アメックスのプロパーが初年度年会費無料で利用できるキャンペーン中!ステータスカードをお得に使う!

 

数あるクレジットカードの中でも特にステータス性が高い1枚として目を惹くアメックスブランド。財布からチラリとアメックスが見えるだけで、思わず『おぉ!』と唸ってしまう方もいることでしょう。

さて、ステータス性を重視したい方ならぜひとも持ちたいアメックスですが、そのランニングコストの高さになかなか手が出せずにいる方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、アメックスのプロパーが初年度のみ年会費無料で利用できるキャンペーン情報をお伝えしていきたいと思います。兼ねてよりアメックスに憧れていた方にとっては特に、本記事は見逃し厳禁の内容となっていますよ。

  1. 初年度の年会費が無料で使えるアメックスのプロパーカード
    1. アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)
      1. 国内外の旅行保険が充実
      2. 複数のプロテクションで安心感が抜群
      3. 事前の振込で限度額は無限大に
      4. アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)がおすすめな人
    2. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
      1. 国内外の旅行保険が充実
      2. プライオリティパスが年2回まで無料
      3. 高級レストランのコース料理が1名無料
      4. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめな人
  2. アメックスブランドが年会費無料で利用できる提携カード
    1. 楽天カード
      1. アメリカン・エキスプレス・コネクトで優待
      2. 充実の海外旅行保険が付帯
      3. 楽天カード(アメックスブランド)がおすすめな人
    2. セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード
      1. 西友・リヴィン・サニーで毎月2回5%オフ
      2. tabiデスクでパッケージツアーが最大8%オフ
      3. セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人
    3. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)
      1. 国内外の旅行保険が充実
      2. ショッピング安心保険が付帯
      3. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)がおすすめな人
    4. ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
      1. 西友・リヴィン・サニーで常に3%オフ
      2. 安心のオンラインプロテクション
      3. ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人
    5. PARCOカード
      1. PARCO・西友・リヴィンなどで5%オフ
      2. 年会費有料のアメックスは国内外の旅行保険が付帯
      3. PARCOアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人
    6. タカシマヤセゾンカード
      1. 高島屋なら最大5%還元
      2. 特定加盟店なら常に2%還元
      3. タカシマヤセゾンカードがおすすめな人
    7. 三井ショッピングパークカード《セゾン》
      1. ららぽーと、コレド、アウトレットパークなどではポイント2重取り
      2. 駐車料金無料特典
      3. 三井ショッピングパークカード《セゾン》がおすすめな人
    8. ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード
      1. ヤマダ電機で還元率10.5%
      2. ANA・出光・得タクで還元率アップ
      3. ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人
    9. クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード
      1. 西武やそごうでは還元率が飛躍的にアップ
      2. 誕生月には最大6,200ポイントを獲得できる
      3. クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人
    10. みずほマイレージクラブカードセゾン
      1. ATM利用料が優遇
      2. パートナー企業なら還元率が最大6倍
      3. みずほマイレージクラブカードセゾンがおすすめな人
  3. アメックスはプロパーと提携カードがある
    1. プロパーカードの厳密な定義
    2. アメックスのプロパーカードと提携カードの主な違い
      1. 年会費とステータスの違い
      2. 特典やサービスの違い
      3. 旅行保険の補償額の違い
  4. まとめ

初年度の年会費が無料で使えるアメックスのプロパーカード

初年度の年会費が無料で使えるアメックスのプロパーカードは以下の通りです。

初年度限定とはいえ、それでも決して安くはないランニングコストが無料になるのはありがたいですね。早速、それぞれのクレジットカードの特徴を以下でみていきましょう。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

還元率 1%
年会費 初年度:無料
2年目以降:12,960円(税込)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:918円(税込)
年会費:無料
家族カード 6,480円(税込)

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)は初年度年会費無料で使える上、カード利用特典として、以下の通り最大18,000ポイントを獲得することが可能となっています。

  • カード入会後1ヶ月以内にカードを3回利用すると3,000ポイント
  • カード入会後3ヶ月以内に税込20万円以上のカード利用で5,000ポイント
  • カード入会後6ヶ月以内に税込50万円以上のカード利用で5,000ポイント
  • 通常還元ポイントとして5,000ポイント(税込50万円を利用した場合)
    合計:最大18,000ポイント

3ヶ月以内に20万円を達成したいなら1ヶ月に約67,000円。6ヶ月以内に50万円を達成したいなら1ヶ月に約84,000円の利用が目安となります。

日頃からありとあらゆる支払いをクレジットカードに集約している方であれば、決して届かない数字ではありませんよね。少しでも節約効果を高めたい方は、ぜひともこの利用特典を意識しながらカードを活用していきましょう。

国内外の旅行保険が充実

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)のユーザーは、以下の内容の充実した旅行保険を享受することができます。

海外旅行保険(利用付帯) 補償内容(本会員) 補償内容(本会員の家族)
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
傷害治療費用 100万円 100万円
疾病治療費用 100万円 100万円
賠償責任 3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円 30万円
救援者費用 200万円 200万円
国内旅行保険(利用付帯) 補償内容(本会員) 補償内容(本会員の家族)
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円

