アメックス・ゴールドカードの家族カードは1枚目無料|内縁者でも発行可能

 

チラリと財布から覗くだけでステータス性が漂うアメックスプロパー。そんなアメックスプロパーの中でも存在感を放つのがアメックス・ゴールドカードです。

ここでは、アメックス・ゴールドそのものの充実度について紹介する他、家族カードがいかに価値の高い一枚かを解説していきたいと思います。

この家族カード、実は内縁者でも発行可能なクレジットカードなのです。

アメックス・ゴールドカードの家族カードは1枚目無料!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%
年会費 初年度:無料
2年目以降:31,320円(税込)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:918円(税込)
年会費:無料
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:12,960円(税込)

アメックス・ゴールドカードは初年度無料で作成できるクレジットカードですが、注目すべきは家族カードの年会費の仕様。なんと1枚目は年会費無料で持つことが可能なのです。

アメックスプロパーでそんなことってあるの?」と思わずシャウトしてしまいそうになりますが、こんなありがたい特典、活用しない手はありませんよね。

アメックス・ゴールドカードの家族カード入会資格

アメックス・ゴールドカードの家族カードへ入会する資格があるのは以下のような方です。

  • 18歳以上の配偶者・両親・子供

つまり、18歳以上の家族であれば誰でも入会することができるということです。

せっかく1枚目が無料という大きな特典があるのですから、家族の中に1人でも条件を満たしている方がいれば、迷うことなく家族カードを作成しておきたいところですね。

アメックス・ゴールドカードの家族カードは婚約者でも作成できる

アメックス・ゴールドカードの公式ホームページには、『婚約者』といった文言は見られませんが、実は婚約者でもアメックス・ゴールドカードの家族カードを作成することが可能です。

婚約者は厳密に言えば、まだ家族ではない段階ですが、どこまでの範囲を家族とみなすかはクレジットカード会社によって異なります。

アメックスはこの点に非常に融通を利かせてくれる会社であり、正式に家族の一員となる前段階での見切り発車が可能なのですね。

ちなみにアメックスでは、以下のような方でも家族カードを発行できる可能性があります。

  • 婚約者
  • 内縁の妻
  • 育ての親

つまり、社会的に『家族』というくくりでなくとも家族カードを作成できる余地があるということです。上記のような間柄の方がいる方はぜひ、本項の内容を参考にしてみてください。

アメックス・ゴールドカードの家族カードで付帯している保険・補償

さて、続いてはアメックス・ゴールドカードの家族カードに付帯している保険や補償について紹介していきたいと思います。

アメックス・ゴールドカードの家族カードで得られる保険や補償は以下の通りです。

  • 旅行傷害保険
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • リターン・プロテクション

早速、それぞれの項目についての詳細を確認していきましょう。

旅行傷害保険

アメックス・ゴールドカードの家族カードで得られる旅行傷害保険は以下の通りです。

海外旅行保険(利用付帯) 補償内容
傷害死亡・後遺障害 5,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 4,000万円
携行品損害 50万円
救援者費用 400万円
国内旅行保険(利用付帯) 補償内容
傷害死亡・後遺障害 5,000万円

家族カードの旅行保険に関して注意すべきなのは、海外旅行保険も含めて利用付帯であること。

したがって、旅行へ出かける際には必ず、アメックス・ゴールドカードの家族カードで旅行代金の一部を決済しておきましょう。

アメックス・ゴールドカードの充実した保険内容はこちら

ショッピング・プロテクション

アメックス・ゴールドカードの家族カードで購入した商品が、偶然の事故によって破損や盗難にあった場合、以下の条件でショッピング・プロテクションが付帯します。

  • 購入日から90日以内の商品が対象
  • 海外はもちろん、国内での購入商品も補償の対象
  • 年間最大補償額は500万円まで

500万円という最大補償額は非常にパワフルな内容ではないでしょうか。

少しでも高価な商品を購入する際には、アメックス・ゴールドカードの家族カードで決済しておきたいものですね。

オンライン・プロテクション

仮にアメックス・ゴールドカードの家族カードを紛失してしまい、その結果第三者によって不正利用がされた場合でも、アメックスはこれに対し、100%の補償を約束してくれます。

ここで嬉しいのがリアル店舗における不正利用はもちろんのこと、オンラインショッピングに対してもプロテクションが発動すること。

もちろん、こうした補償に胡坐をかくのではなく、普段からクレジットカードの管理には十分気をつけておくべきなのは言うまでもありませんよ。

キャンセル・プロテクション

兼ねてから楽しみにしていた旅行が、予想だにしない事情でキャンセルせざるを得なくなった。

そんな時に活躍してくれるのが以下の内容のキャンセル・プロテクションです。

  • 本人や配偶者、1親等以内の親族の死亡・傷害・疾病による入院に基づくキャンセル:年間最高10万円
  • 本人や配偶者、子供の傷害による通院に基づくキャンセル:年間最高3万円
  • 本人の社命出張に基づくキャンセル:年間最高10万円

