【SPGアメックスカードの口コミ】嬉しいメリット・気になるデメリットを解説!

クレジットカードの会員になるだけで、高級ホテルグループの上級会員になれるって本当?

毎年会員を継続するだけで1泊数万円するお部屋にハイシーズンでも泊まれるって本当?

実は、この特典はすべてスターウッド プリファード ゲストアメリカン・エキスプレス・カード(以下SPGアメックスカード)の特典になります。

SPGアメックスカードは、高級ホテルグループであるSPGとマリオット・インターナショナルの上級会員資格が得られるクレジットカードです。

元々はSPG(スターウッド)の上級会員資格しか得られなかったのですが、マリオット・インターナショナルとSPGが合併したことから、両方の会員資格が共通となり会員にとってはメリットがますます大きくなりました。

一方で、SPGアメックスカードのデメリットとして、家族カードの年会費が無料にならない、電子マネーへのチャージでポイントが付かないなどが挙げられます。

年30,000円以上の高額な年会費のクレジットカードですが、ホテル利用の多い方にとっては年会費以上の価値が感じられるカードです。

では、実際にSPGアメックスカードを利用している方からの口コミ/評判も交えながらラグジュアリーな魅力をご紹介していきましょう!

  1. SPGアメックスカードの基本情報
    1. 年会費は33,480円
    2. 貯まったポイントはホテル宿泊やマイルへの移行が可能
    3. 家族カードは有料・ETCカードは無料
  2. SPGアメックスカードの口コミ/評判
    1. 良くない口コミ:年会費がネックに
    2. 良い口コミ:マイル用のクレジットカードとして活用
    3. 良い口コミ:リッチな旅行が楽しめる
    4. 良い口コミ:ホテルのバーやレストランを楽しめる
  3. SPGアメックスカードの嬉しいメリット・活用法
    1. マリオットリワード『ゴールドエリート』の会員資格
    2. 継続特典として無料宿泊特典が毎年もらえる
    3. ANAやJALなど約40社のマイルへポイント移行可能
    4. ラウンジ利用など空港での特典が充実
    5. 自動付帯でも利用付帯でも利用できる海外旅行傷害保険
    6. 買い物も予約も安心の4つのプロテクションサービス
  4. SPGアメックスカードの気になるデメリット
    1. 年会費が高額
    2. 家族カード無料などの特典はなし
    3. 電子マネーへのチャージでポイント付与なし
  5. SPGアメックスカードの申込み方法
    1. 公式サイトでネット申込み
    2. 空港の勧誘ブースからの申込み
  6. SPGアメックスカードの審査難易度・審査にかかる時間
    1. アメックスの審査基準は現況を重視
    2. 通常2~3週間程度で発行
  7. SPGアメックスカードの締め日・引き落とし日
  8. SPGアメックスカードがおすすめな人
    1. 年に一回は高級ホテルを利用する・利用したい人
    2. マイル移行先としてJALもANAもどちらも利用したい人
  9. まとめ

SPGアメックスカードの基本情報

SPGアメックスカード

年会費 33,480円(税込)
申込条件 20歳以上の安定した収入のある方。
基本還元率 100円につき3ポイント
国際ブランド AMEX
ETCカード 年会費無料
※新規発行手数料915円(税込)
家族カード 16,740円(税込)

SPGアメックスカードは、スターウッド系列とマリオット系列のホテルを利用する人に特にメリットの大きな一枚です。

ここで、SPGアメックスカードの特典の一部をご紹介しましょう。

  • 通常の決済でも宿泊やマイル移行に使えるポイントが100円につき3ポイント
  • マリオット・リワード参加ホテルの無料宿泊特典
  • マリオット・リワード上級会員資格

SPGアメックスカードだけ、高級ホテルに宿泊する機会の多い方・これから宿泊したいと考えている方には嬉しい特典が他にも数多くあるスペシャルなクレジットカードとなっています。

では、SPGアメックスカードの特徴を紹介していきましょう。

年会費は33,480円

SPGアメックスカードの年会費は、33,480円(税込)です。

SPGアメックスカードの場合、特に初年度年会費無料などのサービスはありません。

しかし、入会時のボーナスポイントや継続特典での無料宿泊特典などを考えると、特典を活用することで十分元を取ることができますよ。

ゴールドカードという名前はついていないものの、特典内容は一般的なゴールドカード以上のものがあります。

貯まったポイントはホテル宿泊やマイルへの移行が可能

SPGアメックスカードを使うと、100円につき3ポイントが貯まるシステムです。

一部ポイント対象外のものやポイント還元率に差がありますが、基本的なポイントプログラムは以上の通りです。

貯まったポイントは、次のような使い道があります。

  • マリオット・リワード参加のホテルに無料宿泊
  • ポイントと現金で安くマリオットリワード参加のホテルに宿泊
  • 手数料無料で航空会社のマイルへ交換
  • 航空券と交換

