【アメックス・ビジネス・カードの口コミ】嬉しいメリット・気になるデメリットを解説!

 

アメックス・ビジネス・カードは、アメックス・グリーン版ビジネスカードです。年会費の割にビジネス、プライベートで使える特典が充実しているコスパが優れているのが特徴です。

ここでは、アメックス・ビジネス・カードのメリットとデメリット、そして、実際に使っている方の口コミ/評判も紹介していきますので、カード選びの参考にしてください。

  1. アメックス・ビジネス・カードの基本情報
    1. アメックス・グリーンとアメックス・ビジネス・カードの違い
  2. アメックス・ビジネス・カードの嬉しいメリット・活用法
    1. カードの年会費を経費として計上できる
    2. 手荷物無料宅配サービスで身軽に出張できる
    3. 海外、国内旅行傷害保険が個人向けカードよりも充分
    4. 空港のラウンジが利用可能
    5. 24時間365日出張の航空券を予約できるJALオンライン
    6. 国内、海外で購入した商品の破損や盗難に対する補償
    7. インターネットショッピングでの不正利用を補償
    8. 販売店が返品の引き取りを拒否した時の補償
    9. ビジネスの情報検索やコンサルティングが無料で受けられる
    10. クラブオフのVIP会員特典
    11. ビジネス・カード会員限定イベントあり
    12. VIP Loan Card for American Expressで資金を借りることも可能
  3. アメックス・ビジネス・カードの気になるデメリット
    1. 年会費が高い
    2. ポイント還元率はそれほど高くない
    3. ETCカードに年会費がかかる
  4. アメックス・ビジネス・カードの口コミ/評判
    1. 良くない口コミ|アメックス・ビジネス・カードはポイント還元率が低い
    2. 良い口コミ|経費管理が楽になる
    3. 良い口コミ|アメックス・ビジネス・カードは審査に通りやすい
    4. 良い口コミ|お得な優待や特典がある
  5. アメックス・ビジネス・カードの申込み方法
    1. インターネットからの申込み方法
    2. 電話で申し込む方法
    3. 本人確認書類として利用可能な書類
  6. アメックス・ビジネス・カードの審査難易度・審査にかかる時間
    1. アメックス・ビジネス・カードの審査にかかる時間
  7. アメックス・ビジネス・カードの締め日・引き落とし日
  8. アメックス・ビジネス・カードがおすすめな人
    1. ビジネスカードにしかない特典が魅力
  9. まとめ

アメックス・ビジネス・カードの基本情報

アメックス・ビジネス・カード

還元率 0.33~0.5%
年会費 12,000円(税別)
申し込み条件 20歳以上
※個人事業主/法人
国際ブランド AMEX
ETCカード 500円
家族カード 6,000円

 

アメックス・ビジネス・カードの特徴は以下の通りです。

  • ビジネス用なので法人口座から引き落としが可能
  • カードの年会費を経費として計上できる
  • 手荷物無料宅配サービスがあるので、身軽に出張できる
  • 国内/海外旅行傷害保険が付帯
  • カードを持たない家族にも旅行保険が付く
  • 従業員や家族に追加カード(家族カード)を発行可能
  • 利用明細書は追加カードを持っている社員ごとに毎月発行
  • 24時間365日出張の航空券を予約できる法人用『JALオンライン』が利用可能
  • Apple Pay対応

アメックス・ビジネス・カードは、個人事業主や法人向けのカードです。年会費を経費として計上できるのが、ビジネスカードの大きなメリットとなります。

個人事業主としても法人代表としてとしても申込み可能で、カードに付帯するサービスはどちらも全く一緒です。(※個人事業主として発行した場合のみ、家族へも追加カードが発行できますがそれ以外に変わりはありません)

ETCカードは年会費が500円(税別)ですが、他のアメックスと違って発行手数料は無料になっています。ETCカードは5枚まで発行できるので、従業員に渡して使ってもらうことも可能です。

また、追加カードを従業員や家族に発行することができ、会社用のカードとして使ってもらえば、誰がいくら使ったかすぐに分かるので経理業務を簡略化することができますよ。

アメックス・グリーンとアメックス・ビジネス・カードの違い

アメックス・グリーンとアメックスビジネスカード

アメックス・グリーンとアメックス・ビジネス・カードは同じ緑色の券面でデザインが似ていますが、スペックは若干異なります。

どちらも年会費は同じですが、付帯している特典が異なるので詳しく解説していきましょう。

まず、年会費はどちらも12,000円(税別)で、追加カード(家族カード)も1枚6,000円(税別)と一緒です。ただ、ETCカードは以下のように違いがあります。

アメックス・グリーン アメックス・ビジネス・カード
ETCカード
(年会費)
・年会費無料
・発行手数料850円(税抜)
・年会費500円
・発行手数料無料

ETCカードはアメックス・グリーンは年会費がかからない分発行、手数料がかかりますが、反対にアメックス・ビジネス・カードは年会費が500円で発行手数料は無料となっています。

