【アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)の口コミ】利用するメリット・デメリットを徹底解説!

 

アメリカン・エキスプレス・カード(以下アメックス・グリーン)は、誰でも一度は持ってみたいステータスの高いカードですね。年会費が高く敷居が高いというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、アメックス・グリーンのメリットとデメリットを解説すると共に、実際に利用している方の評判も紹介しますので、カード選びの参考にしてください。

  1. アメックス・グリーンの特徴
    1. 商品の返品保証があるから安心
    2. 豊富なポイントや景品と交換できるメンバーシップ・リワード
  2. アメックス・グリーンの嬉しいメリット
    1. 最高5,000万円の海外、国内旅行傷害保険がついている
      1. アメックス・グリーンの海外旅行保険
      2. 国内旅行傷害保険もついているから安心
    2. 国内の主要空港のラウンジが同伴者一人まで無料で利用可能
    3. 国内外の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが年会費無料
    4. 海外旅行の際、手荷物を1個無料で空港まで配送
    5. 空港の駅やバス停から空港まで荷物を無料配送
    6. 海外旅行先で日本語でのサポートを受けられる
    7. 海外、国内旅行やホテルが割引になる
    8. 500万円までのショッピングガード保険付き
  3. アメックス・グリーンの気になるデメリット
    1. ポイント還元率はそれほど高くない
    2. 年会費が高い
    3. 家族カードに年会費がかかる
    4. ETCカードに発行手数料がかかる
  4. アメックス・グリーンの口コミ/評判
    1. 良くない口コミ/評判|アメックス・グリーンはポイント還元率が低い
    2. 良い口コミ/評判|海外旅行のサービスが充実している
    3. 良い口コミ/評判|空港ラウンジが利用できる
    4. 良い口コミ/評判|ショッピングにも手厚い補償がある
  5. アメックス・グリーンの申込み方法
    1. 本人確認書類として使える書類
  6. アメックス・グリーンの審査難易度と審査にかかる時間
    1. アメックス・グリーンは信販系の中でも審査に通りやすい
    2. アメックス・グリーンの審査にかかる時間
  7. アメックス・グリーンの締め日と引き落とし日
  8. アメックス・グリーンがおすすめな人
  9. まとめ

アメックス・グリーンの特徴

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

還元率 0.3~0.5%
年会費 12,000円 (税抜)
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
※発行手数料850円(税抜)
家族カード 6,000円(税抜)

アメックス・グリーンの特徴は以下の通りです。

  • カードのステータスが高い
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険付帯
  • 国内の主要空港/海外の一部の空港のラウンジが同伴者一人まで無料で利用可能
  • 海外旅行の際、1個まで手荷物無料で配送(行きと帰り)
  • 500万円までのショッピングガード保険付き
  • 商品の返品補償制度あり(販売店が受け付けない場合)
  • 最寄りの駅やバス停から空港まで荷物を運んでくれるポーターサービスがある
  • Apple Pay対応
  • ETCカードの年会費無料(発行手数料850円)

アメックス・グリーンの年会費は他のカードと比べて高いですが、それに見合うサービスと高いステータスがあります。特に海外・国内旅行の保険が充実しており、家族カード会員も特典が利用できるのが特徴です。

他社のゴールドカード並のサービスが受けられ、海外・国内旅行傷害保険がついており、国内主要空港とハワイ、韓国の空港のラウンジが本人と同伴者一人まで無料で利用できます。

家族カードは年会費がかかりますが、本会員よりは補償額は下がるものの充実した海外・国内旅行傷害保険や、カードで購入した商品が盗難や偶然の事故で破損した場合に補償されるショッピング・プロテクションも付帯しています。

家族カードに付いている補償も大きいため、家族カードを作るメリットは大いにあるでしょう。

また、Apple Payに対応しているため、iPhoneにアメックス・グリーンの情報を入れれば、スマホ1つで買い物することも可能です。ETCカードは発行手数料がかかるものの年会費は無料で利用することができますよ。

商品の返品保証があるから安心

アメックス・グリーンには、『リターン・プロテクション』という商品の返品保証があり、販売店が応じない場合でも、以下の条件に当てはまればアメリカン・エキスプレスが1商品につき最高3万円口座に払い戻ししてくれます。