ご覧の通り、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)のユーザーのみならず、ユーザーの家族までが補償の対象として含まれている点が魅力です。

最も利用頻度の高いとされている傷害および疾病治療費用に関しては最高100万円と少々心許ないため、エポスカードなどの年会費無料のクレジットカードを合わせて発行しておくと、さらなる安心感を備えることができますよ。

複数のプロテクションで安心感が抜群

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)のユーザーは、以下の複数のプロテクション制度により、圧倒的な安心感を享受することができます。

  • ショッピングプロテクション

せっかく購入した高価な商品が偶然の事故によって破損や盗難にあった場合、以下の条件で補償が付帯するのがショッピングプロテクションです。

  • 購入日から90日以内の商品が対象
  • 海外はもちろん、国内での購入商品も補償の対象
  • 年間最大補償額は500万円まで

特筆すべきは、スマホの画面割れやPCのトラブルなども補償の対象に含まれているという点です。これから新規でスマホを契約する方については、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)で決済をしておけば安心ですね。

  • リターンプロテクション

アメックス以外のクレジットカードではなかなか耳にしないリターンプロテクション。こちらはアメックスで購入した商品を返品する際に、購入元の店舗がその返品に応じない場合、代わりにアメックスが以下の内容で補償をしてくれるというものです。

  • 購入日から90日以内の商品が対象
  • 商品が未使用で損傷がないことが条件
  • 1商品につき3万円まで。1人のユーザーにつき年間最高15万円までの補償

こうしたきめ細やかなサービスが行き届いているのがアメックスの強みと言えます。万が一、購入した商品を返品するようなケースがある場合には、リターンプロテクションを活用させてもらいましょう。

  • オンラインプロテクション

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)が提供する安心感はオンライン上の買い物にまで及びます。ネット通販における第三者の不正利用に対しても、バッチリ100%の金額補償がありますよ。

事前の振込で限度額は無限大に

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)には、事前入金(デポジット)制度があり、あらかじめ振込手続きさえ済ませておけば、利用限度額は青天井となります。

たとえば、1,000万円の高級車を購入するとしましょう。さすがにそこいらのクレジットカードでは、1,000万円の決済を通すことは不可能です。

ところがアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)の場合、1,000万円をアメックスの銀行口座に振込することで、アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)での決済が可能となります。

1,000万円をクレジット決済できるとなると、それに対して得られるポイントはどれくらいになるでしょうか。

1,000万円×1%=10万ポイント

高級車とはいえ、たった1回の買い物に対し、10万ポイントが付与されるようなお話が他にあるでしょうか。

誰にでもサラリとできる芸当ではありませんが、潤沢な預貯金があり、高級車やマイホームの一括購入を検討している方はぜひ、デポジット制度を活用することで、一気に大量ポイントの還元を狙うのも良いですね。

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)がおすすめな人

  • 充実した国内外の旅行保険を付帯したい人
  • 各種プロテクションで安心感を備えたい人
  • 事前入金制度に魅力を感じる人

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

還元率 1%
年会費 初年度:無料
31,320円(税込)
国際ブランド AMEX
ETCカード 新規発行手数料:918円(税込)
年会費:無料
家族カード 年会費:1枚目無料
※2枚目以降は12,960円(税込)

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは初年度年会費無料で使える上、カード利用特典として、以下の通り最大45,000ポイントを獲得することが可能となっています。

  • カード入会後1ヶ月以内にカードを3回利用すると3,000ポイント
  • カード入会後3ヶ月以内に税込40万円以上のカード利用で16,000ポイント
  • カード入会後6ヶ月以内に税込80万円以上のカード利用で18,000ポイント
  • 通常還元ポイントとして8,000ポイント(税込80万円を利用した場合)
    合計:最大45,000ポイント

3ヶ月以内に40万円を達成したいなら1ヶ月に約134,000円。6ヶ月以内に80万円を達成したい場合も1ヶ月に約134,000円の利用が目安となります。

前述のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)と比較するとやはり、条件クリアのハードルは少々高くなりますが、日頃からクレジットカードでの決済を積極的に行っている方にとって、決して到達できないボーダーラインではありません。

最大で45,000ポイントが獲得できるのはかなり大きいです。実際に、45,000ポイントを基本還元率1%のアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで貯めようと思えば、本来450万円もの決済が求められる計算です。こんなチャンスをみすみす見逃すわけにはいきませんね。

国内外の旅行保険が充実

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのユーザーは、以下の内容の充実した旅行保険を享受することができます。

海外旅行保険(自動付帯) 本会員 本会員の家族
傷害死亡・後遺障害 5,000万円 1,000万円
傷害治療費用 200万円 200万円
疾病治療費用 200万円 200万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円
救援者費用 300万円 300万円

 

国内旅行保険(利用付帯) 本会員 本会員の家族 家族会員
傷害死亡・後遺障害 1億円 1,000万円 5,000万円
傷害治療費用 300万円 200万円 300万円
疾病治療費用 300万円 200万円 300万円
賠償責任 4,000万円 4,000万円 4,000万円
携行品損害 50万円 50万円 50万円
救援者費用 400万円 300万円 400万円

