アメックス(AMEX)カードの締め日と引き落とし日はいつ?再引き落としは可能?

 

クレジットカードを持つ上で非常に基本的かつ重要な情報となるのがカードの締め日と引き落とし日です。

ここでは、アメックスカードの締め日と引き落とし日について確認するとともに、引き落としができなかった時の対応策も合わせて紹介していきたいと思います。

初回の引き落とし日に間に合わなかったアナタ。ぜひ、以下の内容を参考にしていただき、素早く対処してみてくださいね。

アメックス(AMEX)の締め日と引き落とし日

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

まずは、アメックスの締め日を確認したいと思います。

実はこのアメックス、締め日と引き落とし日に以下の3パターン存在し、どのパターンが適用されるかは、引き落とし口座として利用する銀行によって異なるという特徴があります。

締め日 引き落とし日 主な銀行
3日 同月26日 ・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・楽天銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行など
7日 同月21日 ・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・楽天銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・福岡銀行など
19日 翌月10日 全国の銀行(一部銀行を除く)

ちなみにデフォルトで設定されている締め日/引き落とし日は、一部銀行を除き、全国の銀行で対応可能な以下の組み合わせです。

  • 締め日:19日
  • 引き落とし日:翌月10日

 

なお、この3パターンのいずれかに当てはまるアメックスのクレジットカードは以下の通りです。

なお、アメックスプロパー以外の提携アメックスに関してはこの限りではありません。

例えば、セゾン系のアメックスブランドの場合、締め日と引き落とし日は以下の通り指定されています。

  • 締め日:10日
  • 引き落とし:4日

 

引き落とし日は土日祝日の影響を受ける

引き落とし日について知っておきたいのは、引き落とし日が土日祝日のいずれかに該当する場合、実際に引き落としがかかるのは、銀行の翌営業日になるということです。

たとえば、毎月26日が引き落とし日だとしましょう。

ある月の26日が土曜日だった場合、翌営業日である28日(月)が引き落とし日になるわけですね。

もちろん、引き落とし日が後日になるからといって、そこに依存するようなスタンスではいけません。引き落とし日へのお金の準備は常に余裕を持って行い、遅延なき支払いを心がけましょう。