貯まったポイントの使い道からも、まさに旅に適した一枚であることがわかりますね。

家族カードは有料・ETCカードは無料

SPGアメックスカードの場合、家族カードは初年度から有料・ETCカードは無料となっています。

  • 家族カード:16,740円(税込)
  • ETCカード:新規発行手数料915円(税込)のみ

家族カードとETCカードの発行手数料を無料にする方法は今のところありませんので、家族カードとETCカードに関しては他のクレジットカードでカバーするのも良い方法です。

SPGアメックスカードの口コミ/評判

それでは、まずSPGアメックスカードの口コミ/評判を紹介していきましょう!

SPGアメックスカードを存分に活用するためには、あなたがどのように活用していくのかをしっかりとイメージすることが必要です。

でも、申込み前のカードの使い方を思い描くのはなかなか難しいものですね。

そこで、実際にSPGアメックスカードを利用している方からの口コミ/評判をチェックして、どのように活用しているのかを知るのがおすすめです。

もちろん、ここでは良い口コミも良くない口コミもどちらもご紹介しますので、SPGアメックスカードについて多角的に知ることができますよ。

良くない口コミ:年会費がネックに


ここまで紹介してきたように、「年会費の元が取れる!」という評価をよくされるSPGアメックスカードですが、年会費が重荷になってしまう場合には、無理に持つことはおすすめしません。

経済的に余裕ができてきたり、旅行の頻度が高くなるようなタイミングで会員になるとよいでしょう。

良い口コミ:マイル用のクレジットカードとして活用


SPGアメックスは、マイル用のクレジットカードとして活用している方が多いクレジットカードです。

日本の航空会社でも、『ANAだけ』や『JALだけ』ということもなく、どちらにもマイル移行が可能なのが嬉しいポイントになります。

マイル移行手数料も必要ないので、貯まったポイントは、世界中の航空会社のマイルに気軽に交換することが可能です。

良い口コミ:リッチな旅行が楽しめる


毎年もらえる50,000ポイントの無料宿泊特典、マリオットリワードのゴールドエリート会員など、いつもの旅行をよりリッチに楽しめる特典がSPGアメックスカードにはあります。

空いているお部屋があれば、より眺望の良い上の階のお部屋にアップグレードしてもらえたり、朝も急がずにのんびりと過ごせる14時チェックアウトも快適です。

良い口コミ:ホテルのバーやレストランを楽しめる


SPGアメックスカードであればホテルによっては、バーのカクテルが一杯無料でいただけるという特典があるホテルもあります。

素敵な空間でゆったりとティータイムを過ごしたい!

そんな時にも、ラウンジでのスイーツメニューをはじめとしたものが15%OFFなど、SPGアメックスカード会員ならではの割引価格でいただくことができたりと、まさに至れり尽くせりです。

SPGアメックスカードの嬉しいメリット・活用法

SPGアメックスカードを持っていて良かった!

SPGアメックスカードの口コミでもありましたが、そう実感することのできるメリットの中で、特に存在感を示しているのがマリオットリワードの『ゴールドエリート資格』と継続特典の『無料宿泊特典』です。

マリオットリワードには、誰でも一度は名前を聞いたことのあるような国内外の一流ホテルが名を連ねていますよ。

他にもANAもJALもカバーしている、利便性抜群のマイル移行も可能です。

SPGアメックスカードならではの嬉しいメリットには、以下のようなものがあります。

  • マリオットリワード『ゴールドエリート』の会員資格
  • 継続特典として無料宿泊特典が毎年もらえる
  • ANAやJALなど約40社のマイルへポイント移行可能
  • ラウンジ利用など空港での特典が充実
  • 自動付帯でも利用付帯でも利用できる海外旅行傷害保険
  • 飛行機が遅延の場合の補償も受けられる
  • 買い物も予約も安心の4つのプロテクションサービス

お得で嬉しい特典だけでなく、海外旅行傷害保険や飛行機遅延時の補償、プロテクションサービスなど大きな安心も旅の満足度・安心感をバックアップしてくれるのです。

マリオットリワード『ゴールドエリート』の会員資格

マリオットリワードの『ゴールドエリート』とは、マリオット系列・旧SPG系列のホテルの上級会員のランクを指します。簡単にいうと『お得意様』といったところでしょうか。