  • アメックス・グリーンで購入した商品
  • 未使用、破損などがない場合でも販売店が返品に応じない場合
  • 5千円以上の商品

購入した商品を返品したいけれど、販売店が返品に応じてくれないという場合もありますよね。(特別価格で返品不可なものなど)そんな時でも、アメリカン・エキスプレスが1商品につき最高3万円(年間合計で15万円まで)払い戻ししてくれるのです。

他のカードにはなかなかないタイプの補償ですが、ついうっかり不要なものを購入してしまった場合などに便利でしょう。

豊富なポイントや景品と交換できるメンバーシップ・リワード

メンバーシップ・リワード

アメックス・グリーンのポイントは『メンバーシップ・リワード』といい、100円利用につき1ポイント貯まります。貯まったポイントは、航空会社のマイルや、楽天スーパーポイント、Tポイントなどと交換可能です。

以下の航空会社のマイルだと『2,000ポイント=1,000マイル』で交換できます。(メンバーシップ・リワード・プラスに加入していない場合)

  • ANA
  • スカンジナビア航空(SASユーロボーナス)
  • キャセイパシフィック航空(アジアマイル)
  • アリタリアイタリア航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • エールフランス/KLM(フライングブルー)
  • カタール航空
  • シンガポール航空
  • タイ航空
  • チャイナ エアライン
  • デルタ航空
  • フィンエアー
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • ヴァージンアトランティック航空
    (※ただし、ANAのマイルに交換するためには、年会費5,000円のメンバーシップ・リワード ANAコースに加入が必要)

また、アメックス・グリーンのポイントは、以下のポイントへ交換することも可能です。

ポイント/店舗 メンバーシップリワード→各ポイント
楽天スーパーポイント 300ポイント→100ポイント
Tポイント 300ポイント→100ポイント
スターウッド プリファード ゲスト
(ホテル)
2,000ポイント→990ポイント
ヒルトン・オナーズ
(ホテル)
2,000ポイント→1,250ポイント

以下のショップや店舗での支払いに利用することもできます。

ショップ名 メンバーシップリワード→各金額
日本旅行 2,000ポイント→800円分
American Express Safekey
(ネットショッピングでの利用)
1,000ポイント→300円分
ヨドバシカメラ 3,000ポイント→1,000円分の商品券
高島屋 3,000ポイント→1,000円分の商品券
カード利用額へ充てる 3,000ポイント→900円分

楽天スーパーポイント、Tポイントにはどちらも『メンバーシップ・リワード300ポイント=100ポイント』のレートで交換可能です。

他にもポイントは、高島屋やヨドバシカメラで商品券に交換したり、ホテルの宿泊代(ポイントとカード払い併用可能)、または、豊富な商品と交換することができます。

さらに、『メンバーシップ・リワード・プラス』(年会費3,000円/税抜)に加入すると、ポイントや商品の交換レートがグンとアップするので、沢山ポイントが貯まる方は加入した方がお得でしょう。

アメックス・グリーンの嬉しいメリット

アメックス・グリーンには、最高5,000万円の海外・国内傷害旅行保険や、国内主要空港(※ハワイ、韓国にもあり)のラウンジが無料で利用できるなどのメリットがあります。

アメックス・グリーンのメリットは以下の通りです。

  • 最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険付帯
  • 国内の主要空港/海外の一部の空港のラウンジが同伴者一人まで無料で利用可能
  • 国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが年会費無料
  • 海外旅行の際、1個まで手荷物無料で配送(行きと帰り)
  • 最寄りの駅やバス停から空港まで荷物を運んでくれるポーターサービスがある
  • 海外旅行先での日本語サポート
  • 海外/国内旅行やホテルが割引
  • 500万円までのショッピングガード保険付き

それでは、アメックス・グリーンのメリットを順番に解説していきたいと思います。

最高5,000万円の海外、国内旅行傷害保険がついている

アメックス・グリーンには、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険がついています。海外旅行ではちょっとした怪我や病気で病院にかかった場合でも高額になるので、カードに付帯している保険は大切です。

