【アメックス・ゴールドカードの口コミ】得られるメリット・気になるデメリットを解説!


アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードってすごいステータス感じるよね!

以前と比べて幅広い層の人が持ちやすくなったと言われる、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

特徴は何といっても圧倒的なステータス感に加えて、空港VIPラウンジ利用OKのプライオリティパスなどの特典です。

年会費が29,000円かかっても持ちたい!」という人が多いのも頷ける、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード(以下アメックス・ゴールドカード)のメリットと申込前にしっかりと確認しておきたいデメリットをご紹介していきます。

自分に合うかな?と不安な方も是非読んで、自分との相性を確認してみてくださいね!

  1. アメックス・ゴールドカードの特徴
    1. アメックス・ゴールドカードの基本情報
    2. ほとんどのJCB加盟店で使うことが可能
    3. 年会費29,000円(税抜)でも特典が充実!
  2. アメックス・ゴールドカードの嬉しいメリット
    1. 家族1名が無料で家族カードを持てる!
    2. 「ゴールド・ダイニング by 招待日和」でコース料理が1人分無料
    3. ポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」
    4. ANAをはじめとしたマイルへのポイント交換が充実
    5. 空港ラウンジが使える!プライオリティパス
    6. 旅行のかゆい所に手の届くサービス
      1. アメックス・トラベルオンライン&H.I.S.の専用デスクで旅の予約がお得&簡単!
      2. アップルワールドで5%・エクスペディアで8%のホテル代節約
      3. 手荷物を無料で往復宅配
      4. 海外旅行の出発&帰国に!お得な空港送迎サービス
      5. スーツケース1個を空港内で運んでもらえる
      6. 空港クロークサービスで身軽に過ごせる
      7. 国内線利用なら1,000円相当のお食事券
      8. 空港の駐車場料金が最大40%OFF
    7. 旅行傷害保険が最大1億円と抜群の手厚さ
      1. 飛行機が遅れた時の補償もあり!
    8. ショッピングだけじゃない!プロテクションの充実
      1. オンラインプロテクション
      2. 商品の盗難や破損の時の補償「ショッピング・プロテクション」
      3. 返品をサポートする「リターン・プロテクション」
      4. キャンセル・プロテクションでキャンセル料をカバー
  3. アメックス・ゴールドカードの気になるデメリット
    1. 年会費が気になる場合は相性△
    2. 特典がメインなので還元率はイマイチ
    3. 限度額のシステムが分かりにくいという意見も
  4. アメックス・ゴールドカードを持つとメリットが大きい人
    1. 空港利用・海外渡航が多い人
    2. 還元率よりもステータス・特典重視の人
  5. まとめ

アメックス・ゴールドカードの特徴

まずはアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの基本情報を知っておかなくてはな。

アメックス・ゴールドカードは、国際ブランド『アメリカン・エキスプレス・カード』が直接発行するプロパーカードです。

まさにゴールドカード」といった風格のある券面で、クレジットカードに詳しくない方が見ても「アメックス・ゴールドだ!」とわかるほど知名度が高いという特徴があります。

その魅力はもちろん見た目だけではありません。

ここからは、年会費を29,000円払ってでも欲しくなってしまうアメックス・ゴールドカードがどんなカードなのか、スペック面を中心にご説明していきます。

アメックス・ゴールドカードの基本情報

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%
年会費 29,000円(税抜)
入会条件 ・20歳以上定職がある方
・パート・アルバイトは不可
国際ブランド  アメリカン・エキスプレス・カード
家族カード 1枚目:無料
2枚目以降:12,000円(税抜)
ETCカード 無料
※新規発行手数料850円(税抜)

年会費無料・高還元のクレジットカードがいくつもある時代に、29,000円の年会費のアメックス・ゴールドカード。

それでも人気なのは、特別感あふれる多彩な特典があり、ステータス感の面でも優れているからに他なりません。

  • 国内外の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが無料
  • 圧倒的な知名度・ステータス感
  • 国内外のレストラン予約でコース料理が1名無料になる特典つき
  • 最大1億円の手厚い旅行傷害保険
  • 旅行に特化した特典が充実

これだけ見ても、アメックス・ゴールドカードの魅力が伝わってくるのではないでしょうか?