ご覧の通り、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの旅行保険は、利用付帯か否かで補償内容が大きく変わります。

少しでも安心感を大きく備えておきたい方は、旅行代金の一部をアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードで支払っておくと良いでしょう。

アメックス・ゴールドカードの充実した保険内容はこちら

プライオリティパスが年2回まで無料

プライオリティパス

前述のアメリカン・エキスプレス・カード(アメックス・グリーン)と一線を画す魅力がプライオリティパスです。

プライオリティパスへのメンバーシップ登録には本来99米ドルが必要となりますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのユーザーなら年会費無料で登録することができ、1回あたり27米ドルの利用料金が年に2回まで無料となります(2018年10月1日より32米ドルにアップ)。

年2回の無料特典で利用できるプライオリティパスの内容は以下の通りです。

  • 世界1,200ヶ所以上のラウンジスペースを利用可能(手荷物検査後のVIPラウンジ含む)
  • Wi-Fi完備
  • ソフトドリンク、アルコール
  • 軽食
  • シャワー
  • 会議室
    ※施設内容はラウンジにより異なる

旅行好きな方ならより実感いただけるかと思いますが、プライオリティパスがあるかどうかが、その旅行の充実度を大きく左右すると言っても過言ではありません。

プライオリティパスは、せっかく高額の年会費を支払って手に入れるアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならではの特典なので、余すところなくそのメリットを活用させてもらいましょう。

高級レストランのコース料理が1名無料

ゴールド・ダイニング by 招待日和

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのユーザーは、国内外200を超えるレストランにおいて所定のコース料理が1名分無料になる『ゴールド・ダイニング by 招待日和』のサービスを享受することができます。

無料と言っても、元々格安のコースだったり、サービス内容が本来より劣ったりするんじゃないの?

このように思われる方もいるかもしれませんが、レストランによっては数万円のコースが無料になるケースもあり、ミシュランの星つきレストランも利用可能な店舗に含まれているため、サービス内容も申し分ありません。

鋭いあなたならすでにお気付きの通り、本サービスを数回活用するだけで、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの年会費の元を十分に取れてしまいます。まさにレストラン好きにはたまらない特典と言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードがおすすめな人

  • 圧倒的な旅行保険を備えておきたい人
  • プライオリティパスに魅力を感じる人
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和を活用したい人

 

アメックスブランドが年会費無料で利用できる提携カード

さて、続いてはアメックスブランドが年会費無料で利用できる提携カードを紹介していきたいと思います。ここでピックアップするのは、以下のクレジットカードです。

早速、それぞれのクレジットカードの魅力について、以下で解説していきますよ。

セゾン系の年会費無料で持てるアメックスブランドのカードは『セゾン提携カードならAMEX(アメックス)が年会費無料で持てる|お得なセゾン提携カードを紹介!』の記事で紹介しています。

楽天カード

 

還元率 1%
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 540円(税込)
※会員ランクにより無料
家族カード 無料

満を持して登場した楽天カードのアメックスブランド。アメックスブランドだからといって年会費が高いわけではなく、他のブランドを選択する場合と同様に無料で活用できるのが嬉しいポイントです。

楽天カードと言えばSPU(スーパーポイントアッププログラム)などの各種キャンペーンを活用することで、じゃんじゃんポイントが貯まるクレジットカードとして有名ですが、アメックスブランドならではの魅力はどのようなところにあるのでしょうか。

アメリカン・エキスプレス・コネクトで優待

VISAやMasterCard、JCBブランドなどでは得ることができない特典の1つに『アメリカン・エキスプレス・コネクト』があります。アメリカン・エキスプレス・コネクトでは、以下のような優待を受けることが可能となっています。

  • NYオンラインショッピング『GILT』の5,000円割引券(10,000円以上の買い物の場合)
  • エクスペディア』で国内外の人気ホテルが8%オフ/ツアー料金3,750円オフ
  • American Express Invites』で厳選されたレストランの食事が優待価格(20%オフなど)

もちろん、これら以外にもお得なキャンペーンは幅広く用意されています。楽天カードは年会費無料で作成できるクレジットカードであるにもかかわらず、アメリカン・エキスプレス・コネクトの豪華特典を享受できるのは嬉しいですね。

充実の海外旅行保険が付帯

楽天カードのユーザーは、以下の内容の海外旅行保険を活用することができます。

補償項目 補償内容
傷害死亡・後遺障害 2,000万円
傷害治療費用 200万円
疾病治療費用 200万円
賠償責任 2,000万円
救援者費用 200万円
携行品損害
(自己負担3,000円)
20万円

海外旅行保険においては、傷害および疾病治療費用が最も利用頻度が高いとされていますが、年会費無料の楽天カードにおいて、200万円までの枠が設けられているのは嬉しいポイントですね。