発行手数料は最初に一度だけ支払えばよいので、長い目でみるとアメックス・グリーンの方が安いです。

通常のアメックス・グリーンについてもっと知りたい方は『【アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)の口コミ】利用するメリット・デメリットを徹底解説!』の記事も合わせて参考にしてみてください。

付帯する特典面での違い

アメックス・グリーンのみにある特典、また、アメックス・ビジネス・カードのみにある特典がありますので、それぞれのカードの特典を比べていきましょう。

アメックス・グリーンの特典 ビジネスカードの特典
・プライオリティパスの年会費無料 ・ビジネス・コンサルティング・サービス
・「ジー・サーチ」の利用料無料
・ビジネス情報調査代行サービス
・「クラブオフ」のVIP会員費が無料
・ビジネス・カード会員様限定イベント
・VIP Loan Card for American Express

特典に関しては、アメックス・ビジネス・カードの方が断然多いです。

アメックス・グリーンにしかないものとしては、国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジが使える『プライオリティパス』年会費無料という特典がありますが、利用料が1回につき32ドルかかります。

プライオリティパス実物

アメックス・グリーンならプライオリティパスが無料

アメックス・ビジネス・カードには、ビジネスに役立つ特典が色々付いているので個人事業主や会社経営者にはメリットが大きいでしょう。経営に迷った際に無料でコンサルティングを受けることができるのは心強いですね。

他にも、ビジネスカード限定のローンカードを利用することができ、最大800万円までの借り入れをすることが可能なので、新しく事業を始める際の資金が足りない時に使えます。

海外、国内旅行傷害保険の違い

アメックス・グリーンとアメックス・ビジネス・カードには、海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。国内旅行傷害保険はどちらも同じですが、海外旅行傷害保険の補償内容が異なります。

海外旅行傷害保険の補償内容は以下のようになっています。(上が本会員、下が家族カード(追加カード)の表)

本会員 アメックス・グリーン ビジネスカード
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 5,000万円
傷害治療 100万円 300万円
疾病治療 100万円 300万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品損害
(免責金額3,000円)
30万円 50万円
救援者費用 200万円 400万円

 

家族カード
(追加カード)
アメックス・グリーン ビジネスカード
傷害死亡・後遺障害 1,000万円 1,000万円
傷害治療 100万円 300万円
疾病治療 100万円 300万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円
携行品損害
(免責金額3,000円)
30万円 50万円
救援者費用 200万円 400万円

アメックス・グリーン、アメックス・ビジネス・カードともに、カードで旅行費用を決済した際のみ補償される『利用付帯』となっています。

アメックス・グリーンとアメックス・ビジネス・カードの補償の最大の違いは、アメックス・ビジネス・カードの場合は、追加カードの家族も補償の対象となることです。

社員に追加カードを渡しておけば、その家族まで補償されるのは大きなメリットでしょう。

補償内容も、アメックス・ビジネス・カードの方が金額の上で大きくなっており、より手厚くなっています。

アメックス・ビジネス・カードの嬉しいメリット・活用法

アメックス・ビジネス・カードには、出張に便利な手荷物無料宅配サービスや、社員にも追加カードが発行できるなど、ビジネスに便利なメリットが沢山あります。

アメックス・ビジネス・カードのメリットは以下の通りです。

  • カードの年会費を経費として計上できる
  • 社員や家族にも追加カードを発行できる
  • 手荷物無料宅配サービスがあるので、身軽に出張できる
  • 海外/国内旅行傷害保険が付帯
  • 社員の家族にも旅行保険が付く
  • 従業員や家族に追加カード(家族カード)を発行可能
  • 利用明細書は追加カードを持っている社員ごとに毎月発行
  • 空港のラウンジが利用できる
  • 24時間365日出張の航空券を予約できる法人用『JALオンライン』が利用可能
  • 国内外で購入した商品の破損や盗難を補償『ショッヒング・プロテクション』
  • インターネットショッピングでの不正利用を補償『オンライン・プロテクション』
  • 販売店が返品の引き取りを拒否した時にも補償『リターン・プロテクション』
  • ビジネスの情報検索やコンサルティングが無料で受けられる
  • 契約施設を格安で使える『クラブオフ』のVIP会員特典が利用可能
  • ビジネスカード会員限定イベントあり
  • 『VIP Loan Card for American Express』で資金を一時的に貸してもらうことができる