本来は年間25泊と、かなりの宿泊数をこなさないと得られない特別な会員資格です。

そのゴールドエリートの資格が、SPGアメックスカードの会員になるだけで得られるというところにメリットがあります。

ゴールドエリートならではの特典は次の通りです。

  • SPGおよびマリオットリワード参加ホテル利用時に1米ドルごとに12.5ポイント
  • チェックアウト時間が14時まで延長可能
  • 空室があればより良いお部屋にアップグレード
  • 無料高速wi-fi利用可能
  • ポイントによるウェルカムギフト(250~500ポイント)

 

旧SPG・マリオットリワード参加ホテルでの宿泊ポイントが25%増

旧SPGとマリオットリワード参加のホテルでは、宿泊ポイントで25%のボーナスがつきます。

  • 通常:1米ドルごとに10ポイント
  • ゴールドエリート:1米ドルごとに12.5ポイント

ゴールドエリート会員資格によって、宿泊の度にますますポイントを容易に貯められるのが嬉しいポイントです。

14時までのレイトチェックアウト

ゴールドエリート会員は、14時までのレイトチェックアウトを利用できます。

  • 旅の疲れをホテルでゆったりと癒したい
  • 出立直前まで快適な部屋で仕事を進めたい

たとえば上記のようなシーンも、ゴールドエリート資格がサポートしてくれます。

以前は16時までのレイトチェックアウトだったのですが、SPGとマリオットの合併によりゴールドエリート会員特典が変更になり現在の14時までとなりました。

空室があれば『エンハンスドルーム』へのアップグレード

エンハンスドルームというのは、『より良いお部屋』のことを指します。

無料でスイートルームにアップグレード、という訳にはいかないのですが空室がある場合には、下記のようなアップグレードが利用可能です。

  • より上層階へのアップグレード
  • 眺望の良い部屋へのアップグレード
  • 角部屋
  • 新規改装した部屋

眺望の良い部屋は、旅の思い出をより印象深く彩ってくれますし、角部屋で物音をなどを気にせずにゆったりとくつろぐのも素敵ですね。

  • アロフト(AloftSM)
  • エレメント(ElementSM)
  • オンライン旅行業者(第三業者)などからの予約時

上記の場合にはエンハンスドルームの利用はできないので、ご注意ください。

快適な無料高速wi-fi

出張時には、ホテルのお部屋でインターネットを利用して仕事をすることもあるでしょう。

プライベートの旅行でも次の行き先の情報収集をしたり、動画をチェックしたりなど、現代社会では旅先でも快適なインターネット環境は必須といえます。

ゴールドエリート会員の場合は、プレミアムwifiを利用することが可能です。通信制限などを気にせずに、必要なだけ思う存分、旅先・出張先でインターネットを活用できますよ。

ポイントによるウェルカムギフト(250~500ポイント)

ゴールドエリート会員は、ポイントによるウェルカムギフトを受け取ることが可能です。

もちろん通常の宿泊ポイントとは別に、ポイントの上乗せがあります。

  • ブランドによって250~500ポイント
  • 通常の宿泊ポイントにさらに上乗せされる

 

継続特典として無料宿泊特典が毎年もらえる

SPGアメックスカードの大きなメリットに、毎年の継続でもらえる『無料宿泊特典』があります。

カード会員を継続するだけでマリオット系列の高級ホテルに無料宿泊ができるというのですから、旅好きな方にとってはそれだけでもSPGアメックスカードを所持する価値がありますよね。

  • 毎年継続で宿泊用に50,000ポイントプレゼント
  • 利用期限は1年間
  • 50,000ポイントは分割して利用することはできない
  • 一泊一室2名まで利用可
  • イベント開催期間中・年末年始・祝日などもOK