楽天カードの旅行保険は利用付帯となっており、補償を受けるには旅行代金を楽天カードで決済しておく必要がある点には注意が必要ですよ。

楽天カード(アメックスブランド)がおすすめな人

  • とにかくザクザクポイントを貯めたい人
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトの特典を享受したい人
  • 充実した海外旅行保険に魅力を感じる人

 

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 国内:0.5%
海外:1%
年会費 初年度無料
2年目以降:1,080円(税込)
※年に1度の利用で無料
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 無料

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはETCカード、家族カードまでを含め、年会費無料で保持することができるアメックスブランドのクレジットカードです。

本会員の年会費は2年目以降、1,080円(税込)に設定されていますが、年に1度でもクレジットカードの利用があれば無料となるので、ハードルの高さは全く感じません。実質完全無料のアメックスブランドと評価しても良いでしょう。

西友・リヴィン・サニーで毎月2回5%オフ

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのユーザーは以下のような店舗において、月に2回5%オフでお得に買い物をすることができます。

  • 西友
  • リヴィン
  • サニー

普段から足繁くスーパーマーケットに通っている方にとって、本特典は非常にメリットが大きいのではないでしょうか。

たとえば、月2回の5%オフのチャンスに合わせ、10,000円ずつ買い物をするとしましょう。この時に得られる節約効果は以下の通りです。

  • 10,000×5%×2回=1,000円(1ヶ月あたり)
  • 1,000円×12ヶ月=12,000円(年間)

ご覧の通り、同じ買い物をするにもかかわらず、スーパーに訪れるタイミングを意識するだけで、年間12,000円も得をしてしまいます。これが年会費無料で享受できるクレジットカードの特典と思えば、活用しない手はないと言えるでしょう。

tabiデスクでパッケージツアーが最大8%オフ

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのユーザーは、tabiデスクのパッケージツアーを利用することで、旅行代金を最大8%軽減することが可能となります。旅行代金の8%と言えば相当な額になることは容易に想像いただけることでしょう。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの基本還元率が0.5%であることを思えば、パッケージツアーの8%オフは圧倒的な節約効果を生み出してくれる特典と言えます。

旅行好きの方はぜひ、『tabiデスク公式ホームページ』で楽しい旅の妄想を膨らませてみてください。

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • ETCカード、家族カードまでを含め、完全無料でクレジットカードを持ちたい人
  • 西友やリヴィン、サニーなどを普段使いしている人
  • tabiデスクのパッケージツアーでお得に旅行を楽しみたい人

 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)

還元率 国内:0.5%
海外:1%
年会費 3,240円(税込)
※25歳以下は無料
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 無料

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)は本来3,240円(税込)の年会費が必要となるクレジットカードですが、25歳以下の方に限っては年会費無料で保持することができます。

つまり、入会する年齢が25歳よりも若ければ若いほど、年会費無料の期間は長く確保できるということです。

家族カードの年会費がかかるかどうかは、本会員に年会費の負担があるかどうかで決まります。本会員が26歳になるまでは、家族会員の年齢が何歳でも家族カードの年会費は無料となります。

したがって、年齢的な条件はあるものの、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)は実質完全無料で持つことができるクレジットカードと言えましょう。

国内外の旅行保険が充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)のユーザーは、以下の内容の旅行保険を享受することができます。

海外旅行保険(自動付帯) 本会員 家族会員
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任
(自己負担1,000円)
3,000万円 3,000万円
携行品損害 30万円 30万円
救援者費用 200万円 200万円
国内旅行保険(利用付帯) 本会員 家族会員
傷害死亡・後遺障害 3,000万円 1,000万円
入院日額 5,000円 5,000円
通院日額 3,000円 3,000円

特筆すべきは、最も利用頻度の高い傷害および疾病治療費用においても、最大300万円までの枠が用意されていることです。この値は、実質年会費無料のクレジットカードのスペックとしては申し分ありません。

海外旅行の場合は自動付帯につき、クレジットカードによる決済は必要ありませんが、国内旅行は利用付帯となるため、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)で旅行代金の一部を支払っておきましょう。

ショッピング安心保険が付帯

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)のユーザーは、以下の内容のショッピング安心保険を享受することができます。

  • 国内外問わず補償の対象
  • 購入日から120日まで補償の対象
  • 年間最高100万円までの補償
  • 1事故につき、1万円の自己負担あり

時には思い切って高額な商品を購入することもあることでしょう。そんな時に、こうしたショッピング安心保険が付帯していると、万が一の際の不安を最小限に抑えながら、買い物を楽しむことができますね。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード(25歳以下限定)がおすすめな人

  • 25歳以下の人
  • 国内外の旅行保険に魅力を感じる人
  • ショッピング安心保険に魅力を感じる人

 

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 国内:0.5%
海外:1%
年会費 無料
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード 無料

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードはETCカードや家族カードまでを含め、完全無料で持つことができるアメックスブランドのクレジットカードです。

アメックスブランドを活用しながらも、年会費の負担を一切考えなくてもいいのは嬉しいですね。早速、ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードの魅力に迫っていきましょう。

西友・リヴィン・サニーで常に3%オフ

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのユーザーは、西友やリヴィン、サニーなどで以下の特典を享受することができます。

