アメックス・ゴールドカードで使える空港ラウンジを紹介|プライオリティパスで更に広がる!

 

楽しい旅の充実度をさらに高めてくれる空港ラウンジの無料特典。

空港ラウンジ特典の有無に重きを置く方であれば、空港ラウンジが利用できない旅など考えられない!と思う方もいるのではないでしょうか。

さて、そんな方の満足度を最大限に高めてくれるのがアメックス・ゴールドカードで得られる空港ラウンジ特典です。

アメックス・ゴールドカード1枚を備えておくだけで、国内の主要空港ラウンジはもちろんのこと、プライオリティ・パスで世界中のラウンジを堪能することも可能となります。

早速、アメックス・ゴールドカードで得られる空港ラウンジ特典の詳細に迫っていくことにしましょう。

アメックス・ゴールドカードで国内主要空港ラウンジが使える!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%
年会費 初年度:無料
2年目以降:31,320円(税込)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:918円(税込)
年会費:無料
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:12,960円(税込)

アメックス・ゴールドカードは31,320円(税込)と決して安くはない年会費が必要となるクレジットカードですが、初年度については無料で持つことが可能です。

また、特筆すべきは、本会員と大差ないスペックを備えているにもかかわらず、1枚目については無料で持つことができる家族カードの存在です。

家族の中に1人でも18歳以上の方がいるのであれば、迷わず家族カードも合わせて作成しておきたいですね。

アメックス・ゴールドの家族カードを絶対に持つべき理由はこちら

アメックス・ゴールドカードで使える国内主要空港ラウンジ

さて、それではアメックス・ゴールドカードで利用可能な主要空港ラウンジを具体的にみていくことにしましょう。

アメックス・ゴールドカードを所持していれば、以下の国内主要ラウンジが回数無制限で使い放題となります。

  • 新千歳空港/スーパーラウンジ
  • 函館空港/ビジネスラウンジ『A Spring』
  • 青森空港/エアポートラウンジ
  • 秋田空港/ロイヤルスカイ
  • 仙台空港/ビジネスラウンジ
  • 羽田空港/Sky Lounge・第1ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE・第2ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE
  • 成田国際空港/IASS EXECUTIVE LOUNGE1・IASS EXECUTIVE LOUNGE2
  • 新潟空港/エアリウムラウンジ
  • 富山空港/ラウンジらいちょう
  • 中部国際空港/プレミアムラウンジセントレア
  • 小松空港/スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港/ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港/比叡・六甲・アネックス六甲・金剛
  • 神戸空港/ラウンジ神戸
  • 岡山空港/ラウンジマスカット
  • 広島空港/ビジネスラウンジもみじ
  • 米子空港/ラウンジDAISEN
  • 山口宇部空港/きらら
  • 高松空港/ラウンジ讃岐
  • 松山空港/ビジネスラウンジ・スカイラウンジ
  • 徳島空港/エアポートラウンジヴォルティス
  • 北九州空港/ラウンジひまわり
  • 福岡空港/くつろぎのラウンジTIME・ラウンジTIMEインターナショナル
  • 長崎空港/ビジネスラウンジアザレア
  • 大分空港/ラウンジくにさき
  • 熊本空港/ラウンジ『ASO』
  • 鹿児島空港/スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港/ラウンジ華〜hana〜

ご覧の通り、国内を経由する旅行においては、空港ラウンジを利用できない旅がないほどに、利用可能なラウンジが幅広く網羅されています。

本特典が付帯しているだけで、早く旅に出たくてたまらなくなりそうですね。

アメックス・ゴールドカードなら同伴者もラウンジ無料

アメックス・ゴールドカードの何が素晴らしいかと言えば、カード会員はもちろんのこと、同伴者も1名までであれば空港ラウンジ無料特典にあやかることができるのです。

親しい友人や恋人と一緒に旅行している際に、自分一人だけラウンジルームを満喫するのは何かと気が引けますよね。

しかしながら、アメックス・ゴールドカードはあなたにそんな気まずい思いはさせません。二人で仲良く、ゆったりと上質な時間をラウンジで過ごすことが可能です。

ちなみに、ラウンジルームで得られる特典には以下のようなものがあります。

  • ドリンク無料
  • 軽食
  • 新聞や雑誌の閲覧
  • 個人ロッカーの利用
  • フライトインフォメーション
  • TV視聴
  • パソコン利用
  • 無線LAN利用
  • マッサージチェア
  • コピーやFAXの利用
  • 携帯充電器
  • 手荷物一時預かり
  • 喫煙ルーム
  • 多機能トイレ