また、アメックス・グリーンは、カードを持っていない家族(配偶者や生計をともにする子供、または、親族)でも、補償の対象となるという点が優れています。

家族、家族カード会員は海外・国内の『傷害死亡/傷害後遺障害』の金額だけ異なりますが、その他は本会員と全く同じ補償内容です。これは、かなりお得でしょう。

アメックス・グリーンの海外旅行保険

アメックス・グリーンの海外旅行傷害保険の補償内容は、以下のようになっています。

補償名 補償額(最高)
傷害死亡/傷害後遺障害 5,000万円
※家族カード会員・家族は1,000万円
傷害治療費用 100万円
疾病治療費用 100万円
賠償責任 3,000万円
携行品損害
(免責金額3,000円)
・1回の旅行中30万円まで
・年間100万円まで
救援者費用等 200万円

※免責金額とは補償を受ける時に支払う手数料のようなもの

基本的な補償内容は、家族・家族カード会員も本会員と同じですが、『傷害死亡/傷害後遺障害』のみ、金額が異なります。しかし、それ以外は全く同じ補償を受けることができるのです。

また、クレジットカードの旅行傷害保険には『自動付帯』と『利用付帯』があり、自動付帯であれば特別な手続きなしで補償が受けられ、利用付帯であれば旅行代金をカードで事前に支払った場合のみ補償の対象となります。

  • 自動付帯:カードを持っているだけで補償対象
  • 利用付帯:カードで旅行代金等の支払いをすると補償対象

アメックス・グリーンは、海外・国内旅行傷害保険ともに利用付帯です。

賠償責任とは、ホテルの備品を壊してしまったなど、賠償金を求められた時の補償で、携行品損害とは、旅行に持っていったもの(カメラなど)が盗難や破損した場合の補償となります。

携行品損害の場合、1事故につき免責金額が3,000円かかりますが、高価なカメラなどが盗難にあった場合のことを考えれば、30万円までの補償は嬉しい限りです。そして、救援者費用とは、現地で病院に入院した際に、日本にいる家族が駆けつける際の費用の補となります。

国内旅行傷害保険もついているから安心

アメックス・グリーンの国内旅行傷害保険の補償内容は、以下のようになっています。

補償名 補償額(最大)
傷害死亡保険 5,000万円
※家族カード会員・家族は1,000万円
後遺障害保険 5,000万円
※家族カード会員・家族は1,000万円

国内旅行傷害保険も利用付帯ですので、宿泊費や交通費をアメックス・グリーンで支払うことが必要です。補償内容が少ないですが、日本国内では国民健康保険が使えるため、医療費はそれほど高額にはなりません。

こちらも、カードを持たない配偶者や生計をともにする家族も対象となっているため、万が一の際に補償されます。

国内の主要空港のラウンジが同伴者一人まで無料で利用可能

アメックス・グリーンは、他社カードではゴールドカードの特典である空港のラウンジが利用できるのも大きなメリットです。また、同伴者が一人まで無料で利用できるのも嬉しいサービスでしょう。

アメックス・グリーンで利用できる空港のラウンジは以下の通りです。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、
  • 仁川国際空港

家族カード会員も無料で上記の空港ラウンジを利用できます。フライトの前に、ゆったりとしたスペースでフリードリンクを飲みながら待つことができるので、旅もより楽しいものになるでしょう。

国内外の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが年会費無料

プライオリティパス

アメックス・グリーンを持っていると、国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスが年会費無料で利用できます。プライオリティパスとは世界中のVIP空港ラウンジが利用できるサービスです。

通常だと、99ドルの年会費がかかりますが、アメックス・グリーン会員だと無料になります。約1万円の年会費が無料になるのは大きいですね。利用するにはカード会員32ドル、同伴者も32ドル払う必要があります。

旅行好きなら、より一層旅の楽しみが増えるでしょう。また、それぞれの空港ラウンジによってサービスが異なりますが、無料のドリンクや軽食はもちろん、スパの利用も可能なので快適な旅を楽しむことができます。

海外旅行の際、手荷物を1個無料で空港まで配送

アメックス・グリーン会員だと、海外旅行の際に行きは自宅から空港まで、帰りは空港から自宅まで手荷物を1つ無料で届けてくれます。

海外旅行だと荷物が多くなることがあると思いますが、大きなスーツケースを空港まで持っていかなくてもいいのは非常に楽ですね。また、帰りも空港から自宅まで手荷物を1つ届けてくれるため、身軽に帰ることができます。