この無料宿泊特典の嬉しいポイントは、『利用できない期間』が設定されていないというところにあります。

やはり旅行の機会が多いのはまとまった時間の取りやすい年末年始・祝日の他、イベントを観覧・参加するための旅行ということもあるでしょう。

せっかくの特典も活用できなければ意味がありませんが、SPGアメックスカードの特典ならスタンダードルームに空きがある限り、いつでも利用可能です。

ANAやJALなど約40社のマイルへポイント移行可能

マイルを貯めたいけれど、ANAへもJALへも交換できるクレジットカードがいいな。

何枚もマイル用のクレジットカードを持つと年会費がもったいないかも…。

SPGアメックスカードなら、国内線のANAやJALはもちろんのこと世界中の約40もの航空会社のマイルへポイントを移行することが可能です。

  • 原則3ポイント→1マイルで交換可能
  • 60,000ポイントごとに15,000マイルのボーナス付与
  • マイル移行手数料無料

60,000ポイントまで貯めてからマイルへ移行すると、100円(=3ポイント)につき1.25マイルの価値で交換できたことになります。

マイル移行時には、ポイントを60,000ポイントまで貯めてからの交換が絶対におすすめです。

SPGアメックスカードのポイントを移行できる航空会社

ここからは、SPGアメックスのポイントをマイルへ移行することのできる航空会社をご紹介します。

  • ANA
  • JAL
  • エーゲ航空
  • アエロフロート ・ ロシア航空
  • アエロメヒコ航空
  • エアカナダ航空
  • 中国国際航空
  • エールフランス
  • アラスカ航空
  • アリタリア航空
  • アメリカン航空
  • アジア・マイル
  • アシアナ航空
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • 中国東方航空
  • 中国南方航空
  • コパ航空
  • デルタ航空
  • エミレーツ
  • エティハド航空
  • フロンティア航空
  • 海南航空
  • ハワイアン航空
  • イベリア航空
  • ジェットエアウェイズ
  • ジェットブルー航空(6:1)
  • 大韓航空
  • ラタム航空
  • アヴィアンカ航空
  • ルフトハンザ航空
  • マルチプラス
  • カンタス航空
  • カタール航空
  • サウジアラビア航空
  • シンガポール航空
  • タイ国際航空
  • サウスアフリカン航空
  • サウスウエスト航空
  • ポルトガル航空
  • ターキッシュエアラインズ
  • ユナイテッド航空(3:1.1)
  • ヴァージンアトランティック航空
  • ヴァージンオーストラリア
  • ニュージーランド航空(200:1)

マイル移行が可能な航空会社の中でも、ユナイテッド航空の3:1.1が一番高レートでの交換となっています。

ジェットブルー航空とニュージーランド航空はポイントからマイルへの交換レートが良くないので、SPGアメックスカードの場合、マイル移行はおすすめしません。

SPGアメックスカードのポイントは、世界のこれだけ多くの航空会社のマイルへの交換が可能ですから、行先・航空会社がその時によってまちまちという方も、ポイントを無駄にすることなく使いこなすことができますよ。

ラウンジ利用など空港での特典が充実

SPGアメックスはホテルでの特典のみならず、国内を中心とした空港ラウンジが利用できたり、空港でのポーターサービスが受けられるなど快適な旅行をサポートする特典が数多くあります。

疲れているのに、帰り道に重いスーツケースを運びたくないなぁ。

自分の車で空港まで来たけれど、空港の駐車場って高いんだよね…。

例えば、上記のようなお悩みも解決してくれるメリットがあるのです。

具体的には、SPGアメックスカードの会員は下記のような特典を利用することができます。

  • 国内を中心とした空港ラウンジ利用
  • 帰国時に手荷物無料宅配
  • エアポート送迎サービス
  • 空港パーキング割引
  • 無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール(国内線)

 

国内を中心とした空港ラウンジ利用

SPGアメックスカードでは、主に国内の主要空港のカードラウンジを本人と同伴者1名まで無料で利用することが可能です。

出発前のひとときをゆっくりとした気持ちで過ごせるのは旅の満足度を高めてくれます。

利用できる空港は以下の通りです。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)
  • 韓国 仁川国際空港

 

手荷物無料宅配サービスなどその他の空港でのサービス

手荷物無料宅配サービスなど空港でのサービス

次の3つの空港を利用する際には、手荷物無料宅配サービスを利用することが可能です。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

帰国時には、空港から自宅までスーツケース一つの無料宅配サービスが利用できます。

空港まで車で行った場合に気になるのがパーキングの料金ですが、提携の駐車場に利用の2日前までに予約をすると最大38%OFFなどの優待が受けられます。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 関西国際空港
  • 福岡空港

エアポート送迎サービス』は、自宅から空港までのタクシー料金が定額で割安になるサービスです。

エアポート送迎サービスは、H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで、日本発着の国際航空券または海外パッケージ・ツアーをご購入いただいた場合に利用できます。

地域は限定となりますが、次の空港で利用することが可能です。

  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

無料ポーターサービス』は、空港の駅改札口またはバス停からチェックインカウンターまでの行き帰りの荷物を専門のスタッフが運んでくれるサービスです。

無料ポーターサービスは次の空港で利用することが可能です。

  • 成田空港第1・第2ターミナル
  • 関西空港

無料ポーターサービスは、前日12:00までに電話連絡をすることで利用できます。成田空港でも第3ターミナルでは利用できないことに気を付けてくださいね。

空港クロークサービス』といって空港内でのショッピングや食事の際に荷物を2個まで預かってもらうことも可能です。下記の空港で利用することができます。

  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

予約時には「アメリカン・エキスプレスのパーキング優待を利用したい。」ということを伝えてくださいね。

自動付帯でも利用付帯でも利用できる海外旅行傷害保険

海外旅行はお手の物!」という方は大丈夫かと思いますが、海外に行く際には『海外旅行傷害保険』に加入しておくことは必須条件です。

海外では日本の健康保険が適用されないので、軽症の病気やケガでも100万円単位のお金が必要になってしまうケースもあります。

そこで、海外旅行傷害保険が付帯のクレジットカードを持っておくことが海外旅行の常識となりつつあるのです。

SPGアメックスカードの場合は、海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険の両方が利用可能となっています。