ところでアメリカ発の国際ブランドのプロパーということで、何となく「日本では使いにくいのでは?」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんね。

実は最近は事情がだいぶ変わってきたのです。

ほとんどのJCB加盟店で使うことが可能

American Express

アメリカン・エキスプレスはJCBと連携していて、日本国内の多くのJCBブランドが使える加盟店で決済に利用することができます。

JCBカードに加盟すると、JCBカードの他、アメリカン・エキスプレスのカード、ダイナースクラブカード、ディスカバーカード、銀聯カードの取り扱いも可能になります。出典:JCB

ただし、JCBとの契約が古いままになっている加盟店など、一部では利用できないことがありますのでご注意ください。

2018年現在では、JCBのマークがあるお店でアメリカン・エキスプレスブランドでも決済に使えるケースがほとんどです。それでも不安な方は店員さんに確認してみましょう。

年会費29,000円(税抜)でも特典が充実!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの優待や補償などは年会費で考えると十分過ぎる程の充実度じゃ!

アメックス・ゴールドカードの年会費はキャンペーンなどで初年度が無料という例外もありますが、基本的には29,000円(税抜)となっています。

それでも人気が高いのは、やはり充実した特典・優待、そしてステータス感がずば抜けて高いからです。

なかなかディナーが丸々1名分無料になってしまうクレジットカードは他にありませんし、アメリカン・エキスプレスのブランド感はこれだけたくさんのカードが乱立していてもひと際輝いていることに変わりはありません。

特に海外に行く機会が多い方・旅行がご趣味という方は、その特典をフルに活用できるはずですよ!

アメックス・ゴールドカードの嬉しいメリット

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードを利用すると、どんなメリットがあるの?

アメックス・ゴールドカードには「持っていて良かった!」と思えるメリットが豊富にあります。

中でも旅行関連の特典が非常に充実していて、国内外の空港ラウンジを利用できるプライオリティパスは無料で発行。

そして、手荷物宅配のサービスや空港の駐車場割引など「あったらいいのに」を「あってよかった!」に変えてくれるサービスが盛りだくさんです。

では、アメックス・ゴールドカードの代表的なメリットを分かりやすくご紹介していきます。

家族1名が無料で家族カードを持てる!

アメックス・ゴールドカードでは家族カードでも、本会員と同じように特典を利用することが可能です。

アメックス・ゴールドカードの本会員になるには、定職についていないと発行できません。

例えば、パートをされている主婦の方・専業主婦の方・大学生や大学院生などの方は所持するハードルが高い、というよりほぼ持つことができません。

でも、会社員など定職のあるの家族がいる方でアメックス・ゴールドカードが発行できれば、家族の方もアメックス・ゴールドカードの家族会員になることができます。

しかも、1名が年会費無料となっているので実質半額で二人ともアメックス・ゴールドカードを利用することができるとなるとお得感がありますね!

ちなみに、二人目以降は12,000円(税抜)で家族カードを追加することが可能です。

アメックス・ゴールドの家族カードは絶対に発行しておくべき理由

「ゴールド・ダイニング by 招待日和」でコース料理が1人分無料

白猫と博士が中華テーブル(机が回るやつ)でご飯を食べながら白猫が 「これも特典でタダで食べれるって事だよね!」と言って、博士が 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードなら、一人分は無料なんじゃよ!」 と言っているシーン

提携している国内外のレストランを公式サイト経由で予約すると、年に2回までコース料理が1名分無料となるというサービスがあります。

  • 公式サイトからの予約が条件
  • 2名以上の予約が必要
  • 国内は3営業日前までの予約
  • 海外は7営業日前までの予約
  • 4月1日~9月30日までの間で1回・10月1日~翌3月31日までの間で1回利用可能