利用可能な施設や設備はラウンジによって異なります。どのラウンジにどのサービスが対応しているかを知りたい方は、以下の公式ホームページで確認してみてくださいね。

アメリカン・エキスプレス空港ラウンジ

アメックス・ゴールドカードで使える海外空港ラウンジ

さて、続いてはアメックス・ゴールドカードで使える海外空港ラウンジにも目を向けていけていきましょう。

国内のありとあらゆる空港で自由にラウンジが利用できることはわかりましたが、海外のラウンジも合わせて利用できるに越したことはないですよね。

海外においては、どの国のラウンジが対象となっているのでしょうか。

デフォルトで使える海外空港ラウンジは2箇所

アメックス・ゴールドカードを作成した時点で使えるようになる海外空港ラウンジは以下の2箇所です。

  • ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港/IASS EXECUTIVE LOUNGE
  • 仁川国際空港/MATINA

国内で利用できるラウンジと比較すると数は少ないですが、ハワイや韓国など日本人に人気の国においてもラウンジが利用できるのは嬉しいですね。

もちろん、上記の海外空港ラウンジにおいても、同伴者1名までは無料で活用することができますよ。

海外空港ラウンジで無料となるサービス内容

各海外空港ラウンジで無料となるサービス内容は以下の通りです。

ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港

  • ソフトドリンク(フリードリンク)
  • 日本語の新聞等の閲覧
  • 無線LAN接続

仁川国際空港

  • ソフトドリンクまたはアルコール1杯無料
  • 雑誌等の閲覧

利用できる空港数・サービス内容ともに国内と比べると見劣りしますね。」と少しでも思われたアナタ。

そんな方には、以下で紹介するプライオリティ・パスの活用がおすすめですよ。

プライオリティ・パスに登録で世界中の空港ラウンジが利用可能!

さて、本記事最終項では、世界中を飛び回りながらありとあらゆる国の空港ラウンジを利用したい方にぴったりなプライオリティ・パスについて解説していきたいと思います。

前述した通り、アメックス・ゴールドカードを作成した時点においては、海外で利用できる空港ラウンジは以下の2箇所のみです。

  • ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港/IASS EXECUTIVE LOUNGE
  • 仁川国際空港/MATINA

しかし、プライオリティ・パスにさえ登録すれば、利用可能な海外空港ラウンジは一気に拡大します。

海外へ飛び立つ機会が多い方はぜひ、以下の内容に目を通していただき、アメックス・ゴールドカードに付帯しているプライオリティ・パスの特典を十二分に活用してみてください。

プライオリティ・パスなら国内外1,200箇所以上のVIPラウンジが利用可能

プライオリティパス

1,200箇所!?一桁間違ってませんか?

そんなふうに思われる方もいるかもしれませんが、桁数はきちんと合っています。

なんと驚くべきことに、プライオリティ・パスに入会すれば、世界1,200箇所を超える空港ラウンジを活用することができるのです。

ちなみに、主要な国・地域としては、以下のような空港でラウンジが利用可能となります。

日本

  • 成田空港

中国

  • 北京首都国際空港
  • 上海浦東国際空港
  • 広州白雲国際空港

香港

  • チェクラップコク国際空港

韓国

  • ソウル・仁川国際空港
  • ソウル・金浦国際空港

マカオ

  • マカオ国際空港

シンガポール

  • チャンギ国際空港

タイ

  • バンコク・ドンムアン国際空港
  • バンコク・スワンナプーム国際空港
  • プーケット国際空港

インドネシア

  • バリ・ングラ・ライ国際空港

フィリピン

  • マクタン・セブ国際空港

アメリカ

  • ニューヨーク・ジョン・F・ケネディ国際空港
  • ロサンゼルス国際空港
  • アトランタ国際空港
  • シアトル・タコマ国際空港
  • シカゴ・オヘア国際空港
  • サンフランシスコ国際空港
  • ミネアポリス・セントポール国際空港
  • ボルチモア・ワシントン国際空港
  • ホノルル国際空港
  • グアム国際空港
  • ラスベガス国際空港