締め日を確認する方法

アメックスの締め日を確認する方法としては、以下の2通りがあります。

  • Web上で確認する
  • コールセンターに電話する

まず、Web上で締め日を確認する場合ですが、流れとしては以下の通りです。

  1. 会員専用のマイページにログインする
  2. マイページトップの画面中央にある『ご利用金額』の項目で締め日を確認する

次に、コールセンターに電話する場合に関してですが、アメックスのクレジットカード裏面に記載されている電話番号あてで問い合わせをすればOKですよ。

引き落とし日を確認する方法

アメックスの引き落とし日を確認する方法としては、以下の2通りがあります。

  • 明細書で確認する
  • コールセンターに電話する

明細書ですが、Web上のマイページよりダウンロードすることが可能となっています。郵送で明細書が送付されてくる方は、書面で引き落とし日を確認しましょう。

コールセンターで確認する場合は、前述の締め日を確認する場合の流れと同様ですよ。

アメックス(AMEX)は再引き落としができる場合がある

さて、続いてはアメックスは再引き落としに対応しているかどうかについて解説を進めていきましょう。

結論からいうと、アメックスは再引き落としが可能な場合があります。

可能な場合があるというのは、銀行によっては再引き落としで対応ができるという意味合いです。

以下、初回の引き落としに間に合わなかった場合の対処法をまとめていきますよ。

まずは早急にアメックスに電話する

仮に初回の引き落としに間に合わなかった場合、まずは早急にアメックスに電話連絡し、適切な対処法に関しての指示を仰ぐことが大切です。

連絡先はクレジットカード裏面に記載されている電話番号でOKです。

担当者に事情を説明すれば、支払い方法についての案内があるため、速やかにその指示にしたがって支払いを済ませましょう。

  1. まずはアメックスに電話をする
  2. 支払い方法について指示を仰ぐ
  3. 指示された方法で速やかに支払いを済ませる

支払い方法として案内されるのは基本的に銀行振込による対応です。

明細書の裏面下部に記載されている振込先に対し、振込をすることになります。振込先がわからない場合は、きちんと電話口で確認をしておきましょう。

金融機関によっては再引き落としができる

全ての金融機関というわけではありませんが、たとえば三菱UFJ銀行やみずほ銀行などの主要な銀行の場合は、再引き落としで対応することも可能です。

  • 引き落とし口座として指定している銀行が、再引き落としに対応しているかどうか
  • 再引き落としが可能なら、再引き落とし日はいつか

以上2点をコールセンターの窓口で確認した上で、今度こそ指定口座に遅延なく、十分なお金を準備しておきましょう。

アメックス(AMEX)への支払いが間に合わない時の対処法

さて、次のテーマとしてピックアップしたいのが、アメックスへの支払いが間に合いそうにない時の対処法です。

本来、支払いが間に合わないというのはあってはならないことですが、イレギュラーが発生してしまい、どうにもならない状況というのは誰にでも起こり得ます。

落ち着いて以下の内容を確認していただき、今からできる最善の処置を取りましょう。

何よりもまず電話連絡が先決

支払いに遅れが生じているような状況下においては、どうしても電話連絡がしづらいというのはわかります。

ただし、電話連絡が遅れれば遅れるほどに、あなたの信頼はどんどん失われていくのは間違いありません。遅れを取っているからこそ誠実に、迅速に対応することがポイントです。

  1. アメックスに電話連絡をして事情を説明する
  2. 支払い方法および支払い日について相談する
  3. 約束の期日までにきちんと支払いを済ませる

対処法としては非常にシンプルかつ当たり前の流れですね。

遅延が続くと起こりうるデメリット

さて、それではアメックスへの支払いができないままに、遅延が続いてしまうとどのような事態を招いてしまうのでしょうか。

支払いの遅延が続いた時に起こりうるデメリットとしては以下の通りです。

  • 遅延損害金が発生する
  • カードが利用停止となる
  • 信用度が低下する

遅延損害金はいわゆる延滞料金ですね。利用料金に加え、遅延損害金をきちんと支払えば、カードが利用停止された状態から解放されます。

最も大きな傷として残ってしまうのはやはり、信用情報の部分です。

こちらはクレヒスに5年間は残ってしまう履歴で、将来的に以下のような場面で審査が不利になってしまいます。

  • 新規でクレジットカードを作成する
  • 車のローンを組む
  • マイホームのローンを組む

遅延という事実に、金額の多寡は関係ありません。たった数千円の延滞だとしても、それは立派な延滞履歴として刻まれてしまいます。

以上の点を踏まえれば、支払いの遅延に対しては、注意しすぎてもしすぎることはないと言えるでしょう。

アメックス(AMEX)の口座引落先の変更方法

さて、続いてはアメックスの口座引き落とし先の変更方法についてみていきたいと思います。

前述の通り、アメックスの締め日と引き落とし日には3つのパターンがあり、場合によっては引き落とし先の銀行を変更することで、締め日と引き落とし日を変えたいというケースも出てくることでしょう。

アメックスの口座引き落とし先を変更するまでの流れは以下の通りです。

  1. 預金口座振替依頼書と専用封筒(PDF)をプリントアウトする
  2. 各書類に必要事項を記入し、アメックスまで郵送する

以下、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

預金口座振替依頼書と専用封筒(PDF)をプリントアウトする

アメックスの口座引き落とし先の変更については、金融機関との手続き上、書面での手続きが必須となっています。

まずは、以下の公式ホームページより、預金口座振替依頼書と専用封筒(PDF)をプリントアウトしましょう。

アメックス公式サイトダウンロードページ

ちなみに、所有しているアメックスの種類によって、ダウンロードすべきPDFが異なる点には注意が必要ですよ。

各書類に必要事項を記入しアメックスまで郵送する

適切なPDFをダウンロードしたら、必要事項を記入していきます。

こうした正式な書面に必要事項を記入する際には、記入方法があっているかどうかで不安を覚える方もいるかもしれませんが、ダウンロードするPDFに、以下の2点が事細かく示されているため、一切心配する必要はありません。

  • 必要事項の記入方法(具体的な記入例含む)
  • 書き損した場合の訂正方法
  • 郵送する際の注意点

PDFで指定されている記載方法に沿っていなかったり、記載内容に不備がある場合は、郵送のやり取りでかなりの時間を要してしまうため、慎重に記載するのはもちろん、郵送する前に記載内容の確認を仔細に行うのがベターです。

なお、郵送〜口座振替設定が完了するまでの間における利用代金については、アメックス口座への振り込みで対応する点も覚えておきましょう。

まとめ

アメックスの締め日と引き落とし日には3つのパターンがあります。

Webや明細書、電話などで締め日と引き落とし日を確認できるため、しっかりと自身の締め日と引き落とし日を確認し、遅延なき支払いを励行しましょう。

また、万が一支払い日に間に合わないような事態に陥ってしまった場合には、早急にアメックスに電話連絡を入れ、どのように対処すべきかについての判断を仰ぐことが大切です。

たった一回の遅延でも、場合によっては大きな傷として残る可能性があります。日頃から身の丈以上の使い方をしないことを意識しつつ、引き落とし日までに余裕を持ってお金を準備する習慣をつけておきたいものですね。

初年度年会費無料で利用できるおすすめのアメックスカードはこちら