記念日や特別な日のディナーもアメックス・ゴールドカードを利用すれば、お得と上質の両立が叶います。

ゴールド・ダイニング by 招待日和

夫婦での記念日やバースデイ、大切な家族や恋人と、贅沢な食事で二人の仲もより深まるでしょう。

気をつけたい事として、電話で予約してしまうとサービスの対象とならないので、必ず会員専用サイトからの予約をすることに注意しましょう。

ポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムは『メンバーシップ・リワード』と呼ばれています。

メンバーシップ・リワードを利用すると、貯まったポイントを請求金額から割り引いたり、商品と交換したり、他社ポイント・マイルに交換することが可能です。

その中でも、マイルへの交換が一番高い価値での交換となっています。

交換先 メンバーシップ・リワード
(アメックス→他社ポイント)
メンバーシップ・リワード・プラス
(アメックス→他社ポイント)
ANAのマイル 2,000ポイント→1,000マイル 1,000ポイント→1,000マイル
提携海外航空会社のマイル 2,000ポイント→1,000マイル 1,250ポイント→1,000マイル
楽天スーパーポイント 3,000ポイント→1,000ポイント  3,000ポイント→1,500ポイント
Tポイント 3,000ポイント→1,000ポイント  3,000ポイント→1,500ポイント
スターウッドホテル&リゾート
スターウッド プリファード ゲスト
2,000ポイント→330スター・ポイント  1,000ポイント→330スター・ポイント
ヒルトンオナーズ 2,000ポイント→1,250オナーズポイント  1,000ポイント→1,250オナーズポイント

また、ポイントフリーダムといって貯めたポイントを支払い代金に充てるサービスもあります。

こちらは1ポイント=0.5円の価値でお買い物代金などの請求額の値引きに利用できます。以前は1ポイント=約0.3円の価値でしたが改善されたのが嬉しいところですね!

航空会社での利用はより高いレートになり、『メンバーシップ・リワード・プラス』では最大で1ポイント=1円にまでポイントの価値を高めることが可能です。

どのサービスもメンバーシップ・リワード・プラスという有料会員になると、より高いレートで交換が可能になります。

ANAをはじめとしたマイルへのポイント交換が充実

アメックス・ゴールドカードをはじめとした、アメリカン・エキスプレスブランドのポイントプログラムであるメンバーシップ・リワードを利用すると、ANAとANAのマイルと提携している海外航空会社のマイルへポイントを交換することが可能になります。

通常のメンバーシップ・リワードの場合は、次のようなレートでポイントをマイルに交換可能です。

  • 2,000ポイント→ANAの1,000マイル
  • 2,000ポイント→提携海外航空会社のマイル

しかし、年会費3,000円(税抜)の『メンバーシップ・リワード・プラス』に登録すると、マイルへの交換レートがANAの場合においては2倍になります!

  • 1,000ポイント→ANAの1,000マイル
  • 1,250ポイント→提携海外航空会社のマイル

このようなレートで交換することが可能となっています。これは、ANAのマイルを貯めているという方にとっては見逃せませんよね。

空港ラウンジが使える!プライオリティパス

博士と白猫が空港ラウンジで休憩していて、博士が白猫に 「空港ラウンジが使えるプライオリティパスは大きな特典じゃよ!」 と言っているシーン(背景にプライオリティパスの画像)

ゴールドカード、中でもアメックス・ゴールドカードを持ちたいという方の中でも「プライオリティパスは外せない!」という方が多いのではないでしょうか。

プライオリティパスは、国内外の空港のVIPラウンジの利用権のことです。

プライオリティパスを使って利用できるエリアは、通常チェックインカウンターの内側にあります。つまり、面倒な手続きを終えてからゆっくりと利用できるということですね。

プライオリティパス

ソフトドリンクが飲み放題だったり、場所によってはアルコールや軽食の提供もあります。飛行機搭乗までのひとときを確実にランクアップしてくれるゴールドカードならではサービスですね。

今では年会費が数千円という格安系のゴールドカードが増えてきましたよね。その特典や優待として、空港ラウンジ利用OKというものも増えてきました。

でも、実は格安系のゴールドカードで利用できる空港ラウンジは、ほぼ国内の空港だけであったり、チェックインカウンターの外のやや混雑することもあるゴールド会員用のラウンジだったりするのです。