  • 海外旅行傷害保険は自動付帯と利用付帯で補償額が変わるタイプ
  • 国内旅行傷害保険は利用付帯

海外旅行傷害保険は、SPGアメックスカードを旅行代金の決済に利用しなくても補償を受けることができますが、『利用付帯』の方が補償額が大きく、補償内容も幅広くなります。

国内旅行傷害保険に関しては、利用付帯のみの補償です。

年会費無料カードなどでも海外旅行傷害保険が自動付帯というものもありますが、SPGアメックスカードの場合は家族特約がついているところに優位性があります。

では、具体的な補償金額や内容をチェックしていきましょう。表のカッコ内は、自動付帯時の補償額です。

最初に海外旅行傷害保険の内容を表でご紹介します。

本人会員 会員の家族 家族カード会員
死亡・後遺障害 1億円
(5,000万円)
1,000万円
(同額)
5,000万円
傷害・疾病治療 300万円
(200万円)
200万円
(同額)
300万円
賠償責任 4,000万円
(同額)
4,000万円
(同額)
4,000万円
携行品損害/1旅行中
(免責3,000円・年間100万円)
50万円
(同額)
50万円
(同額)
50万円
救援者費用 400万円
(300万円)
300万円
(同額)
400万円

※()内は自動付帯分の補償/()がない場合は自動付帯の補償なし

次に、国内旅行傷害保険の内容です。国内旅行傷害保険は、SPGアメックスカードを利用して旅行代金や交通費を決済した場合に補償が適用されます。

本人会員 会員の家族 家族カード会員
死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円 5,000万円

 

飛行機が遅延の場合の補償も受けられる

海外旅行傷害保険が付帯しているのは、SPGアメックスカードと同じクラスの年会費のクレジットカードではもはや当たり前と言って良いでしょう。

SPGアメックスカードの場合には、飛行機が遅延した場合の補償も受けることが可能です。

飛行機が遅れると、空港内のホテルに泊まらなければならなくなったり、食事を手配したりとお金がかかりますよね。また、手荷物が遅れたり、失くなってしまうと代わりの物を用意するのにお金が必要です。

このように、飛行機が遅れたり荷物が届かなかったりなどのトラブル時に、必要となる費用を補償してくれるサービスがSPGアメックスカードにはあります。

  • 乗り継ぎ遅延費用:最大2万円
  • 出航遅延・欠航・搭乗不能費用:最大2万円
  • 受託手荷物遅延費用:最大2万円
  • 受託手荷物紛失費用:最大4万円

乗り継ぎ遅延費用は、乗り継ぎ予定の便が4時間以上遅れて到着した際に補償を受けることができます。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用は、搭乗予定の飛行機が4時間以上の出航遅延・欠航・ミスなどのトラブルで搭乗不能となった際の補償です。

受託手荷物遅延費用は、目的地についてから預けた手荷物が6時間以内に到着しなかった場合の補償となります。

受託手荷物紛失費用は、目的地についてから48時間以内に手荷物が届かなかった場合の補償です。この場合は、手荷物を紛失したとみなして補償されるということになります。

買い物も予約も安心の4つのプロテクションサービス

SPGアメックスカードの会員になると、4種類のプロテクションサービスが利用できます。

  • ショッピング・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション

それぞれの補償内容は以下の表の通りです。

内容
オンライン・プロテクション カードの不正利用を60日間さかのぼって補償。
リターン・プロテクション ・商品の返品を販売店が受け付けない場合の補償
・未使用の商品の場合に補償
・購入日から90日以内
・1商品3万円まで/年間15万円まで
ショッピング・プロテクション ・購入した物の偶然の事故による損害を補償
・購入日から90日以内
・年間500万円まで
キャンセル・プロテクション ・本人や家族の死亡・急病などによるキャンセル費用の補償
・社命出張によるキャンセル費用の補償
・年間合計10万円まで
・ケガによる通院の場合年間3万円まで
・社命出張によるものは年1回まで

現在多くのクレジットカードでオンライン・プロテクションのような不正利用の補償が利用できますが、返品やキャンセル費用についての補償を備えているカードはAMEX以外ほとんどありません。