手荷物無料配達サービス対象の空港は以下の空港です。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

家族カード会員も手荷物を1つ運んでもらうことができるので、家族で使えば空港から運ぶ荷物の量もグッと減って、行きも帰りも快適に旅を楽しむことができるでしょう。

※行きの場合には、7日前までに予約すれば自宅まで荷物を取りにきて、空港まで配達してくれる

空港の駅やバス停から空港まで荷物を無料配送

アメックス・グリーンには、ポーターサービスといい、旅行の際に、空港の駅やバス停から空港まで荷物を運んでくれるサービスがついています。

旅行の際には荷物が多くなるため、空港の駅やバス停についてから空港まで荷物を運ぶのも重たいですよね。そんな時に荷物を代わりに運んでもらうことができるのです。

ポーターサービスに対応しているのは以下の空港です。

  • 成田国際空港
  • 関西国際空港

少しの距離かもしれませんが、気分的にも贅沢ですし、フライトの前に疲れずにすむので非常に便利なサービスですね。

海外旅行先で日本語でのサポートを受けられる

海外旅行では、病気や怪我で病院にかかる場合や、レストランの予約で言葉が通じなくて苦労します。しかし、アメックス・グリーンのオーバーシーズ・アシストを使えば24時間日本語でサポートを受けることができるのです。

海外旅行で困った時に、現地からアメリカン・エキスプレスのデスクに電話すると、相談に乗ってくれ、必要な情報を教えてくれるので非常に心強いですね。

海外、国内旅行やホテルが割引になる

AMEXでエクスペディアが8%オフ

アメックス・グリーン会員であれば、Expedia(エクスペディア)で宿泊代金が8%OFFになる、または、海外旅行(航空券とホテル)では、3,750円OFFなどの豊富な割引があります。

Expediaの割引には有効期限がありますが、定期的に割引サービスが実施されているため、お得に旅行を楽しむことができます。Expediaは365日24時間ネットで国内外のホテルを予約できるので非常に便利です。

Expediaの割引サービスは、アメックス・グリーン会員限定の特典です。他にも、アメックス・グリーン会員限定で『アップルワールド』からホテルを予約すると5%OFFとなるサービスもあります。

そして、時間がなくて旅行プランを考えるのが面倒という方に重宝するのが、『H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスク』です。

電話一本で飛行機の手配から宿泊先の予約までしてくれるので、自分にあった旅のプランを予算に応じて組んでくれる有り難いサービスとなっています。

500万円までのショッピングガード保険付き

アメックス・グリーンで購入した商品が盗難や破損した際に、『ショッピング・プロテクション』という最高500万円までの補償があります。

ショッピング・プロテクションを受ける条件は以下の通りです。

  • 購入した日から90日までの事故である
  • アメックス・グリーンで購入した商品
  • 1事故につき免責金額1万円を支払う必要がある

免責金額というのは、補償を受けるために必要な手数料のようなもので、1事故につき1万円支払う必要があるので、実質1万円以上の商品に補償が適応されることになります。

しかし、高額なカメラや家電を購入し、盗難や破損してしまった際に500万円までの補償があるのは有り難いですね。

補償を受けるためには、以下の書類が必要となります。

  • 領収書など商品を購入したことを証明する書類
  • 盗難届出証明、修理見積書、請求書など、損害額を照明する書類

盗難届などは、盗難にあってから警察署でもらう形になりますが、購入した際の領収書などがないと補償を受けられない場合があるので、忘れずに領収書やカードの売上票をとっておきましょう。

アメックス・グリーンの気になるデメリット

充実した旅行保険や購入した商品の補償が大きいアメックス・グリーンにもデメリットがあります。そこで、事前にデメリットを理解しておき、納得した上で申し込みましょう。

アメックス・グリーンのデメリット以下の通りです。

  • ポイント還元率はそれほど高くない
  • 年会費が高い
  • 家族カードに年会費がかかる
  • ETCカードに発行手数料がかかる

ここからは、アメックス・グリーンのデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

ポイント還元率はそれほど高くない

アメックス・グリーンのポイント還元は100円で1ポイントになりますが、貯めたポイントを使う際の価値が実質0.33~0.5%ですので、他のカードと比べると高くはありません。また、有効期限も3年となっています。(※有効期限はポイント交換をすれば延長可能)