クレジットカードで入れる空港ラウンジは、プライオリティパスと入れる空港ラウンジとは違います。

  • プライオリティパスの登録料99ドルが無料
  • 年に2回VIPラウンジが無料で使える

プライオリティパスで入れるエリアは混雑をほとんど気にすることなく、優雅なひとときを過ごすことができますし、渡航先でもゆったりと過ごせます。

旅行や仕事で疲れている移動時に、空港で落ち着いてゆったりと過ごせるのがプライオリティパスの一番の魅力です。

ここがアメックス・ゴールドカードの特別感といったところでしょう。

アメックス・ゴールドで利用できる空港ラウンジはこちら

旅行のかゆい所に手の届くサービス

アメックス・ゴールドカードは、旅行に特化したゴールドカードと言っても過言ではありません。

旅行に特化した特典が盛りだくさんなので、海外出張でも旅行でも確実に役に立ってくれる1枚となっています。

では、代表的な旅行関連のメリットをご紹介していきます。

アメックス・トラベルオンライン&H.I.S.の専用デスクで旅の予約がお得&簡単!

アメックス トラベル オンラインでは会員向けにお得な割引サービスなどを提供しています。

2018年2月現在、以下のようなサービスがあります。

ゴールデンウィークや夏休みにも使える国内外ホテル予約で5,000円オフ
■特典内容:合計25,000円以上(税込)のご予約の際に、下記のキャンペーンコードをご利用いただくとホテルの宿泊料金が5,000円オフ。
※1回のカード決済で、合計25,000円以上のご予約の場合にご利用いただけます。
引用元:アメックス・トラベル オンライン

こちらは期間限定で2018年5月16日予約完了、2018年12月31日までの宿泊の割引となっていまます。

年末のホテル繁忙期にも使えるのが嬉しいですね。最大で20%もの割引率はどなたにも嬉しい特典といえます。

また、H.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクで簡単に旅行に関する予約を電話ひとつで済ませることもできます。

  • 国内・海外のツアー予約
  • 日本から発着する国内線や国際線の予約
  • 海外ホテルとレンタカーの手配
  • 国内宿泊施設とレンタカーやJRチケットの手配

旅行から煩わしさをなくしてくれるサービスは、まさにかゆい所に手が届いていますね。専用デスクなので、混雑でなかなかつながらずストレスを感じるということも少なめです。

アップルワールドで5%・エクスペディアで8%のホテル代節約

旅を楽しく・お得にしてくれる「旅・FUN」を利用すると最大8%宿泊費用を節約したり、会員限定プランを利用することができます。

  • 一休.com
    ⇒会員限定プランなど
  • 日本旅行
    ⇒特選の宿が5%OFFなど
  • Expedia
    ⇒海外ホテル8%OFFなど
  • アップルワールド.com
    ⇒世界のホテルが最安値からさらに5%OFF

宿泊は金額が大きく、5%OFFでもかなりお得を実感できるはず。同じ内容であれば、やはり安い方がその分飲食代やお土産のグレードアップなどお金をより有効に活用できますね!

手荷物を無料で往復宅配

海外旅行は荷物がかさばって大変…。そんな時に手荷物の無料往復宅配が頼りになります。

  • 会員1名につきスーツケース1個無料配送
  • 出発予定の7日前までの予約

使える空港は国内4か所の空港です。

  • 成田国際空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

使える空港は限定されていますが、東京・大阪・名古屋近郊の方にとっては非常に便利なサービスとなっています。

海外旅行の出発&帰国に!お得な空港送迎サービス

アメリカン・エキスプレスとMKタクシーの提携によって空港まで定額で送迎してもらえるサービスがあります。

高速代がかからず、深夜料金なども別途必要になることがないのも嬉しいメリットですね。

料金 地域
成田国際空港 4,800~15,000円 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城
羽田空港 1,500~12,000円 東京・神奈川・千葉・埼玉
関西国際空港 5,000~15,000円 大阪・兵庫・京都
中部国際空港 5,000~10,000円 愛知県

サービスは定額という性質上、地域限定となっていますが該当する地域の方は積極的に使っていきたい至れり尽くせりの非常に便利なサービスです。

スーツケース1個を空港内で運んでもらえる

旅行の時は、スーツケースの他に機内に持っていきたいカバンなど荷物がかさばりますね。

そんな時には、アメリカン・エキスプレスの無料ポーターサービスの利用がおすすめ。

  • 空港の駅改札orバス停からチェックインカウンターまで
  • 到着ロビーから空港の駅改札orバス停まで
  • 利用の前日までの予約
  • 成田国際空港・関西国際空港に対応