カードの年会費を経費として計上できる

年会費も経費として計上できるので、節税にもなるのがアメックス・ビジネス・カードの大きなメリットです。

また、社員や家族にも追加カードを発行できるので、会社のお金で購入する際に、立て替えてもらう必要もありません。

追加カードの枚数に制限はなく、追加カードで使った金額は本カードに集約されるので、社員に追加カードを発行しておけば経費をすべて一元管理することができます。

経理業務が簡単になるので、ビジネスに割く時間が最大化できるのは経営者にとっては大きなメリットですね。

手荷物無料宅配サービスで身軽に出張できる

手荷物無料宅配サービスなど空港でのサービス

アメックス・ビジネス・カードには、海外旅行や海外出張の際に外旅行傷害保険行きも帰りもスーツケースを1つ無料で運んでくれる『手荷物無料宅配サービス』があります。

手荷物宅配サービスの対象となるのは以下の空港です。

  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

出発の7日前までに予約すれば、自宅までスーツケースを取りにきてくれるので、空港へ身軽な状態で向かうことができます。

そして、帰りはスーツケースを空港から自宅まで届けてもらえるので、帰りも楽ちんです。

追加カード会員も対象なので、追加カードを社員に発行しておけば、社員も手荷物無料宅配サービスを利用できるので、ビジネスの効率も上がるでしょう。

海外、国内旅行傷害保険が個人向けカードよりも充分

法人、個人事業主向けのアメックス・ビジネス・カードに付帯している海外・国内旅行傷害保険は、個人向けのアメックス・グリーンよりも充実しています。

出張する際に保険が手厚いと安心です。

海外・国内旅行傷害保険はともに『利用付帯』となっているので、カードで旅行・出張費を支払った場合のみ保険の対象となります。まずは、海外旅行傷害保険について見ていきましょう。

アメックス・ビジネス・カードの海外旅行傷害保険

海外では軽度の怪我や病気でも、医療費が高額になる場合があります。

しかし、カードに付帯する海外旅行傷害保険が手厚いと安心感がプラスされ、より仕事に集中できるでしょう。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの、海外旅行傷害保険の補償内容は以下のようになっています。

補償内容 本会員 追加カード会員 家族
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 5,000万円 1,000万円
傷害治療 300万円 300万円 300万円
疾病治療 300万円 300万円 300万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円 4,000万円
携行品損害
(免責金額3,000円)
50万円 50万円 50万円
救援者費用 400万円 400万円 400万円

※携行品損害は1旅行中最高50万円/免責金額とは補償を受ける際に払う際の手数料のようなもの

携行品損害は1旅行中50万円まで補償』されるので、高価なカメラやPC、スマホの盗難や紛失の際に役立ちます。

免責金額を1事故につき3,000円支払う必要があるため、実質3,000円以上の商品が補償の対象です。年間で100万円までのビッグな補償があるので、仕事で使うPCやスマホなどが盗難や紛失にあっても被害額が補償されます。

救援車費用とは、カード会員が海外で入院した場合など、家族のサポートが必要になった際に補償される保険です。300万円用意されており、遠方から駆けつける家族の交通費やホテルの宿泊代などが補償の対象です。

海外旅行傷害保険は、1旅行につき日本を出国する前日から最大90日間補償の対象となります。

アメックス・ビジネス・カードの国内旅行傷害保険

アメックス・ビジネス・カードの国内旅行傷害保険は、利用付帯となっているため、旅行費用を事前にカードで支払った場合のみ保険の対象となります。

アメックス・ビジネス・カードの、国内旅行傷害保険の補償内容は以下の通りです。

補償内容 本会員 追加カード会員 家族
傷害死亡 5,000万円 5,000万円 1,000万円
後遺障害 5,000万円 5,000万円 1,000万円

国内旅行傷害保険は、補償される項目が少ないですが、追加カードの家族まで補償されるのがメリットです。

社員に追加カードを発行しておけば、社員の家族も補償の対象となります。

空港のラウンジが利用可能

アメックス・ビジネス・カードは、国内外30空港のラウンジが無料で同伴者1名まで利用可能です。

追加カード会員もカード1枚につき同乗者1名まで無料になるため、追加カードを持っている社員もフライトの出発前の空き時間を、空港ラウンジでリラックスしながら待つことができます。