しかし、アメックス・グリーンは高いステータスとサービスを受けられるカードです。サービスの点でみると他のカードよりも充実しているため、サービスを徹底的に活用していきましょう。

また、年会費3,000円(税抜)の『メンバーシップ・リワード・プラス』に加入すると、ポイント還元率がグンとアップし、有効期限も無期限になるので、カードの利用額が大きい方はメンバーシップ・リワード・プラスへの加入をおすすめします。

年会費が高い

アメックス・グリーンは年会費が1万2千円(税抜)と高くなっています。年会費が無料のカードも多いので、高いと感じる方もいるでしょう。

しかし、アメックス・グリーンは、他社の発行するゴールドカードと同等または、それ以上のサービスを受けることができます。

ゴールドカードだと、年会費が1万円を超えるカードが珍しくないことを考えると、実はそれほど高額ではないと言えるでしょう。

例えば、空港ラウンジの利用は、他社のゴールドカードに付帯する特典です。また、購入した商品の盗難や破損を保証するショッピング・プロテクションも、年間500万円までのビッグな補償金額となっています。

他にも、空港まで荷物を運んでくれるポーターサービスや、手荷物無料配送などのサービスがあるので、年会費に見合う質の高いサービスが受けられるのがアメックス・グリーンです。

家族カードに年会費がかかる

アメックス・グリーンは家族カードも6,000円(税抜)の年会費がかかります。しかし、家族カード会員もほぼ本カードと同じ旅行傷害保険がついているのです。

  • 国内外旅行保険
  • 空港ラウンジ同伴者1名無料
  • ショッピング・プロテクション付帯

国内・海外旅行傷害保険の場合、『傷害死亡・傷害後遺障害』の金額は下がるものの、その他の補償は家族カード会員も本会員と同じ額の補償を受けることができます。また、家族カード会員も空港ラウンジを無料で同伴者一人まで利用することが可能です。

他にも購入した商品の破損や盗難を年500万円まで補償するショッピング・プロテクションや、旅行の際に空港まで手荷物を1個配送してもらえるサービスが、家族カード会員でも利用できます。

確かに家族カードの年会費は安くはないですが、多くのサービスを受けられるので、2枚アメックス・グリーンを作るよりもお得でしょう。

ETCカードに発行手数料がかかる

アメックス・グリーンはETCカードに850円(税抜)の発行手数料がかかります。ETCカードが完全に無料で使えるカードもあるためこれは、多少のデメリットと言えるかもしれませんね。

ただ、年会費は無料となっているため、発行手数料さえ払えばその後は無料でETCカードを利用することができます。

アメックス・グリーンの口コミ/評判

ここまでは、アメックス・グリーンのメリットとデメリットについて紹介してきましたが、クレジットカードの本当の使い勝手を知るには、実際に使っている方の評判を知るのが1番の近道です。

そこで、アメックス・グリーンを実際に使っている方のネット上の口コミを紹介しますので、しっかり見ていきましょう。

良くない口コミ/評判|アメックス・グリーンはポイント還元率が低い

まず、最初に紹介するのは、アメックス・グリーンのポイント還元率に関する評判です。以下、Yahoo!知恵袋やツイッターから引用しています。

やはり他社と違ってポイントの
還元率が良くありません。

出典:Yahoo!知恵袋

 

確かにアメックス・グリーンは、ポイント還元率が高くはありません。しかし、その分、アメックス・グリーンには充実した旅行保険と、購入した商品に対する手厚い補償があります。

ポイントは貯まりにくくても、安心と安全を手に入れられるというメリットをいかして、生活のパートナーとして存分に活用していきましょう。

良い口コミ/評判|海外旅行のサービスが充実している

次に紹介するのは、アメックス・グリーンの海外旅行のサービスに関しての評判です。以下、Yahoo!知恵袋から引用しています。

海外旅行やレストランで食事を楽しむ場合は色々な付帯サービスがあって便利ですし、年会費に見合う物が沢山あって良いカードだと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

 

私の考えるアメックスの魅力は、海外関係のサービスの充実です。保険も豊富ですが、渡航する際の各種手配やサービスは優れていると感じます。

出典:Yahoo!知恵袋

 

旅行などでは欠航やロストバゲッジ、盗難紛失など損害などの補償はもちろん海外でのカード紛失時、当日に新しいカードをホテルに届けてくれたのは本当に助かりました。空港までのタクシー、手荷物送付サービスは便利です