前日までの電話予約なので、荷造りついでに連絡しておくとより身軽に旅が楽しめますし、さらに優雅な気持ちになりますね。

空港クロークサービスで身軽に過ごせる

空港クロークサービスは手荷物の預かりサービスのこと。

空港についてから出発までの時間、荷物のことを気にしないでゆっくりとショッピングやお食事を楽しむことができるようになります。

  • 会員1名につき荷物2個まで
  • 中部国際空港限定
  • 手荷物サービスカウンターまたは宅配手荷物カウンターで当日に手続き

中部国際空港限定ではありますが、当日カードを提示して気軽に利用することができます。

国内線利用なら1,000円相当のお食事券

飛行機に搭乗する1週間前までにH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクでJAL・ANAグループの航空券を購入すると、1,000円相当のお食事券がもらえます。

  • 1週間前までにH.I.S. アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクでJAL・ANAグループの航空券を購入
  • 対象の空港内飲食店で利用可能
  • 差額はアメリカン・エキスプレスのクレジットカードで支払い
  • 郵送されるエアポート・ミール・クーポンを利用
  • 羽田空港・伊丹空港で利用可能

空港でのひと時、美味しいものも食べたいですよね。条件はありますが、1,000円分ごちそうになれるというのはやはり嬉しいもの。予約方法に注意して利用してみてください。

空港の駐車場料金が最大40%OFF

提携する空港から高アクセスな駐車場をお得に利用できるサービスです。

マイカーで空港に行ったはいいものの、駐車場代金はなかなか馬鹿にならないもの。楽しい旅行もこういうところで節約しておきたいものですね。

  • 利用の2日前までにネットor電話予約
  • 成田空港・羽田空港・関西国際空港・福岡空港

割引内容は以下の通りです。

空港名 サービス内容
サンパーキング成田店 通常料金より40%OFF/水洗い洗車機無料
サンパーキング羽田 浮島店 通常料金より40%OFF
安い関空駐車場 通常料金より20%OFF
VIPカーデリバリーサービス 通常料金より20%OFF
福岡空港サイドパーキング 国際線利用→200円OFF
国内線利用→100円OFF

それぞれ、繁忙期などは除外期間があります。GW・お盆・年末年始などは除外期間の場合がありますので、あらかじめ問い合わせておくのがオススメです。

旅行傷害保険が最大1億円と抜群の手厚さ

アメックス・ゴールドカードの海外旅行傷害保険は、旅行代金をカードで決済しても、しなくても補償を受けることができます。

ただし、自動付帯分と利用付帯分では補償額が変わってくるので、の点には注意しましょう。

  • 自動付帯:カードを持っているだけで補償対象
  • 利用付帯:カードで旅費・交通費等を支払えば補償対象

ちなみに、旅行代金をアメックス・ゴールドカードで決済した場合の方が補償額が大きくなります。

また、家族カード会員や家族カード会員でない家族まで補償の対象が広がります。

小さいお子さんなどはもちろん家族カード会員になれませんから、お子様連れの方はかなり安心が大きくなるでしょう。

では、海外旅行傷害保険の補償内容です。

補償内容 利用付帯/最大補償額
(本人/家族カード会員/家族)
自動付帯/最大補償額
(本人/家族カード会員/家族)
傷害死亡・
後遺障害
1億円/5,000万円/1,000万円 5,000万円/なし/1,000万円
傷害治療費用 300万円/300万円/200万円 200万円/なし/200万円
疾病治療費用 300万円/300万円/200万円 200万円/なし/200万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円/なし/4,000万円
携行品損害保険金
(免責3千円)
1旅行中50万円まで 1旅行中50万円まで
家族カード会員は補償なし
救援者費用 400万円/400万円/300万円 300万円/なし/300万円

次に国内旅行傷害保険の補償内容です。

国内旅行傷害保険は、カードで宿泊代・交通費などを決済した場合のみ補償の対象となることに注意してくださいね。

補償内容 最大補償額
(本人/家族カード会員/家族)
傷害死亡 5,000万円/5,000万円/1,000万円
傷害後遺障害 5,000万円/5,000万円/1,000万円

楽しい旅行の時のトラブルで金銭的に困ってしまうのはとても辛いもの。アメックス・ゴールドカードなら安心感が違います。

アメックス・ゴールドカードの充実した保険内容はこちら

飛行機が遅れた時の補償もあり!