アメックス・ビジネス・カードで利用できる空港のラウンジは以下の通りです。

  • 新千歳空港
  • 函館空港
  • 青森空港
  • 秋田空港
  • 仙台空港
  • 羽田空港
  • 成田国際空港
  • 新潟空港
  • 富山空港
  • 中部国際空港
  • 小松空港
  • 大阪国際空港(伊丹空港)
  • 関西国際空港
  • 神戸空港
  • 岡山空港
  • 広島空港
  • 米子空港
  • 山口宇部空港
  • 高松空港
  • 松山空港
  • 徳島空港
  • 北九州空港
  • 福岡空港
  • 長崎空港
  • 大分空港
  • 熊本空港
  • 鹿児島空港
  • 那覇空港
  • ハワイ ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧・ホノルル国際空港)、
  • 仁川国際空港

空港ラウンジでは、ゆったりとしたスペースにふかふかのソファーが置いてあり、フリードリンクやアルコールを飲むことができます。

空港の中は人が多く落ち着かないので、空港ラウンジが利用できるとリラックスしながら仕事の予定の確認やアイディアを練ることができますね。

24時間365日出張の航空券を予約できるJALオンライン

JALオンライン

仕事で忙しい時でも、インターネットがあれば、24時間365日航空券を予約できる『JALオンライン』が利用できるのも、アメックス・ビジネス・カードの大きなメリットです。

JALオンラインには、以下のような特徴があります。

  • 特別運賃で航空券を購入することができる。
  • 無料で普通席よりも広い『クラスJ』に席をアップグレード
  • 航空券の予約、発券、搭乗実績をネットから確認できる
  • 会社の部署ごとに精算することも可能なので、規模の大きな会社でも使いやすい
  • 運賃はまとめて翌月に請求されるので、出張の時に社員が建て替える必要がない

JALオンラインは、法人向けのサービスで出張の際の国内外の運賃が特別価格で利用できます。

アメックス・ビジネス・カード会員であれば無料で利用できるので、出張費のコスト削減になるでしょう。

また、航空券の予約や搭乗実績は全てオンラインで閲覧することが可能です。これにより経理業務が大幅に短縮されるので、仕事のコストパフォーマンスが上がります。

そして、出張の運賃は後払いで翌月に支払うので、社員が出張費を立て替える必要がないというのも大きなポイントです。

普通席よりも広い『クラスJ』の席に無料でアップグレードすることが可能なので、出張の際に広々とした席で足を伸ばして座ることができます。

国内、海外で購入した商品の破損や盗難に対する補償

アメックス・ビジネス・カードで購入した商品を盗難や、偶然の事故による破損をしてしまった際に、購入日から90日間被害額を補償する『ショッピング・プロテクション』という保険も付帯しています。

国内のみではなく海外での購入も対象となっているので、海外旅行や出張先で購入した商品も補償されるのは大きなメリットです。

海外で盗難にあった場合には帰ってくる確率はかなり低いため、こういった補償が適応されると心強いですね。

カード会員1名につき年間500万円まで補償されます。追加カード会員もショッピング・プロテクションの対象です。

インターネットショッピングでの不正利用を補償

インターネットでカードが不正利用されても、被害額が補償される『オンライン・プロテクション』という補償も、アメックス・ビジネス・カードには付いているので、安心してネットショッピングを楽しむことができます。

近年、ネット上のカードの不正利用が問題になっていますが、アメックスは不正を検知するプログラムを導入しており、高いセキュリティーが評判です。

もし、万が一、第三者から不正利用されても損害額はアメックスが全額補償してくれます。

販売店が返品の引き取りを拒否した時の補償

アメックス・ビジネス・カードで購入した商品の返品を、販売店が拒否した場合に一定額補償される『リターン・プロテクション』という補償があります。

セール品やインターネットで購入した商品は、後から返品できないことがありますね。そういった場合でも、以下のような条件を満たしていれば補償を受けることが可能です。

  • 商品が未使用で損傷がない
  • 他の保険や補償が使えない場合
  • 購入日から90日以内の商品

条件を満たせば、1商品につき最大3万円相当額が会員の口座に振り込まれます。

大きな金額ではありませんが、不要な商品が手元にあっても邪魔になるだけなので、なかなか使い勝手がいい補償です。

年間で補償される総額は15万円までとなっています。追加カード会員も補償の対象ですが、本カード会員と同じ枠内での補償となります。(本カード会員と追加カード会員あわせて年間15万円までの補償)