  • 毎日3%オフ
  • 月に2回は5%オフ

月に2回の5%の日に都合が合わなくても、毎日3%オフで買い物ができるの非常にありがたいですね。もちろん、少しでも節約効果を積み上げていきたい方は、毎月の5%オフのタイミングをしっかりと把握し、まとめ買いを継続していくと良いでしょう。

安心のオンラインプロテクション

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードには、以下の内容のオンラインプロテクションが付帯しています。

  • オンライン・ショッピングにおける不正使用が補償
  • 不正使用の調査に60日程度の時間がかかる場合もある

万が一のこうしたトラブルに対しても補償が付帯していると安心感が増しますね。

ウォルマートカード セゾン・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • ETCカード、家族カードまでを含め、完全無料でクレジットカードを持ちたい人
  • 西友やリヴィン、サニーなどで常に割引を享受したい人
  • オンラインプロテクションに魅力を感じる人

 

PARCOカード

PARCOカード PARCOアメックス
還元率 0.5% 0.5%
年会費 無料 3,000円(税抜)
国際ブランド VISA/MasterCard/
JCB/AMEX
AMEX
ETCカード 無料 無料
家族カード

PARCOカードのアメックスブランドには、以下の2種類があります。

  • 〈PARCOカード〉アメリカン・エキスプレス・カード:年会費無料
  • PARCOアメリカン・エキスプレス・カード:年会費税込3,240円

名称が似ていて少々ややこしいですが、年会費・スペックともに異なるので注意が必要です。ちなみに、PARCOカードはセゾン系のクレジットカードに分類されており、即日発行が可能であることも魅力の1つですよ。

PARCO・西友・リヴィンなどで5%オフ

PARCOカードに入会してから1年間は、PARCO内の以下のような店舗で常に5%オフを享受することができます。

  • ロフト
  • 書籍
  • ABCマート
  • ヴィレッジバンガード
  • CDショップ
  • レストラン

ちなみに、PARCOカードを発行してから1年間を経過した後も、年に数回開催されるPARCOのセール期間中においては、5%オフの恩恵に預かることが可能です。

また、これに加え、西友やリヴィンになどにおいても月に2回、5%オフのチャンスが巡ってきます。PARCOカード1枚を持っているだけでも、上手に活用すれば一気に節約効果を高めることができそうですね。

年会費有料のアメックスは国内外の旅行保険が付帯

年会費有料のPARCOアメリカン・エキスプレス・カードであれば、以下の内容の旅行保険を享受することができます。

海外旅行保険(自動付帯) 補償内容
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
傷害治療費用 300万円
疾病治療費用 300万円
賠償責任 3,000万円
救援者費用 300万円
携行品損害 30万円

 

国内旅行保険(利用付帯) 補償内容
傷害死亡・後遺障害 3,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 3,000円

さすがに年会費有料のアメックスブランドとなると、旅行保険の充実度が違います。特に海外旅行保険は自動付帯で安心感も抜群です。

国内旅行へ出かける際には、万が一の時に備え、PARCOアメリカン・エキスプレス・カードで旅行代金の一部を決済しておくと良いでしょう。

PARCOアメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • ETCカードまでを含め、クレジットカードを即日発行したい人
  • PARCOや西友、リヴィンなどでお得に買い物をしたい人
  • 充実の国内外の旅行保険に魅力を感じる人

 

タカシマヤセゾンカード

還元率 一般加盟店:1%
高島屋:2%
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 無料
家族カード

タカシマヤセゾンカードは家族カードはありませんが、ETCカードまでを含め、年会費無料で持つことができるクレジットカードです。家族の方が入会したい場合には、本会員として作成すれば何の問題もありません。

タカシマヤセゾンカードは年会費無料のクレジットカードであるにもかかわらず、一般加盟店においては1%、高島屋に至っては何と2%の還元を得ることができます。高島屋御用達の方であれば、ぜひとも発行しておきたいクレジットカードと言えますね。

高島屋なら最大5%還元

タカシマヤセゾンカードのユーザーは、高島屋における年間利用額に応じ、以下の通り最大5%の還元を受けることができます。

年間利用額 基本ポイント ボーナスポイント 合計還元率
20万円未満 2% なし 2%
20万円以上〜30万円未満 2% 1% 3%
30万円以上〜50万円未満 2% 2% 4%
50万円以上 2% 3% 5%

普段から足繁く高島屋に通っている方であれば、高島屋における還元率をどんどん高めていくことができますね。

また、これに加え、高島屋の文化展や美術展などの有料催事が50%オフで楽しめるという特典もあります。アート関連に造詣の深い方にとって、高島屋のハイクオリティなイベントをお得に活用できるのは非常に価値の高いことでしょう。

特定加盟店なら常に2%還元

タカシマヤセゾンカードのユーザーは、以下のような特定加盟店においても常に2%の還元を享受することができます。

  • 玉川高島屋S・C専門店
  • 柏高島屋ステーションモール(S館・新館)専門店
  • 流山おおたかの森S・C専門店
  • タカシマヤキッズパティオ(博多リバレインモール内)
    ※食料品・飲食店でのポイント還元率は1%