飛行機が遅れてしまって空港で足止め状態。泊まらなくてはならなくなった。

旅慣れしている方なら経験があるかもしれません。結構体力的にも精神的にも疲れてしまうものです。

そんな時に頼りになるのが航空便遅延費用補償。遅延によって余分に必要になった宿泊代や飲食代を一定額カバーしてくれる補償です。

それぞれの補償について簡単に説明します。

  • 乗継遅延費用
    →乗り継ぎが予定より4時間以上遅れた場合の宿泊費や飲食代を補償
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用
    →出航が遅れたり、欠航によって4時間以上代替便を利用できなかった場合の宿泊費や飲食代を補償
  • 受託手荷物遅延
    →目的地についてから6時間以内に手荷物が届かない場合の補償
  • 受託手荷物紛失
    →目的地についてから48時間経っても手荷物が届かない場合、紛失とみなして補償
補償内容 最大補償額
乗継遅延費用 2万円
出航遅延、欠航、搭乗不能費用 2万円
受託手荷物遅延 2万円
受託手荷物紛失 4万円

いざという時頼りになる、というのは大きなメリットですよね。

ショッピングだけじゃない!プロテクションの充実

アメックス・ゴールドカードでは、プロテクションの内容もとても充実しています。

プロテクションというのは、保険や保障の事を言います。

  • オンラインプロテクション
  • ショッピング・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション

では、それぞれの充実したプロテクションについて詳しく解説していきましょう。

オンラインプロテクション

カードの不正利用が分かった場合、その分の代金はもちろん補償されます。

カード番号と有効期限・名義人などの情報で勝手に第三者に大切なカードを利用されてしまったらとても怖いですし、困りますよね。

そんな時もアメリカン・エキスプレスに一報を入れれば大丈夫です。

商品の盗難や破損の時の補償「ショッピング・プロテクション」

ショッピング・プロテクションは、カードで購入した商品の破損や盗難などを補償します。

  • 購入から90日以内
  • 1年間で500万円まで補償

例えば、海外で商品を買ったのに、その場でスリに遭ったりしたときや高価なガラス製品を買ってすぐに落として割ってしまった時などに頼りになるプロテクションです。

返品をサポートする「リターン・プロテクション」

リターン・プロテクションは、カードで購入した商品の返品をお店側が受付けてくれない場合に使えます。

一部食品など、規約により対象外のものもあることに注意してくださいね。

  • 購入から90日以内にアメリカン・エキスプレスに返却
  • 商品が未使用で損傷がないこと
  • 購入金額を補償

しっかりと規定は確認しておく必要がありますが、困った時はまず相談してみましょう。

キャンセル・プロテクションでキャンセル料をカバー

予約していた旅行などを自分の都合でキャンセルしてしまうと、キャンセル料が発生する場合があります。

急病はもちろん、突然の会社命令の出張だったりしたらやりきれない気持ちになってしまいますよね。

キャンセル・プロテクションでは、本人はもちろん、同行予定だった配偶者までカバーしてくれます。

最大10万円まで補償されますので、万が一の際には利用したいところです。

アメックス・ゴールドカードの気になるデメリット

白猫が博士に 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのデメリットはないの?」 と恐る恐る聞いているシーン

ここまでアメックス・ゴールドカードの特典、ポイントシステムから、充実の補償までさまざまなメリットを紹介してきましたが、やはり人によっては次のようなデメリットを感じる場合があるでしょう。