こうした部分に対しても細やかな補償が行き届いているあたり、さすがはアメックスと言えますね。

リターン・プロテクション

アメックス・ゴールドカードの家族カードによる決済で購入した商品の返品が万が一、購入した店舗で受け付けてもらえない場合に、アメックスが以下の条件と内容で補償してくれるのがリターン・プロテクションです。

  • 購入日から90日以内であること
  • 商品が未使用で損傷がなく、他の保険に加入していないこと
  • 1商品に対しての最高補償金額は3万円まで(年間最高15万円まで)

せっかく購入したのはいいが、結局活用しないままにお蔵入りになってしまう。
そんなもったいないことはありません。

こんなケースに対しても補償があるのがアメックス・ゴールドカードの家族カードの強みです。

ただし、パソコンや携帯電話、消耗品に自転車など一部商品は補償の対象外となっていることには注意が必要ですよ。

アメックス・ゴールドカードで得られる優待

さて、続いてはアメックス・ゴールドカードで得られる各種優待内容にも目を向けていきたいと思います。

アメックス・ゴールドカードで得られる主な優待は以下の通りです。

  • 主要ラウンジが無料
  • プライオリティ・パスがお得
  • 手荷物無料宅配サービス
  • オーバーシーズ・アシスト
  • チケット・アクセス
  • プリファード・ゴルフ

早速、それぞれの特典について詳しくみていきましょう。

主要空港ラウンジが無料

アメックス・ゴールドカードのユーザーは、以下の国内主要空港ラウンジを無料で利用することが可能となります。

  • 新千歳空港/スーパーラウンジ
  • 函館空港/ビジネスラウンジ『A Spring』
  • 青森空港/エアポートラウンジ
  • 秋田空港/ロイヤルスカイ
  • 仙台空港/ビジネスラウンジ
  • 羽田空港/Sky Lounge・第1ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE・第2ターミナルエアポートラウンジ/POWER LOUNGE
  • 成田国際空港/IASS EXECUTIVE LOUNGE1・IASS EXECUTIVE LOUNGE2
  • 新潟空港/エアリウムラウンジ
  • 富山空港/ラウンジらいちょう
  • 中部国際空港/プレミアムラウンジセントレア
  • 小松空港/スカイラウンジ白山
  • 伊丹空港/ラウンジオーサカ
  • 関西国際空港/比叡・六甲・アネックス六甲・金剛
  • 神戸空港/ラウンジ神戸
  • 岡山空港/ラウンジマスカット
  • 広島空港/ビジネスラウンジもみじ
  • 米子空港/ラウンジDAISEN
  • 山口宇部空港/きらら
  • 高松空港/ラウンジ讃岐
  • 松山空港/ビジネスラウンジ・スカイラウンジ
  • 徳島空港/エアポートラウンジヴォルティス
  • 北九州空港/ラウンジひまわり
  • 福岡空港/くつろぎのラウンジTIME・ラウンジTIMEインターナショナル
  • 長崎空港/ビジネスラウンジアザレア
  • 大分空港/ラウンジくにさき
  • 熊本空港/ラウンジ『ASO』
  • 鹿児島空港/スカイラウンジ菜の花
  • 那覇空港/ラウンジ華〜hana〜
  • ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港/IASS EXECUTIVE LOUNGE
  • 仁川国際空港/MATINA

ここまで幅広く主要な空港が網羅されていれば、毎回の旅行において快適な時間を空港ラウンジで過ごすことができそうですね。

アメックス・ゴールドで利用できる空港ラウンジはこちら

プライオリティ・パスがお得

プライオリティパス

日本国内だけでなく、世界中に飛び立ちたいという方にとっては、デフォルトの空港ラウンジ特典だけでは満足できないかもしれません。

そんなちょっぴり贅沢なあなたにおすすめなのが、プライオリティ・パスの特典です。

アメックス・ゴールドカードのユーザーであれば、プライオリティ・パスにおいて、以下の2点のアドバンテージを得ることができます。

  • 本来99米ドルが必要になるメンバーシップに無料で登録可能
  • 1回32米ドルの利用料金が年2回まで無料

メンバーシップへの登録料が無料でかつ、年に2回まで無料で利用できるという条件であれば、一切のコストをかけることなくプライオリティ・パスの特典を享受できる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、通常のラウンジ利用特典と比較し、プライオリティ・パスの強みは以下のような点にあります。こちらも合わせて参考にしてみてください。

  • 世界130ヵ国、1,200ヶ所以上のラウンジを利用可能
  • 航空会社運営のVIPラウンジ(シャワー室完備など)を含めて利用可能
  • 手荷物検査後のVIPラウンジも含めて利用可能

 

手荷物無料宅配サービス

楽しい旅行の過程で何が大変かと言えば、荷物がパンパンに詰まったスーツケースの運搬です。

自宅〜空港間はタクシーを利用してしまおうかという思いもよぎったりしますが、さすがにそれは贅沢すぎると首を横に振る方もいることでしょう。

そんな時に力になってくれるのが、アメックス・ゴールドカードに付帯している手荷物無料宅配サービスです。

アメックス・ゴールドカードで利用できる手荷物無料宅配サービスは非常にハイスペックで、なんと行き帰り往復のスーツケース1個の運搬が無料になります。

本来、スーツケースの運搬には1,500円〜2,000円程度の費用が必要であることを踏まえると、1度の旅行で3,000円〜4,000円程度もお得感があります。

ちなみに、本サービスが適用となっている空港は以下の通りとなっているため、旅行計画を立てる際にはぜひ参考にしてみてください。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