出典:Yahoo!知恵袋

 

一番魅力的なのは、トラブル時の対応が他社よりも素早いです。
海外旅行や海外出張をされる方には、アメックスの威力と、持って
おいてよかったと言う安心感があります。
特に海外旅行の場合、レシートと請求金額が違うことって、よく
あるんですよね。その場合でも他社は、金額修正してくれるのに
何週間もかかるんですが、アメックスは翌日か翌々日には解決
してくれます。
また、旅行中にカード紛失した時もアメックスの場合、瞬時に再発行
してくれ、帰国時に改めて発行しなおす必要はなく、有効期限まで
そのまま使うことが出来ます。

出典:Yahoo!知恵袋

アメックス・グリーンなら、空港へ持っていく手荷物を1つ無料で行きは自宅から空港まで、帰りは空港から自宅まで送ってくれるため、少ない荷物で身軽に移動することができます。

また、海外旅行で予期せぬトラブルにあった際にもアメックス・グリーンを持っていると、すぐに対応してくれるので安心です。海外では言葉が通じないのと、助けてくれる人がいないため、これは非常に大きなメリットでしょう。

アメックス・グリーンは海外旅行保険も充実しているため、万が一病気や怪我で現地の病院にかかった場合でも、費用はアメックスが負担してくれます。

良い口コミ/評判|空港ラウンジが利用できる

次に紹介するのは、アメックス・グリーンの空港ラウンジの利用についての評判です。以下、Yahoo!知恵袋やツイッターから引用しています。

旅行保険やデスクでの手配、空港ラウンジ利用など旅行(特に海外)での強みはあります

出典:Yahoo!知恵袋

他社のゴールドカード並みのサービスを受けられるのが、アメックス・グリーンです。空港のラウンジも同伴者一人まで無料で利用することができます。フライトの前にのんびり休むことができるので、旅がより楽しくなるでしょう。

良い口コミ/評判|ショッピングにも手厚い補償がある

次に紹介するのは、アメックス・グリーンのショッピングの補償に関する評判です。以下、Yahoo!知恵袋から引用しています。

またショッピングや旅行時の損害補償も、手厚く補償してくれます。

出典:Yahoo!知恵袋

 

保険と補償はとても良いです→家電など延長保証などついてきますし、壊れた紛失したなども補償があります。

出典:Yahoo!知恵袋

アメックス・グリーンなら、商品が購入日から90日以内に盗難・破損した場合に、年500万円までの補償が受けられます。国内だけではなく海外でも補償が受けられるので、海外旅行でも効力を発揮します。

アメックス・グリーンの申込み方法

アメックス・グリーンはインターネットから簡単に申し込みできます。また、当サイトから申し込んだ場合『初年度年会費が無料』になります。

アメックス・グリーンの申し込み手順は以下の流れです。

  1. 公式サイトのアメックス・グリーンページの『お申込みはこちら』ボタンを押す
  2. 名前や住所、収入、職業などの必要事項を記入する
  3. 審査が10日程度で行なわれる
  4. カードが本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で自宅に送付される
  5. 本人確認書類を提示し、カードを配達員から受け取る
  6. 銀行口座の設定をオンラインでしていない場合は、口座の設定をする

以上のような流れになります。6の銀行口座の設定はすでにオンライン申し込みの際に済んでいる場合は不要です。

本人確認書類として使える書類

アメックス・グリーンは、本人限定受取郵便(特定事項伝達型)で自宅に送られるため、本人確認書類を提示し配達員から受け取る必要があります。

本人確認書類として使えるものは以下の書類です。

  • 運転免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し(発行日より6ヶ月以内のもの/マイナンバーが記載されていないもの)

アメックス・グリーンが届いた際には、以上の書類を提出して受け取りましょう。

アメックス・グリーンの審査難易度と審査にかかる時間

アメックス・グリーンは、審査が厳しいというイメージがありますが、普通に仕事をしていれば審査を通過できる可能性が高いカードです。

アメリカン・エキスプレスは、信販系という分類に入り、信販会社(自社でカードを発行する会社)が発行するカードとなります。高いステータスが売りですが、実は審査を通過するのはそれほど難しくはありません。