しかし、個人目的で購入した商品に限られるため、会社の備品や、経費で購入した場合は対象外です。

ビジネスの情報検索やコンサルティングが無料で受けられる

アメックス・ビジネス・カードには、ビジネスに役立つ検索サービスやコンサルティングを無料で受けられる特典があります。

以下のような便利なサービスを利用することが可能です。

  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス『ジー・サーチ』
  • ビジネス情報調査代行サービス

ビジネス・コンサルティング・サービス』は、電話や面談でビジネスに関するコンサルティングを無料で受けることができ、セミナーへの参加も可能です。

また、ビジネス情報サービス大手の『ジー・サーチ』の情報を無料で見ることができます。

帝国データバンクや東京商工リサーチなどの大手リサーチ会社のデータベースから、取引相手の過去の与信や経営情報を事前に確認できるので、リスクを最小限に抑えられます。

気になる企業の調査を依頼することもできるので、リサーチにかける時間が少なくなり業務を効率的に行うことができるでしょう。

クラブオフのVIP会員特典

クラブオフ

アメックス・ビジネス・カード会員なら、『クラブオフ』のVIP会員特典が利用できます。国内外で20万ヵ所以上のリゾート施設や国内で20,000ヵ所以上の宿泊施設が優待価格で利用できます。

クラブオフはアメリカン・エキスプレスのサービスで、宿泊施設や遊園地、映画館、温泉などを格安で利用することが可能です。

宿泊施設であれば最大90%オフで泊まれるホテルもあるので、非常にお得ですね。

家族カード会員や追加カード会員も利用できます。対象の施設はWEBサイトから簡単に見ることができるので便利です。オフが充実していると仕事の活力も湧きますね。

ビジネス・カード会員限定イベントあり

アメックス・ビジネス・カード会員なら、アメックスのビジネスカード会員限定のイベントに参加することもできます。

経営者とのコネクションを増やしたり、普段、味わえない特別な時間を過ごすことが可能です。

イベントの内容はその時々で変わりますが、有名プロゴルファーとホールを回るイベントや、ワインの選び方講座など、他では体験できないイベントばかりとなっています。

VIP Loan Card for American Expressで資金を借りることも可能

アメックスのビジネス・カードのみの特典で『VIP Loan Card for American Express』という法人向けのローンカードを利用することができます。

最高800万円の資金を、最短その日のうちに借りることができるので、資金が必要になった際に重宝するでしょう。

利息が発生するので、特に必要がない方は無理に借りる必要はありません。しかし、事業をしていると何があるか分からないため、スピーディーに資金を借りられるアテがあるのは、大きな後ろ盾となります。

アメックス・ビジネス・カードの気になるデメリット

アメックス・ビジネス・カードには、年会費が高い、ETCカードに年会費がかかるなどのデメリットがあります。

アメックス・ビジネス・カードのデメリットは以下の通りです。

  • 年会費が高い
  • ポイント還元率はそれほど高くない
  • ETCカードに年会費がかかる

それでは、順番に解説していきます。

年会費が高い

アメックス・ビジネス・カードの年会費は12,000円(税別)で、追加カードは1枚6,000円です。

ビジネスカードとしてはそれほど高い金額ではありませんが、ゴールドカードではないので年会費が高いと感じる方もいると思います。

しかし、アメックス・ビジネス・カードは、他社のクレジットカードのゴールドカード以上の特典がついているカードです。

例えば、空港ラウンジの利用や、最大5,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しています。

また、手荷物無料宅配サービスやクラブオフのVIP会員特典が利用できるなど、アメックスにしかない特典も充実しているため、実はスペックを比べると年会費以上の価値があるのです。

特典が充実しているアメックス・ビジネス・カードは、非常にコスパがいいので経営者の方や個人事業主の方におすすめの1枚となります。

ポイント還元率はそれほど高くない

アメックス・ビジネス・カードのポイント還元率は、0.33~0.5%(ポイント交換先により変わる)と高いとは言えません。

しかし、アメックス・ビジネス・カードには『デポジット』といい、前もって銀行口座に入金しておけば、その分利用枠が上がるという仕組みがあります。

高額な決済がある時に前もって銀行口座に入金しておけば、通常の利用枠を超えてカードで決済することが可能です。この方法を使えば、カードで多額の決済をすることができるので、ポイントがおもしろいように貯まっていきます。