タカシマヤセゾンカードは年会費無料のクレジットカードですが、通常の高島屋以外の複数店舗においても2%のバックがあるのは嬉しいですね。

タカシマヤセゾンカードがおすすめな人

  • 高島屋の利用頻度や利用額が多い人
  • 文化展や美術館などのイベントに関心がある人
  • 特定加盟店を普段使いしている人

 

三井ショッピングパークカード《セゾン》

還元率 通常:0.5%
海外(AMEXのみ):1.0%
ららぽーと・コレド・アウトレットパーク:2.5%
年会費 無料
国際ブランド VISA/MasterCard/JCB/AMEX
ETCカード 無料
家族カード

三井ショッピングパークカード《セゾン》は家族カードはないものの、ETCカードまでを完全無料で持つことができるクレジットカードです。

三井ショッピングパークカード《セゾン》の基本還元率は0.5%ですが、ららぽーとやコレド、アウトレットパークなどにおいては2.5%へと飛躍するのも本カードの強みと言えます。

ららぽーと、コレド、アウトレットパークなどではポイント2重取り

三井ショッピングパークカード《セゾン》のユーザーは、以下のような店舗において、ポイントの2重取りが可能となります。

  • ららぽーと
  • コレド
  • アウトレットパーク
  • ララガーデン
  • 霞ダイニング

これらの店舗での買い物に対しては、以下の通りポイント付与が得られます。

  • 0.5%の永久不滅ポイント
  • 2%の三井ショッピングパークポイント
    合計2.5%の還元

年会費無料のクレジットカードで、2.5%の還元を誇るものなどそうそう見かけしません。三井ショッピングパークカード《セゾン》はまさに、ららぽーとやコレド、アウトレットパーク御用達の方にとって抜群のクレジットカードと言えますね。

駐車料金無料特典

三井ショッピングパークカード《セゾン》を以下のような店舗で提示すれば、駐車料金が無料となります。

  • ららぽーと
  • アウトレットパーク
  • ダイバーシティ東京

駐車料金無料の条件は各店舗において異なり、1〜2時間無料になるところもあれば、終日無料で利用できるような店舗もあります。

上記のような店舗は郊外にあることも多く、車で買い物に出かける方も多いことでしょう。毎回の駐車料金が無料になると考えれば、このメリットのためだけに三井ショッピングパークカード《セゾン》を作成しても良いくらいです。

三井ショッピングパークカード《セゾン》がおすすめな人

  • ETCカードまでを含め、完全無料でクレジットカードを持ちたい人
  • ららぽーとやコレド、アウトレットパークなどを利用する人
  • 駐車料金無料の特典に魅力を感じる人

 

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 一般加盟店:0.5%
海外:1.0%
ヤマダ電機:10.5%
年会費 初年度:無料
2年目以降:540円(税込)
※年に1度の利用で無料
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードはETCカードまでを含め、年会費無料で持つことができるクレジットカードです。

厳密に言えば、2年目以降は年会費がかかる仕様ですが、前年に1度でもクレジットカードの利用があれば無料にできるため、実質無料と評価しても良いでしょう。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードはその名の通り、ANAマイルをダイレクトに貯めることができたり、ヤマダ電機で還元率が飛躍的に伸びたりと非常にお得感の強い一枚です。早速、その詳細をみていくことにしましょう。

ヤマダ電機で還元率10.5%

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードのユーザーはヤマダ電機において以下の通り、ポイントの2重取りが可能となります。

  • 0.5%の永久不滅ポイント
  • 10%のヤマダポイント
    合計10.5%の還元

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カード以外のクレジットカードで決済した場合、8%のヤマダポイントしかもらえません。

この点を踏まえると、家電製品の類をヤマダ電機で購入したい方にとって、ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードは心強い味方になってくれることでしょう。

ANA・出光・得タクで還元率アップ

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードでお得になるのはヤマダ電機だけではありません。

以下のような加盟店においても、通常以上の還元率を享受することができるのです。

優待区分 優待加盟店 追加ポイント
限定ヤマダポイント
優待加盟店
ANA(航空券購入) 0.5%のヤマダポイント
出光
得タク 1%のヤマダポイント
永久不滅ポイント
優待加盟店
アート引越センター 3.5%の永久不滅ポイント
基本料金10%オフ
LABI共通ヤマダポイント
優待加盟店
コスモ石油 0.5%のヤマダポイント
ヤマダ・エス・バイ・ホーム

ANAや出光、得タクなどを普段使いしている方であれば、コツコツと追加ポイントを積み重ねていくことで、大きな節約効果を生み出すことが可能です。

また、折りよく引越しのタイミングを迎える方については、基本料金10%オフに加え、通常の7倍(3.5%)の永久不滅ポイントが獲得できる点も見逃せませんよ。

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • ANAマイルをダイレクトに貯めたい人
  • ヤマダ電機でお得に買い物をしたい人
  • 出光や得タクを利用する機会が多い人