 

オーバーシーズ・アシスト

オーバーシーズ・アシストは海外旅行中にいつでも、以下のような困りごとに対し、日本語で無料サポートを受けることができるサービスです。

  • レストランの予約
  • 医療機関の紹介
  • 緊急時の支援

海外には興味があるけど、日本語しかわからないから海外旅行は敬遠している。そんな方の不安を一瞬にして消し去ってくれるのが本サービスですね。

オーバーシーズ・アシストは通話料無料もしくはコレクトコールで利用が可能なので、海外滞在中に少しでもわからないことがあれば積極的に活用してみると良いでしょう。

チケット・アクセス

チケット・アクセスはe+(イープラス)が取り扱う各種チケットをお得に購入できるサービスです。

アメックス・ゴールドカードのユーザーであれば、以下のような点においてアドバンテージを得ることができます。

  • 一般発売に先駆け、チケットの先行予約が可能
  • 公演によっては前方ブロックやアリーナ席を確保できる
  • 公演によってはドリンクチケットや食事の際の特典を享受可能

e+(イープラス)では以下のようなカテゴリーのチケットを入手可能です。

こうしたイベントには関心があったけど、なかなか機会が掴めなかったという方はぜひ、チケット・アクセスを活用してみてくださいね。

  • 音楽
  • 演劇
  • スポーツ
  • イベント
  • アート

 

プリファード・ゴルフ

無類のゴルフ好きの方にとって絶対見逃し厳禁なのがこちらの特典。

プリファード・ゴルフは、世界50ヶ所以上に点在している提携ホテルに2泊以上宿泊することで、ホテルが契約しているゴルフコースのプレー代(1ラウンド/1名分)が無料になるという特典です。

本来であればプリファード・ゴルフの会員登録には年会費として295米ドル必要ですが、アメックス・ゴールドカードのユーザーであれば無料で登録が可能です。

295米ドルと言えば日本円換算でおおよそ35,000円程度になるため、非常にお得感がありますね。

アメックス・ゴールドカードの家族カードは厳しい審査なし

さて、本記事最終項では、アメックス・ゴールドカードの家族カードの審査に関する内容をシェアしておきたいと思います。

結論から言うと、アメックス・ゴールドカードの家族カードを発行する上で厳しい審査はないと思っていただいて問題ありません。

家族カードというのは、本会員のカードに紐付けして作成されるため、基本的には本会員に問題がなければ審査はすんなり通るものなのです。

ただし、以下のようなケースにおいては注意が必要です。

  • クレヒスが悪くなった
  • 勤務先情報や年収に大きな変化があった

早速、これらの項目について、解説を加えていきましょう。

クレヒスが悪くなった

アメックス・ゴールドカードを作成した際には美しかったクレヒスに、アメックス・ゴールドカードの家族カードを作成する際には傷が残っているという状況も可能性としてありえますよね。

クレジットカード会社は大きく、以下の2点を材料に、クレジットカードの審査を進めていくものです。

  • クレヒスの内容を含む、申込者の個人情報
  • 年収や勤続年数などを含む、申込者の勤務先情報

この点を踏まえれば、クレヒスは常に美しい状態を保っておく必要があります。

アメックス・ゴールドカードやその他のクレジットカードの支払い、あるいは携帯電話の分割払いなどにおいて遅延があると、大切なクレヒスに傷を残してしまうことになるので注意しましょう。

勤務先情報や年収に大きな変化があった

前述の通り、クレジットカード会社はクレジットカードの審査の際に、年収や勤続年数などを含む、申込者の勤務先情報を審査材料の一つとしています。

もし申込者のキャリアに大きな変更があり、それに伴って年収が大きく下がってしまうといったことがあればどうでしょうか。

クレジットカード会社側からすると、『毎月の支払いは大丈夫かな』と少し心配になってしまいますよね。

逆に言えば、クレヒスの内容や年収、勤務先情報に大きな変化がなければ、家族カードの審査に対してナーバスになることはないでしょう

アメックス・ゴールド本会員の審査難易度についてはこちら

まとめ

アメックス・ゴールドカードの年会費は31,320円であるのに対し、アメックス・ゴールドカードの家族カードは1枚目に限り、年会費無料で持つことができます。

家族カードといっても本カードと比較して大きな遅れを取ることはなく、ほぼ同等のメリットを享受することが可能です。

この点を踏まえれば、家族の中に一人でも18歳以上の方がいれば、迷うことなくアメックス・ゴールドカードの家族カードを作成しておきたいですね。

もちろん、作成することがゴールではないので、本記事の内容をしっかりと参考にしていただき、アメックス・ゴールドカードの魅力を余すところなく活用してみてください。

初年度年会費無料でアメックスを発行する方法はこちら