカードの審査難易度はそこまで厳しいわけではない
  • dカードの審査は最短5分で完了する
  • ドコモユーザーならdカード GOLDも選択肢に

先ほどお伝えした通り、ドコモのケータイ料金および、ドコモ光の通信料で毎月9,200円以上を支払っている場合は、年会費無料のdカードよりも、年会費10,000円(税抜)のdカード GOLDをチョイスする方がむしろお得です。

また、いずれのクレジットカードを選択するにしても、お得な入会キャンペーンが展開されていますから、入会するだけで一気に節約効果を高めることができます。

ぜひあなたも、ここで記載している内容を十分に参考にしていただき、dカードやdカード GOLDを使い倒してみてくださいね。

» dカード申込みへ» dカード GOLD申込みへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。