 

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カード

還元率 一般加盟店:0.5%
海外:1.0%
セブン&アイグループ:1.5%
西武・そごう:最大7.5%
年会費 無料
国際ブランド AMEX
ETCカード 無料
家族カード

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードはETCカードまでを含め、完全無料で持つことができるクレジットカードです。年会費負担に関して、一切の懸念をする必要がありません。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードはセブン&アイグループの他、西武やそごうにおいて特にその魅力を発揮する一枚です。早速、メリットの詳細についてみていくことにしましょう。

西武やそごうでは還元率が飛躍的にアップ

西武やそごうを普段使いしている方であれば必須とも言えるのがクラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードです。

以下の通り、西武やそごうにおける年間利用額が100万円を超えてくると、還元率が7.5%までアップします。

前年の年間利用額 〜100万円未満 100万円以上
基本還元率 0.5%の永久不滅ポイント 0.5%の永久不滅ポイント
翌年のボーナスポイント 5%のクラブオンミレニアムポイント 7%のクラブオンミレニアムポイント
合計還元率 5.5% 7.5%

たとえ年間利用額が芳しくなくとも、西武やそごうにおいては最低でも5.5%の還元率を享受できます。

もちろん、西武やそごうにおける年間利用額が100万円を狙えそうな方については、100万円という数値をしっかりと意識し、ぜひとも7.5%を達成していただきたいところです。

誕生月には最大6,200ポイントを獲得できる

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードのユーザーは誕生月において、西武やそごうで以下のようなメリットを享受することができます。

  • 税抜1,000円以上の買い物をすると1日あたり200ポイントのクラブオンミレニアムポイント付与

ちなみにこの特典は、誕生月であれば何度でも適用されます。したがって、極端な話をすれば、31日間毎日1,000円ずつ買い物をすることで、6,200ポイントものボーナスポイントを獲得できるのです。

西武やそごうにはセブンプレミアムの商品も並んでいるため、本特典は比較的どなたでも活用しやすいのではないでしょうか。

クラブ・オン/ミレニアムカード セゾン アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめな人

  • ETCカードまでを含め、完全無料でクレジットカードを持ちたい人
  • セブン&アイグループや西武、そごうなどでお得に買い物を楽しみたい人
  • バースデーポイントの特典に魅力を感じる人

 

みずほマイレージクラブカードセゾン

還元率 一般加盟店:0.5%
海外(AMEX):1.0%
年会費 無料
国際ブランド VISA/JCB/AMEX
ETCカード 無料
家族カード

みずほマイレージクラブカードセゾンは、みずほ銀行のキャッシュカード機能を備えたクレジットカードであり、ETCカードを含め、完全無料で持つことができます。

みずほマイレージクラブカードセゾンには家族カードはありませんが、本会員の年会費が無料なので、本会員として入会手続きをすればいいだけです。アメックスブランドも含め、年会費の心配を一切しなくても良いのは嬉しいですね。

ATM利用料が優遇

みずほマイレージクラブカードセゾンのユーザーは、以下の通りATM利用料の優遇を受けることができます。

  • みずほ銀行ATMおよびイオン銀行ATMは完全無料
  • イーネット、ローソン、セブン銀行は月4回まで時間外手数料無料

いくらクレジットカードを上手に活用し、ポイントを効率よく貯めていたとしても、ATM利用による手数料を引かれていては元も子もありませんよね。

普段からみずほ銀行ATMおよびイオン銀行ATMを活用し、やむを得ない場合にのみイーネットやローソン、セブン銀行に頼るというスタンスでいれば、不必要なATM利用料を負担することもなくなるでしょう。

パートナー企業なら還元率が最大6倍

みずほマイレージクラブカードセゾンのユーザーは、以下のようなパートナー企業において、2倍〜6倍の還元を享受することができます。

還元率 パートナー企業
2倍
  • ANA
  • ヤマダ電機
  • ビックカメラ
  • ENEOS
  • 東武百貨店
  • 株式会社プリンスホテル
  • セシール
  • 株式会社ヤナセ
  • 富士株式会社
  • 日本通運株式会社
  • ヤマトグループ
  • 日比谷花壇(ネット以外からの購入の場合)
  • 株式会社白洋舎
  • 株式会社サンリオ
6倍
  • 日比谷花壇(ネットからの購入の場合)

ヤマダ電機・ビックカメラなどの家電量販店や、ANAやENEOS、東武百貨店などは特に普段使いしやすい店舗なのではないでしょうか。

せっかくみずほマイレージクラブカードセゾンを作成するのであれば、こうしたパートナー企業を上手に活用していきたいものですね。

みずほマイレージクラブカードセゾンがおすすめな人

  • みずほ銀行を普段使いしている人
  • ATM手数料をできるだけかけたくない人
  • パートナー企業を利用する機会が多い人

 

アメックスはプロパーと提携カードがある

さて、本記事最終項でお伝えしていきたいのは、一口にアメックスブランドと言っても、以下の2種類に大別されるという点です。

  • プロパーカード
  • 提携カード

そもそもプロパーカードってなに?