特に『キャンセル・プロテクション』はアメックス以外のクレジットカードではなかなか見かけることのない、独自性のある補償ですね。

何のトラブルもない時にはプロテクションについて考えることは少ないかもしれません。しかし、思わぬトラブル時に頼りになるのもアメックスならではの魅力といえます。

SPGアメックスカードの気になるデメリット

SPGアメックスカードは、クレジットカード決済をするだけでマリオット・インターナショナルのホテルで使ったり、マイルに交換できるポイントがハイペースに貯まっていきます。

しかし、SPGアメックスカードのような年会費が高額なカードの傾向として「持っている人のライフスタイルとの相性」が非常に重要という側面があるのです。

特典により高額な年会費の元が取れるということは、言うまでもありませんが、それも特典に価値を感じてこそ。

SPGアメックスカードの場合、次のような点をデメリットと感じる場合があるでしょう。

  • 年会費が高額
  • 家族カード無料などの特典はなし
  • 電子マネーへのチャージでポイント付与なし

 

年会費が高額

SPGアメックスカードの年会費は、33,480円(税込)です。年会費無料カードが数多くある中で、この年会費はかなり高額といえますね。

同じような価格帯の年会費のカードには、例えば次のようなクレジットカードがあります。

上記の同じような価格帯のカードは、どれもゴールドカードの部類ですね。

比較してみても分かる通り、SPGアメックスカードは年会費を払っている分、充実した特典が利用できるというタイプのクレジットカードです。

実際は、継続特典の無料宿泊特典などで簡単に年会費の元は取れます。しかし、特典面で大きな価値を感じないという場合にはこの年会費はデメリットとなるでしょう。

家族カード無料などの特典はなし

ゴールドカードや年会費の高額なクレジットカードでも、家族カードが1枚無料という特典はよくみられます。

しかし、SPGアメックスカードの場合には家族カードにも初年度無料や1枚目無料などの優遇はありません。初年度から家族カード会員も16,740円(税込)の年会費が必要です。

ただし、家族カードを発行しても無料宿泊特典が2倍になるなどの特典はありませんので、無理に家族カードを発行するメリットは大きくありません。

電子マネーへのチャージでポイント付与なし

SPGアメックスカードからチャージが可能な電子マネーは以下の3種類の電子マネーになります。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA

ただし、上記の電子マネーにチャージをしてもポイントの付与がないという点がデメリットです。

そのためSPGアメックスカードは、電子マネーへのチャージ用のクレジットカードとしては適していません。

電子マネーへのチャージをよく使う方は、年会費無料かつ電子マネーへのチャージでポイントの付与があるクレジットカードを併用すると、より無駄なく電子マネーを活用していくことができます。

SPGアメックスカードの申込み方法

SPGアメックスカードの申込みをするときには、なるべくスピーディでお得な方法で申込みをしたいですよね。

結論からいうと、SPGアメックスカードの申込み方法には大きく分けて二つの方法があります。

  • 公式サイトでネット申込み
  • 空港の勧誘ブースからの申込み

空港の勧誘ブースは、利用客の多い羽田空港・伊丹空港などに設置されていて、アメックスのスタッフが空港利用者に声をかけています。

ただし、公式サイトからのネット申込みの方がキャンペーンでもらえるポイントが多いことがほとんどです。

どうしても対面で申込みをしたい!

という希望がない場合は、お得な公式サイトを利用したネット申込みがおすすめです。

公式サイトでネット申込み

SPGアメックスカードのネットからの申込みは、公式サイトからお好きなタイミングで行うことが可能です。

入力する項目はあまり多くありません。ほとんどの方は5分もかからずに入力し終えて審査の段階に進めます。

ネットでの申込みの場合には、時間を問わずに自分のペースで申込みができ、ネット限定の入会特典も受けられるのがメリットとなります。

  1. 公式サイト』にアクセス
  2. 本人確認情報(名前・生年月日など)を入力
  3. 『ご本人様について』の項目を入力
  4. 『ご連絡先について』の項目を入力
  5. 『ご収入等について』の項目を入力
  6. 内容を確認して申込み