  • 年会費が高い
  • 還元率が低い
  • 限度額がよく分からない

もちろん、アメックス・ゴールドカードの充実した補償や優待を考えると、年会費の29,000円は決して高いものではありません。

その中でも、気になるデメリットについて詳しく解説していきましょう。

年会費が気になる場合は相性△

アメックス・ゴールドカードの一番のネックはやはり年会費。

29,000円(税抜)という年会費は年会費無料のカードに慣れている人にとっては、大きなデメリットに感じるでしょう。

その代わり、年会費に見合っただけの特典・優待・ステータス感があります。

どちらに魅力を感じるかによって見方は変わってきますが、人によっては年会費が29,000円というところが大きなデメリットになってしまうでしょう。

使い心地を確かめるためにも、初年度無料のキャンペーン時などに試してみるというのも一つの方法です。

特典がメインなので還元率はイマイチ

アメックス・ゴールドカードは、特典・優待の充実が大きなメリットです。

一方でポイント還元率に関しては、他の年会費無料カードと比べると、決して高いとは言えません。

現金換算で0.3~最大でも1%程度なので、還元率がカード選びの重要ポイントという方には適していません。

むしろ、アメックス・ゴールドカードは、還元率に重きをおいたクレジットカードではなく、「利用者をいかにおもてなしするか」を重視しているので、高い還元率を求める人であれば、向いていません。

限度額のシステムが分かりにくいという意見も

クレジットカードでは当たり前の限度額を、アメックス・ゴールドカードでは明示していません。

その代わりに、大きな買い物をする場合には事前に申告して入金するという方法があります。

また、事前に報告しておくことで大きな額の買い物が可能になる場合もあります。

どちらの場合も事前にコールセンターに連絡しておく必要があるため、面倒・分かりにくいと感じる方もいるでしょう。

その代わり、入金さえすれば数百万円単位などの大きな額の買い物にも対応できるというメリットもありますよ。

アメックス・ゴールドカードの限度額については『アメックス・ゴールドの限度額は人それぞれ|始めの限度額と積み上げる方法を解説』の記事で更に詳しく解説しています。

アメックス・ゴールドカードを持つとメリットが大きい人

アメックス・ゴールドカードは、以前に比べて多くの層でも持ちやすくなったと言われています。

しかし、ステータス系のカードであることに変わりはなくメリットが大きいと感じる人とそうでもない人とはっきり分かれてしまうカードです。

その分相性が良ければ、一生持ちたいと思えるカードでもあります。

空港利用・海外渡航が多い人

アメックス・ゴールドカードはトラベル関連の特典・空港でのプライオリティパスの利用ができることなどが大きなメリットでしたね。

メリットをより感じられるのは、空港利用が多い人ということになります。

たまにの利用のために年会費を払ってカードを維持するとなると勿体ないと感じる可能性もありますが、頻繁に利用するようであればメリットの方が大きいでしょう。

海外渡航が多くなればなるほど、海外でのケガや病気などのトラブルに見舞われる可能性もあります。

そんな時でも、手厚い海外旅行傷害保険があるので安心です。旅行代金をカード決済しなくても補償は受けられますが、満額の補償を受けるためにもカード決済をしておきましょう。

還元率よりもステータス・特典重視の人

アメックス・ゴールドカードの還元率は、還元率を目玉としているカードには残念ながら敵わないでしょう。

アメックス・ゴールドカードは還元率ではなく、利用者の優待や補償に重きをおいているから。だからこそ、他のクレジットカードにはない特典が充実しています。

例えば、高級レストランでのディナーが1名まるまる無料になってしまうカードはなかなかないのではないでしょうか。

そして、決済する時にちらっと見えるあの有名な券面は抜群のステータス感です。

年会費がよりリーズナブルなゴールドカードがたくさん現れても、センチュリオンは世界的に通用するステータス。

どこに行っても恥ずかしくないクレジットカードがほしいという人にはまさにピッタリのカードです。

まとめ

アメックス・ゴールドカードは誰もが知っている有名なステータスカードですが、詳しい特徴や持つと得られるメリットは意外と知らなかったのではないでしょうか。

実は、知れば知るほど生活をワンランク上にしてくれるとてもメリットの大きいカードです。

唯一のデメリットといえる年会費が気にならない、それよりも特典に価値を感じられる方になら一生付き合っていける価値ある一枚となること間違いなしですね。

初年度が年会費無料で使えるおすすめのアメックスプロパーカードはこちら