両者の違いって何なの?

そんな疑問が浮かんでくる方もいるかと思いますので、ここで詳しくみていくことにしましょう。

プロパーカードの厳密な定義

プロパーカードとは、以下の2点を満たしたクレジットカードを指します。

  • 国際ブランドのライセンスを発行している
  • クレジットカードを発行している

上記2点を満たしているのは以下の3つです。

  • American Express
  • ダイナースクラブ
  • JCB

さて、ここで鋭い方ならお気付きの通り、世界的にも圧倒的なシェアを誇っているVISAとMasterCardの姿が見当たりません。実はこのVISAとMasterCardは、ブランドライセンスを発行しているだけで、自社でのカード発行をしているわけではないのです。

アメックスのプロパーカードと提携カードの主な違い

さて、それではアメックスのプロパーカードと提携カードでは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。それぞれのクレジットカードの主な違いとしては、以下の3点に集約されます。

  • 年会費とステータス
  • 特典やサービス
  • 旅行保険の補償額

早速、それぞれの項目について解説を加えていきましょう。

年会費とステータスの違い

アメックスのプロパーカードは概して年会費が高く、そのステータス性も抜群です。

特に海外においては、アメックスのプロパーカードを所有しているだけで一目置かれるといった向きもあります。それだけアメックスのプロパーカードは提携カードと比較し、審査も厳しければ年会費も高額であるためです。

ぜひ、以下の表でプロパーカードと提携カードの違いを比較してみてください。

プロパーカード 提携カード
年会費 比較的高額 比較的お手頃
(無料で入手できることも多い)
デザイン  一目見てアメックスとわかる カードによってデザインが異なるため、一目でアメックスと判断できないこともある
ステータス 高い 特段高いわけではない
審査 現在の状況を重視 過去を含めた信用を重視

 

特典やサービスの違い

年会費やステータス性の違いはもちろんですが、クレジットカードの中身もプロパーカードと提携カードでは異なります。

たとえば、全てのアメックスプロパーカードには以下の特典が付帯します。

  • 空港ラウンジ無料サービス
  • 海外旅行保険

これに対し、セゾンパールなどのアメックス提携カードの場合は、提携カードのゴールドランク以上に相当するクレジットカードでなければ、空港ラウンジ無料サービスと旅行保険の双方が付帯することはありません。

このように記載すると、アメックスのプロパーカードの方が優位性があると考える方も多いかと思いますが、どちらのクレジットカードが良いかは、カードを持つ人が何を求めるかによります。

たとえば、年間を通じてほとんど旅行にいかず、西友やリヴィンなどの店舗を普段使いしているような方であれば、高額な年会費を負担してまでアメックスのプロパーカードを所有するより、年会費無料のセゾン系のアメックスを持つ方が断然良いですね。

以下、アメックスのプロパーカードとセゾン系アメックスの提携カードで得られる主な特典を記載しましたので、どちらがあなたにとって有益かを判断してみてください。

プロパーカードの特典
  • 空港ラウンジ無料サービス
  • 充実の海外旅行保険
  • 手荷物無料宅配サービス
  • タイムズカープラス優待
  • アメリカンエキスプレスセレクト
  • ショッピングプロテクション
提携カードの特典
(カードによる)
  • ETCカードまでを含め、即日クレジットカードを発行可能
  • セゾンポイントモール利用でポイント最大30倍
  • 西友やリヴィン、サニーなどで毎月2回5%オフ
  • tabiデスクの活用で国内外のパッケージツアーが最大8%オフ
  • 全国各地の様々な店舗において優待

 

旅行保険の補償額の違い

無類の旅行好きの方にとって非常に重要なのが、旅行保険で得られる補償額の多

寡でしょう。基本的にはやはり、アメックスのプロパーカードで得られる補償額は、アメックスの提携カードで得られる補償額よりも充実しています。

旅行中のトラブルというのはいつ何時、私たちの身を襲うかわかりません。この点を踏まえて考えれば、少しでも充実した旅行保険を備えておくに越したことはないでしょう。

したがって、旅行好きな方がクレジットカードを選定する際には、特典やサービス内容だけにとらわれることなく、旅行保険の内容にもしっかりと目を通した上で決定するのが良いですね。

セゾン系アメックスやアメックスプロパーの違い・比較は『セゾンアメックスとアメックスプロパーの違いを比較|どちらのアメックスがおすすめ?』の記事で詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ

ステータス性が高く、特典・サービスが特に充実したアメックスのプロパーカードが初年度年会費無料で発行できるのは嬉しいですね。

1年目でしっかりとアメックスのプロパーカードの特性を理解した上で積極的に活用していけば、2年目以降の年会費分を十分に取り戻せるくらいに使いこなせるようになることでしょう。

もちろん、アメックスのプロパーカードが必ずしも、アメックスの提携カードより優れているというわけではありません。どちらが良いかは選ぶ人それぞれです。

ぜひ、本記事の内容を改めて振り返っていただき、両者の違いをしっかりと理解した上で、あなたにとってベストな一枚を選定してみてください。