アメックス・グリーンは信販系の中でも審査に通りやすい

クレジットカードには大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • 銀行系:銀行がカードを発行
  • 信販系:信販会社がカードを発行
  • 流通系:家電量販店やスーパーなどがカードを発行

銀行系は1番審査が厳しく、その次に審査が厳しいのが信販系です。アメックス・グリーンは信販系のため、銀行系よりは審査のハードルは高くありません。

また、カードの審査には信用情報機関というクレジットカードやローンの利用履歴(遅延や延滞、カードの申し込みなど)が全て記録されている機関の情報が参考にされます。

アメックス・グリーンは、現状どのような状態であるかを重視するため、過去の記録に審査に不利な点があっても審査を通過することがあるのです。

しかし、他の信販系(JCBなど)は、過去の記録に不利な情報があると審査に通過することは非常に難しくなります。

そういう点からも、アメックス・グリーンは、そこまで審査のハードルが高くないカードと言えるでしょう。

アメックス・グリーンの審査にかかる時間

アメックス・グリーンは審査に10日程度かかり、申し込んでから自宅に届くまで、2~3週間程度かかります。(※即時審査が通過すれば3営業日程度で届くことも)

基本的には上記のスケジュールで、審査とカードの発送が行われますが、どうしても急いでいる場合には、アメリカン・エキスプレスに電話してカードの発送を早めてもらうことも可能です。

しかし、カードを早く発送してもらうためには審査にすんなりと通る必要があるため、近々旅行などで使う予定がある場合には、余裕をもって申し込みましょう。

アメックス・グリーンの締め日と引き落とし日

アメックス・グリーンの締め日と引き落とし日は、指定する金融機関によって異なるため、アメリカン・エキスプレスに電話して確認する必要があります。

例えば、三菱UFJ銀行の場合は以下のようになります。

  • 締め日:2日
  • 引き落とし日:21日

三井住友銀行の場合以下のようになります。

  • 締め日:5、6、7日のいずれか
  • 引き落とし日:26日

住信SBIネット銀行の場合は以下の通りです。

  • 締め日:18~21日
  • 引き落とし日:翌月10日

以上のように銀行によって異なるため、他の銀行で引き落としを希望される方はアメリカン・エキスプレスに問い合わせるか、入会後にWEBページで確認できます。

また、銀行によっては締め日が複数用意されているところもあるため、都合が悪い場合には後から変更してもらいましょう。

アメックスの締め日や引き落とし日、再引き落としについてはこちら

アメックス・グリーンがおすすめな人

アメックス・グリーンは高いステータスとサービスを受けたい方や、よく旅行に行く方などにおすすめのカードです。

アメックス・グリーンは以下のような方におすすめします。

  • 高いステータスのカードが欲しい
  • 旅行保険が充実しているカードが欲しい
  • よく旅行に行く/より旅行を快適に楽しみたい
  • 購入した商品の補償が手厚い方がいい
  • 家族にも手厚い補償が欲しい
  • 空港ラウンジを利用したい
  • 貯まったポイントを自由に使いたい

アメックス・グリーンは、高いステータスがあり、ひと目見て分かりやすいデザインのため、どこで使っても一目置かれることでしょう。さらに、他社のゴールドカード並みのサービスが付帯しています。

空港ラウンジの利用や、手荷物配達サービス、最大5,000万円の国内・海外旅行傷害保険など、旅行が好きな方や、これから旅行に行く予定がある方に嬉しいサービスが充実しているのもアメックス・グリーンの特徴です。

他にも、購入した商品が盗難、破損した場合には年間500万円の補償が受けられるので、高価な商品も安心して購入することができます。

まとめ

アメックス・グリーンは、年会費は高いですが、最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険や、購入した商品の盗難・破損を年間500万円まで補償してくれるなど、年会費に見合ったサービスが付帯しています。

他社のゴールドカード並みのサービスが受けられるため、実はそれほど年会費が高額なわけではないと言えるでしょう。そして、当サイトから申し込むと『初年度年会費が無料』になるため、一度サービスを利用してみることをおすすめします。

高いステータスと、独自の便利で質の高いサービスがあるため、ぜひ、アメックス・グリーンを手に入れて、アメックスのサービスを経験してみましょう。

初年度が年会費無料で使えるおすすめのアメックスプロパーカードはこちら