もちろん、事前にアメックスに連絡しなければいけないことと、現金を用意しなければいけないというデメリットもありますが、他社のクレジットカードにはない機能なので、ポイントを貯めたいという方は上手くデポジットを使うといいでしょう。

※アメックスは限度額を明確に定めていませんが、“個々で”ある程度目安となる金額があります。

ETCカードに年会費がかかる

アメックス・ビジネス・カードは、ETCカード1枚につき年会費が500円(税別)かかります。

高額ではないですが、無料でETCカードが使えるクレジットカードもあるので、これは多少のデメリットです。

ただ、5枚まで発行できるので、家族や社員に渡せるという利便性があります。また、ETCカードで使った金額は、本カードに集約されるので、その分ポイントが貯まるというのが地味なメリットです。

会社で使用する車にETCカードを挿しておけば、高速料金を経費にする際、本カードの利用履歴に表示されるので、経理業務が非常に楽になります。

アメックス・ビジネス・カードの口コミ/評判

ここまで、アメックス・ビジネス・カードのメリットとデメリットに関して解説してきましたがいかがでしょうか?

とはいっても、クレジットカードは実際に使ってみないとカードの良し悪しは分からないものですね。

そこで、実際にアメックス・ビジネス・カードを使っている方の口コミ/評判を集めました。

もちろん、良い口コミ、良くない口コミどちらも紹介していきますよ。

良くない口コミ|アメックス・ビジネス・カードはポイント還元率が低い

まず、最初に紹介するのは、アメックス・ビジネス・カードのポイント還元率に関する評判です。以下、Yahoo!知恵袋やツイッターから引用しています。

アメックス・ビジネスカードのポイント還元低すぎ。

出典:Yahoo!知恵袋

アメックス・ビジネス・カードの還元率は、ポイント交換先によって変わりますが、高くても0.5%程度なのでクレジットカードとしては低い方です。

しかし、アメックス・ビジネス・カードには、他社のゴールドカード以上の特典が付帯しています。

空港ラウンジの利用や、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険などは、他社のゴールドカードの特典です。また、『クラブオフ』のVIP会員特典が使えるので、国内・海外のリゾート施設やホテルを格安で利用ができる優待もあります。

年間かなりの金額を使われる方であれば、メンバーシップ・リワード・プラスに入ることで、還元率を大幅にアップさせることも可能です。

年会費3,000円(税別)がかかりますが、一例をあげるとANAマイルへの交換レートが2倍になります。

カードを使う金額が大きい人は、メンバーシップ・リワード・プラスに入った方がお得でしょう。

メンバーシップ・リワード・プラスの活用方法については『アメックスのメンバーシップ・リワード・プラスの活用ガイド|登録方法からお得なポイント交換方法まで全てをわかりやすく解説』の記事で更に詳しく解説しています。

良い口コミ|経費管理が楽になる

次に紹介するのは、アメックス・ビジネス・カードの経費管理に関する評判です。以下、ツイッターとYahoo!知恵袋から引用しています。

たとえば領収書を1枚1枚処理するのは大変ですよね。役員が複数いる会社だったりするとやはり経理的な処理の簡略化などによるメリットを重視しての導入かと思います。

出典:Yahoo!知恵袋

アメックス・ビジネス・カードは、追加カードが枚数制限なく作れます。

追加カードで使った分は本カードに集約されるので、領収書を見なくてもWEB明細から簡単に確認することが可能です。

会社の備品などを社員が購入する場合に、追加カードで購入してもらえば経理業務が楽になります。

ポイントも本カードに集まるので一石二鳥です。個人事業主の方も過去の明細がWEB上で見られるので、確定申告の時などに経費の計算をするのが簡単になります。

良い口コミ|アメックス・ビジネス・カードは審査に通りやすい

次に紹介するのは、アメックス・ビジネス・カードの審査に関する評判です。以下、ツイッターとYahoo!知恵袋から引用しています。

他社のビジネスカードは、ある程度の期間収益が安定していないと断られるケースが多いですが、アメックス・ビジネス・カードは会社設立1年目でも持つチャンスがあります。

アメックスは個人事業主や会社経営者を積極的に受け入れているため、他社に比べて審査は厳しくありません。事業を始めたての方は、アメックス・ビジネス・カードから申し込んでみてはいかがでしょうか?