カナダ

  • バンクーバー国際空港
  • トロント・レスター・B・ピアソン国際空港

オーストラリア

  • シドニー・キングスフォード・スミス国際空港
  • メルボルン空港
  • ブリスベン国際空港

ニュージーランド

  • オークランド国際空港

イギリス

  • ロンドン・ヒースロー空港
  • ガトウィック空港

フランス

  • パリ=シャルル・ド・ゴール空港

オランダ

  • アムステルダム・スキポール空港

ドイツ

  • フランクフルト・アム・マイン国際空港

スペイン

  • バルセロナ・エル・プラット国際空港

イタリア

  • ローマ・フィウミチーノ空港
  • ミラノ・マルペンサ空港

さて、ここでプライオリティ・パスの利用に際する高額な費用をイメージされる方がいるのも当然かと思いますが、アメックス・ゴールドカードのユーザーは以下の条件でプライオリティ・パスの利用が可能となります。

  • 通常99米ドルのプライオリティ・パス・メンバーシップに年会費無料で登録可
  • 1回32米ドルの利用料金が年間2回まで無料

そう。年2回までの利用であれば完全無料でプライオリティ・パスの特典を享受することができる仕様なのです。

これなら登録しない手はない!」と感じる方も多いことでしょう。

プライオリティ・パスで利用可能なVIPラウンジは充実度が違う

さすがに本来99米ドルが必要となる年会費有料のプライオリティ・パスで利用できるVIPラウンジとなると以下の通り、通常の空港ラウンジとはわけが違います。

  • 世界130ヵ国、1,200ヶ所以上のラウンジを利用可能
  • 対象となる利用者が比較的少なく、優雅なひとときを過ごすことができる
  • 航空会社運営のVIPラウンジ(シャワー室完備など)を含めて利用可能
  • 手荷物検査後のVIPラウンジも含めて利用可能

上記に加え、レストランやスパ周りでもメリットを享受できるのがプライオリティ・パスのアドバンテージです。

たとえば国内での例をあげると、関西国際空港の『ぼてじゅう』においては、3,400円の割引を受けることが可能です。

プライオリティパスでぼてじゅうが無料

プライオリティパスで無料に。

こうしたちょっとした知識を備えておくだけで、トータルで得られる節約効果に大きな差がつきますよね。

少しでも海外を訪れる機会がある方はぜひ、アメックス・ゴールドカードを作成するとともに、プライオリティ・パスの登録手続きも進めると良いでしょう。

プライオリティ・パスで利用可能な国内主要ラウンジ

さて、本記事最終項では、プライオリティ・パスで利用可能な国内主要ラウンジについて確認しておきましょう。

プライオリティ・パスを導入することで、以下のような国内空港ラウンジが利用可能となります。

関西国際空港(第1ターミナル)

  • KAL BUSINESS CLASS LOUNGE

東京・成田国際空港

  • IASS EXECUTIVE LOUNGE(第1ターミナル)
  • IASS EXECUTIVE LOUNGE(第2ターミナル)
  • KAL BUSINESS CLASS LOUNGE(第1ターミナル)
  • T.E.I. LOUNGE(第1ターミナル)
  • T.E.I. LOUNGE(第2ターミナル)

福岡国際空港

  • KAL LOUNGE(国際線ターミナル)

名古屋・中部国際空港

  • CENTRAIR GLOBAL LOUNGE
  • KAL LOUNGE
  • STAR ALLIANCE LOUNGE

利用可能時間・享受可能なサービスは各ラウンジによって異なります。

詳細は以下の公式ホームページでチェックできるため、旅立つ前に一瞥しておくと良いですね。

プライオリティ・パス公式サイト

まとめ

アメックス・ゴールドカードは初年度無料で持つことができるアメックスプロパーのゴールドカードであり、プライオリティ・パスの特典を踏まえると、世界中のありとあらゆる空港ラウンジを堪能することができます。

アメックス・ゴールドカードはまさに、国内外を問わず、旅行頻度が多い方にぴったりの1枚と言えるのではないでしょうか。

少しでも空港ラウンジ特典の魅力に惹かれた方はぜひ、初年度無料特典を活用し、アメックス・ゴールドカードを作成してみてくださいね。

初年度年会費無料で持てるおすすめアメックスプロパーカードはこちら