ちなみに連絡先の電話番号が携帯電話だけの方も、携帯電話番号の記入欄だけに電話番号を記入すれば問題ありません。

携帯電話番号だけを入力しても、審査に悪影響はありませんので心配はいりませんよ。

画面の指示に従って漏れなく、正確に情報を入力していきましょう。入力する項目はあまり多くありませんので順調に進めば、5分もかからずに入力が完了します。

また、時間がなくて途中から入力を再開したい場合も途中まで記入したデータが保存されますので続きから入力することが可能です。

空港の勧誘ブースからの申込み

アメックスは、利用客の多い空港を中心に勧誘ブースを設けています。

  • 羽田
  • 成田
  • 新千歳
  • 関西

例えば、上記のような空港が一例となります。

専用ブースの前を通りかかって、声をかけられた経験があるという方もいるのではないでしょうか?もちろん、こちらからスタッフの方に声をかけても大丈夫です。

ブース内で申込書に必要事項を記入していくことになりますが、その場で記入の仕方などを対面で尋ねることができるのが主なメリットになります。

SPGアメックスカードの審査難易度・審査にかかる時間

SPGアメックスカードは、ホテルの上級会員資格をはじめとした豪華な特典が魅力的かつ年会費が高額なクレジットカードです。

SPGアメックスカードに興味があるものの、「自分には縁のないカードなのでは?」と申込みに対して二の足を踏んでいませんか?

SPGアメックスカードは、「年会費が高いから、審査も難しいはず。」というイメージが先行してしまいがちですよね。

しかし、現在安定した継続収入があるという方なら、申し込んでみる価値が十分にあるクレジットカードなのです。

その理由の一つは、SPGアメックスカードの発行元が外資系のアメックスということにあります。

クレジットカードの審査については、一般的に次のように考えられているのです。

  • 日本のクレジットカード会社:過去の実績やクレヒスを重視
  • アメックス:現在の収入など「今」を重視

クレジットカードの審査は、基本的に公式に詳細を明らかにすることはありません。しかし、一般的な傾向をつかんでおくことが重要になります。

無事に審査に通過すると、申込みから長くて2~3週間でSPGアメックスカードが手元に届きますよ。

アメックスの審査基準は現況を重視

SPGアメックスカードの審査基準では、「現在の収入状況」がもっとも注目すべきポイントです。

  • 過去の失敗よりも今の収入状況を重要視
  • 20歳以上で安定した継続収入があること

20歳以上の方で現在会社勤め・自営業などで安定して収入を得ている方なら、過去に何かお金やクレジットカード返済のトラブルがあったとしても大きな問題にはなりません。

それよりも、現在の収入状況やお勤めの状況の方が評価の対象となるのです。

日本のクレジットカード会社は利用履歴・過去の実績を大切にする傾向にあります。

反対に、アメックスなどの外資系のクレジットカード会社は『今の収入・資産状況』をチェックする傾向です。

  • 日本のクレジットカード会社:主に積み上げたクレヒスで判断
  • アメックス:主に現在の収入や資産の状況で判断

アメックスは審査が厳しい!

年会費の高いカードは限られた人のもの。

例えば、このような噂が巷ではささやかれていますが、実際のところSPGアメックスカードは、現在安定収入のある方なら審査にチャレンジする価値のあるカードとなっています。

通常2~3週間程度で発行

無事にSPGアメックスカードの審査に通過すると、申し込みから最大2~3週間で発送されます。

  • 通常申込みから2~3週間で発送
  • タイミングや審査状況により1週間程度で発送される場合もある
  • 急ぐ場合は申込み後にコールセンターに連絡がおすすめ

実際のところは、1週間程度などスピーディに発行される場合もあるのですね。

しかし、ポイントを貯めるチャンスを逃さないためにも大きな買い物・旅行などの予定がある場合は3週間程度の余裕を持っておくことをおすすめします。

SPGアメックスカードを利用して、早速マリオット・インターナショナルのホテルでポイントをしっかり貯めたい!」というように近々旅行の予定がある場合は、下記の連絡先に連絡してくださいね。

カード非会員専用窓口
0120-020222
9:00~21:00(土日祝休)

 

SPGアメックスカードの締め日・引き落とし日

SPGアメックスカードの締め日と引き落とし日は、登録した金融機関によって違います。

最も多いのが次のパターンです。

  • 締め日:毎月19日前後
  • 引き落とし日:翌月10日

最初は上記の日付に設定されている場合が多いのですが、コールセンターに連絡すると変更することが可能な場合があります。

その他のパターンとしては、次のようなパターンがあります。

締め日 引き落とし日
毎月3日前後 毎月21日
毎月7日前後 毎月26日

まだカードを発行していない時点では、自分の締め日と引き落とし日を把握することはできません。

カード発行後に締め日と引き落とし日を確認するのには次の方法があります。

  • 会員専用窓口に電話連絡
  • オンラインサービスで確認

SPGアメックスカードの会員専用窓口は以下の電話番号です。

メンバーシップ・サービス・センター
0120-010120
(通話料無料/9:00~17:00/土日祝休)

オンラインサービスは、こちらの『公式サイト』からログイン可能です。

アメックスの締め日や引き落とし日はこちら

SPGアメックスカードがおすすめな人

SPGアメックスカードは特典が充実していて、年会費の元が簡単に取れてしまう優秀なクレジットカードです。

しかし、『なんとなく』発行するということは絶対にしないでください。

使いこなす自信がある人には、旅行系に強いクレジットカードの中でもイチオシのクレジットカードなのですが、特典との相性が良くないと高い年会費が大きなデメリットなってしまうのです。

一方で、次のような方なら、SPGアメックスカードを使いこなすことができます。まさに、SPGアメックスカードを持っていないと損するよ!という程、価値を感じることができます。

  • 年に一回は高級ホテルを利用する・利用したい人
  • マイル移行先としてJALもANAもどちらも利用したい人

SPGアメックスカードは、高級ホテルを利用する機会が多い・利用したい人や複数の航空会社のマイルを貯めている人に合っているクレジットカードです。

では、それぞれのタイプについて詳しくみていきましょう。

年に一回は高級ホテルを利用する・利用したい人

年に一回でもマリオット・インターナショナルのホテルを利用する人なら、十分に年会費以上の価値は感じることができます。

マリオット・インターナショナルが提供するマリオットリワードには、次のようなホテルブランドがあります。

マリオットリワードの対象となるホテルでは、25%のポイントアップ(1米ドルあたり10ポイント)や無料宿泊特典(50,000ポイントまで)の利用ができるのです。

  • 東京マリオットホテル
  • ザ・プリンス さくらタワー東京 オートグラフ コレクション
  • ザ・リッツ・カールトン東京
  • コートヤード・マリオット銀座東武ホテル
  • コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション
  • 大阪マリオット都ホテル
  • ザ・リッツ・カールトン大阪
  • コートヤード新大阪ステーション
  • 名古屋マリオットアソシアホテル
  • ザ・リッツ・カールトン京都
  • オキナワ マリオット リゾート&スパ
  • ルネッサンス・オキナワ・リゾート
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄
  • 軽井沢マリオットホテル
  • ルネッサンス・リゾート・ナルト
  • 伊豆マリオットホテル修善寺
  • 富士マリオット・ホテル山中湖
  • 南紀白浜マリオットホテル
  • 琵琶湖マリオット・ホテル
  • モクシー東京錦糸町
  • モクシー大阪本町

外資系ホテルだから日本にはあまりホテルがないのでは?」と思っていた方も、上記のラインナップを見れば、日本在住かつ国内旅行中心の方にもメリットがあるということが分かるはずです。

普段はコスパ重視という方も、恋人・配偶者など大切な方にサプライズとして、高級ホテル宿泊に招待するというような使い方も素敵ですね。

また、「たまにの旅行は素敵なホテルで心行くまでゆっくりと過ごしたい。」というようにホテルのクオリティにこだわる方にもSPGアメックスカードは適しています。

外資系のホテルグループですが、日本国内の有名な観光地周辺には数多くのマリオット・インターナショナル系のホテルがあるので、国内旅行中心の方でも使いこなすことができますよ。

マイル移行先としてJALもANAもどちらも利用したい人

アメックス系のクレジットカードは、旅行特典が充実していたり、航空会社との提携カードも多いことから、ポイントをマイルに移行する人が多い傾向にあります。

でも、特定のマイルにしか交換できないことで人によっては不便を感じる場合もあるのです。

  • 普段はANAの利用が多いけれど、今回はJALを使いたい
  • 最近は海外出張が多かったけれど、次の旅行では国内線を使いたい

例えば上記のような場合に、ひとつの航空会社に特化したクレジットカードでは不都合を感じる場合もあります。

さらに、他の航空会社もクレジットカードでカバーしようとすると、更なる年会費やマイル移行手数料が必要になってしまう場合もありますよね。

しかし、SPGアメックスカードの場合は、ANAへもJALへもポイントをマイルに移行することが可能です。

もちろん、海外の航空会社も含めて世界の約40もの航空会社のマイルへポイントを交換することができます。

多彩な航空会社を使いこなしている方にも、SPGアメックスカードはメリットの大きなカードです。

まとめ

SPGアメックスカードは、あなたの旅を素敵にアップグレードしてくれるクレジットカードです。

年会費が3万円を超えることから、年会費無料カードを中心に使ってきた方にとってはハードルが高いと感じるかもしれませんね。

しかし、これから積極的に旅行を楽しんでいきたい、という方の気持ちに答えてくれる一枚でもあります。

色々な航空会社のマイルへポイントをお得に移行したい。

これからはより良いランクのホテルライフを楽しみたい。

そのような思いを持っている方は、ぜひSPGアメックスカードを検討してみてくださいね。

 

 

シェアする
AMEX(アメックス)が年会費無料で持てるセゾン提携カードのおすすめを紹介!|アメックスブランドのおすすめクレジットカード|AMEXの掟