良い口コミ|お得な優待や特典がある

※クラブオフの特典は、アメックス・ビジネス・ゴールド、アメックス・ビジネス・カード共通の特典となります。

アメックス・ビジネス・カードを持っていると、クラブオフのVIP会員特典が無料で利用できます。クラブオフは国内外で20万ヵ所以上のリゾート施設や国内で20,000ヵ所以上の宿泊施設が優待価格で利用できるサービスです。

時期によっては利用料金が90%オフになる施設もあるので、次の休暇にどの施設を利用するか考えただけで、仕事の活力がわいてくるでしょう。

対象の施設はカード会員であればすぐネットから検索できます。

また、航空券が1ヶ月後にまとめて精算できる『JALオンライン』も利用可能です。

出張の際の交通費が後払いできるので、社員が建て替える必要がないのがメリットとなります。JALの航空券も優待価格で購入できるので、出張費の削減にもなるでしょう。

こちらもアメックス・ビジネス・ゴールド、アメックス・ビジネス・カード共通の特典となるので、年会費が安い分お得感がありますね。

アメックス・ビジネス・カードの申込み方法

アメックス・ビジネス・カードは、インターネット、または、電話からでも申し込むことができます。インターネットから申し込む方が手続きも簡単で 、カードが届くスピードも早いです。

まずは、インターネットからの申込み方法を解説していきます。

インターネットからの申込み方法

インターネットからは、アメックス・ビジネス・カードの公式サイトで申込みフォームに入力するだけで完了します。

インターネットからの申込み手順は以下の通りです。

  1. アメックス公式サイト』にアクセスし、『個人事業主として申込み』または、『法人格のある法人代表として申込み』のボタンをクリック
  2. 申込みフォームに氏名、年齢、収入などの必要事項を入力
  3. 審査に10日程度かかるので待つ
  4. 個人事業主として申し込んだ場合は自宅にカードが届く。法人として申し込んだ場合には『ご本人様確認書類等ご提出のお願い』という書類が届くので、必要書類を返送した後、カードが会社の住所に届く
  5. カードを受け取ったら、引き落とし口座の設定を行う

個人事業主として申し込んだ場合には、審査に受かれば2週間前後でカードが自宅に届きます。

一方、法人代表として申し込んだ場合には、カードが届く前に『ご本人様確認書類等ご提出のお願い』という封筒が届くので、必要書類をまとめてアメックスに返送する必要があります。

その書類をアメックスが確認してからカードの発送となるので、法人代表として申し込んだ場合には覚えておきましょう。

個人事業主として申し込んだ場合には、カードが『本人限定受取郵便(特定事項伝達型)』で送られてきます。(※法人代表として申し込んだ場合には簡易書留)

本人限定受取郵便を受け取る場合には、本人確認書類を提示する必要があるのであらかじめ用意しておくといいでしょう。

電話で申し込む方法

電話からでも、アメックス・ビジネス・カードを申し込むことが可能です。電話で申し込む場合には、まずアメックスに連絡し、カードの申込用紙を郵送してもらう形になります。

アメックスから送られてきた申込用紙に必要事項を記入し、返送してから審査が始まるので、インターネット申込みよりも、カードが送られてくるまでの時間がかかってしまいます。

また、手書きで書類を書かなければいけないため手間もかかるのもデメリットです。

カードを早く受け取りたいという方や、申込みに手間をかけたくない方はインターネットから申し込みましょう。

本人確認書類として利用可能な書類

アメックス・ビジネス・カードを申し込む際には、以下の中からいずれか1点の本人確認書類が必要となります。

  • 運転免許証
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • マイナンバーカード
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し

※法人代表として申し込んだ場合には、『住民票の写し』は本人確認書類として利用不可

また、法人として申し込んだ場合には、上記の書類1点の他に、以下の書類のうち1点が必要になります。

  • 商業登記簿謄本
  • 登記事項証明書

インターネット・電話申込みどちらでも、本人確認書類は必要になるため事前に準備しておくと申込みがスムーズにおこなえます。

また、個人事業主として申し込む場合と、法人代表として申し込む場合で必要な書類が違うので注意しましょう。

アメックス・ビジネス・カードの審査難易度・審査にかかる時間

アメックス・ビジネス・カードは、一般的なビジネスカードよりも審査のハードルが高く設定されてないため、事業を始めてあまり期間の経っていない方でも持つことができるカードです。

他社のビジネスカードは、ある程度の期間事業の収益が黒字になっていないと審査に通るのは難しいですが、アメックスは個人事業主や経営者を積極的に受け入れているので、そこまで厳しくはありません。

アメックス・ビジネス・カードは、会社経営者や個人事業主が持ちやすいカードなので、初めてのビジネスカードを申し込む方にもおすすめします。

アメックス・ビジネス・カードの審査にかかる時間

アメックス・ビジネス・カードは審査に10日前後かかります。また、申し込んでから自宅(法人の場合は会社)に届くまでの期間は、約2週間から3週間です。

まれにすぐに審査に通るケースもありますが、本当に限られた方だけなので時間に余裕を持って申込みましょう。

そして、法人代表として申込みした場合は、審査を通過した後、一度必要書類をアメックスに送る必要があるので、個人事業主として申し込んだ場合よりも少し時間がかかります。

また、どうしてもカードを使う予定がある場合には、(審査状況によりますが)アメックスに連絡すると、審査を早めてくれる場合もあり、ある程度の融通がきくのもアメックスの良い点ですね。

アメックス・ビジネス・カードの締め日・引き落とし日

アメックス・ビジネス・カードの締め日と引き落とし日は、引き落とし口座に指定する銀行によって異なるため、アメリカン・エキスプレスに電話して確認する必要があります。

例えば、以下のように銀行ごとに締め日と引き落とし日は異なるのです。

三菱UFJ銀行の場合。

  • 締め日:2日
  • 引き落とし日:21日

三井住友銀行の場合。

  • 締め日:5、6、7日のいずれか
  • 引き落とし日:26日

住信SBIネット銀行の場合。

  • 締め日:18~21日
  • 引き落とし日:翌月10日

他の銀行の締め日と引き落とし日は、アメリカン・エキスプレスに問い合わせるか、入会後に会員用WEBページで確認できます。

銀行によっては締め日が複数用意されているところもあるので、都合が悪い場合には後から変更してもらいましょう。

アメックスの締め日や引き落とし日について『アメックス(AMEX)カードの締め日と引き落とし日はいつ?再引き落としは可能?』の記事で更に詳しく解説しています。

アメックス・ビジネス・カードがおすすめな人

アメックス・ビジネス・カードは、個人事業主や会社経営者、充実した旅行のサービスを受けたい方などにおすすめのカードです。

アメックス・ビジネス・カードは以下のような方におすすめします。

  • 個人事業主や会社経営者
  • カードの年会費を経費にしたい
  • 経費の管理を簡単にしたい
  • 充実した旅行傷害保険が付帯したカードが欲しい
  • 空港ラウンジを利用したい
  • 出張や旅行に便利なサービスが豊富なカードが欲しい
  • 経営に関するコンサルティングを無料で受けたい

アメックス・ビジネス・カードは、個人事業主や会社経営者向けのカードで、年会費は経費として計上できるので、税金がその分安く抑えられるというメリットがあります。

社員や家族に追加カードを発行しておけば、国内外30空港のラウンジの使用や手荷物無料宅配サービスなどの便利なサービスを社員や家族も使うことが可能です。

また、追加カード会員の家族も海外・国内旅行傷害保険の対象となるので、より安心が広がります。

ビジネスカードにしかない特典が魅力

クラブオフ』のVIP会員特典が使える、ビジネスコンサルティングが無料で受けられるなどの個人向けのカードにはない特典が、アメックス・ビジネス・カードにはあります。

国内外で20万ヵ所以上のリゾート施設や、国内で20,000ヵ所以上の宿泊施設が優待価格で利用できるクラブオフのVIP会員特典が利用できるので、休暇のリフレッシュに使うことができます。

また、経営に迷った時にビジネスコンサルティングの電話相談を無料で受けることができるのも、アメックス・ビジネス・カードのメリットです。

他にも、ビジネス情報サービス大手の『ジー・サーチ』の情報を無料で見られるため、取引先の過去の経営状況を事前に知ることで、より安心して取引をおこなうことができます。

まとめ

アメックス・ビジネス・カードは、個人事業主や会社経営者向けのカードです。年会費が経費に計上できるので、節税対策にもなります。

また、追加カードの発行枚数に制限はないので、社員に持たせて出張費や会社の備品の購入に使ってもらえば、経理業務が格段に楽になるでしょう。

その他にも、無料のビジネスコンサルティングや個人カードにはない優待がある上に、他社のビジネスカードよりも審査に受かりやすいので、事業を営んでいる方にはおすすめのカードです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました